音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Microsoft Office 365 オートディスカバリ プロセスの Unified Messaging は解決します

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Messaging が Microsoft Office 365 と使用されるときオートディスカバリ プロセスがはたらかないところで直面する問題を記述したものです。

スコット丘、ベンジャーミン Gulan、およびスコア Magnani によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

オフィス 365 で Cisco Unified Messaging を設定するように試みるときサイト URL として mycompany.mail.onmicrosoft.comホストされた Exchange サーバ フィールドのための検索を読み込みます。 ただし、『Test』 をクリック する時、テスト戻り正常な結果のどれも。

その他の情報を収集するために、Cisco Unity Connection サービサビリティ Webページの下で追加トレースを有効に して下さい。 これを完了するために、> マイクロ トレース 『Trace』 を選択 し、有効に して下さい:

    CsMBXSync: 02, 10, 11,13,14,15,19,20,22,23
     CsEWS: 10,11,12,13
     EWSNotify:All

ユーザのテストを実行すること時間枠からこれらのトレースを収集するために実時間監視 ツールを使用して下さい:

  • 接続メールボックス同期化
  • 接続 Tomcat

これらの結果はログに失敗がある場合現われます:

10:47:02.756 |31923,,,CsExMbxLocator,10,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:1249]: HTTP
request failed with error: Couldn't resolve host name -- Could not resolve host:
mycompany.mail.onmicrosoft.com (DNS server returned answer with no data), HTTP
status code: 0, for Autodiscovery URL:
https://mycompany.mail.onmicrosoft.com/autodiscover/autodiscover.xml, verb: GET,
query:

10:47:02.756 |31923,,,CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192] Test
Button result: Failed connected to Exchange CAS server at
(https://mycompany.mail.onmicrosoft.com/autodiscover/autodiscover.xml)
10:47:02.756 |31923,,,CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:1116]: HTTP
request: GET /
https://autodiscover.mycompany.mail.onmicrosoft.com/autodiscover/autodiscover.xml /

解決策 1

mycompany.mail.onmicrosoft.com から outlook.office365.comホストされた Exchange サーバ フィールドのための検索のデータを変更して下さい。 変更を保存し、テストを再度実行して下さい。 問題は解決されるはずです。

解決策 2

この動作はまた Unity 接続とインターネット間の通信をブロックするルーティングの問題またはファイアウォールがある場合見られます。 これを判別するために、Unity 接続の CLI からネットワーク キャプチャを集めて下さい。 キャプチャを開き、ディスプレイ フィルタで dns を入力するのに Wireshark を使用して下さい。

DNSサーバ返される CNAME Domain Name System (DNS)応答のパケットをから Unity 接続への探して下さい。 これは Unity 使用するように接続が言われるオフィス 365 サーバの公共 IP アドレスすべてが含まれています。 パケット内のそれらの IP アドレスのリストを見つけたら、ディスプレイ フィルタを修正して下さいそうすれば続くことは容易です:

dns || ip.addr == X.X.X.X || ip.addr == X.X.X.X || ip.addr == X.X.X.X || ip.addr == X.X.X.X

X.X.X.Xs は DNS CNAME 応答で戻るオフィス 365 の公共 IP アドレスです。

Unity 接続がこれらの公共 IP アドレスに行われることができない場合 TCP SYN はそれらの公共 IP アドレスへの Unity 接続を残します。 TCP SYN が、Unity 接続が次の複数の IP アドレスに接続するように試みます ACK 戻りありません。 これは記述されていた失敗という結果に終ります。



Document ID: 116641