WAN : プロトコル変換

Protocol Translation 設定例の GREトンネル上のイネーブル LAT

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Protocol Translation の使用の一般的ルーティングカプセル化上のローカル エリア トランスポート(LAT)を有効に するためにシステムを設定する方法を記述されています。

Utsav Dutt によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

この設定を行う前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。  

  • ルータ 1 (R1)とルータ 2 (R2)間のトンネルは確立する必要があります。
  • R2 およびルータ 3 (R3)は適切な IP接続がなければなりません。
  • R1 から R3 に ping できる必要があります。
  • LAT サービスは設定され、きちんと動作する必要があります。
  • R2 からの R3 に LAT サービスにアクセスできなければなりません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

DEC ホストにターミナルを接続するため最も頻繁に使用される Digital Equipment Corporation (DEC) LAT はプロトコルです。 DEC から認可される LAT は DEC 専有プロトコルおよび Cisco 使用 LAT テクノロジーです。 LAT プロトコルは 1 つのサイトでユーザが別のサイトのホストへの接続を確立することを可能にするそれから 1 システムから他にキーストロークを渡しますので、TCP/IP Telnet プロトコルに類似したであり。

LAT 接続を DEC ホストにターミナル サーバを通して確立するために、ホスト名しか入力しなければなりません。 TCP/IP Telnet と LAT プロトコル間の 1 つの主な違いは Telnet がある場合もあるので LAT が IP プロトコル上のルーティングされるできないことことです。 DEC LAT プロトコルが標準ルーティングレイヤよりもむしろイーサネットに直接動作する自身の転送 プロトコルが含まれているので、ルータを渡すことができません。 ブリッジか結合されたブリッジおよびルータは、Ciscoルータのような、Wide Area Network を渡る LATトラフィックを運ぶために使用する必要があります。

: この資料にとりわけリモートサイトが GREトンネルに接続される環境の LAT を設定する方法を記述されています。

LAT 機能性

LAT プロトコルは非対称的です; それにマスターおよびスレーブ機能性があります。 最初に、LAT マスターは Circuit Start メッセージを送信 する、それから LAT スレーブは自身の Circuit Start メッセージと応答しますとき LAT 回線を開始し。 255 まで LAT セッションは回線で多重化することができます。

ユーザのターミナルがルータに接続される典型的なセットアップでは、ルータはマスターとして機能し、ターゲットホストはスレーブとして機能します。 たとえば、このコマンドはマスター(かサーバ)として router1 と指名されるデバイスという結果に終りターゲットホストはスレーブ種類を挙げました(またはホスト)として ORANGE の:

router1> lat ORANGE

ルータはまたスレーブとしてユーザが 1 人のアクセス サーバから別のものに接続するとき機能できます。 たとえば、このコマンドはマスター(サーバ)として router1、およびスレーブ(ホスト)として router2 という結果に終ります:

router1> lat router2

LAT ではホスト始められた接続は LAT スレーブとして、仮想メモリ システム(VM)常に機能します。 たとえば、VM システム起きる印刷ジョブはからプリンタが LAT マスターとして機能するために接続されるルータを始めるか、または引き起こします。 マスタとスレーブ間関係はまた LAT スレーブからホスト始められたセッションに適用します。

LAT サービス

モデム、コンピュータおよびアプリケーション ソフトウェアのようなリソースはネットワークのどの利用ユーザでもできるサービスとして LAT ネットワークで表示されます。 LAT ノードは 1つ以上にそのような LAT サービスを提供複数の LAT ノードは同じ LAT サービスを提供できます。

1つ以上のサービスを提供する一まとめにアドバタイズされたサービスと呼ばれる LAT ノードは、LAT サービス発表と呼ばれるイーサネット マルチキャストメッセージの形でサービスをブロードキャストします。 LAT ノードはネットワークの LAT サービス発表を聞き取ることができます。 これらのメッセージは一まとめに学習されるサービスと呼ばれる既知 LAT サービスのダイナミック 表で、キャッシュされます。

学ばれる Cisco IOS ® ソフトウェアサポートおよびアドバタイズされた LAT サービス; 従って、それはまた着信および発信 LAT セッションをサポートします。 アドバタイズされたノードのサービス率は動的に判別されます、また静的に 設定 することができます。

発信接続を LAT サービスに確立するために、Cisco IOSソフトウェアは学習されるサービス キャッシュのサービスを捜します。 1つ以上のノードが同じサービスを提供する場合、高い定格のノードは選択されます。 たとえば、VAX (仮想アドレス 拡張)クラスタによって提供される最も小さいロードとそのクラスタのノード、およびこうして最も高いサービス率にサービスへの LAT 接続は行われます。 ロード バランシングは同じサービスを提供するノードのグループに関連してこれらの接続を通って、動作します。

着信接続を確立するために、LAT セッションは別の LAT ノードからローカル LAT ノードによってアドバタイズされるサービスに接続します。

LAT グループ

どのユーザでもの LAT ネットワークのサービス アクセスできます。 従って、LAT サーバマネージャはサービスにアクセスを許可するか、または制限するためにグループ コードの概念を使用します。

ルータおよび LAT ホストが両方共通グループ コードを共有するとき、接続は 2 の間で確立することができます。 デフォルト グループ コードがどちら側でも変更されない場合、あらゆるルータのユーザはネットワークのあらゆる学習されるサービスに接続できます。

ただしアクセス サーバのためのグループを定義すれば、またはルータおよび LAT ホスト、論理的なサブネットワークに配分しましたこれらのサービスをできます。 1 つのデバイス ビュー 1 サービスのセットのユーザ、および別のデバイス(または同じデバイスの別の行)のユーザが異なるセットを表示するようにグループを編成できます。 また組織グループにグループ番号を関連させる部門のような計画を設計するかもしれません。

LAT セッションおよび接続サポート

LAT セッションは LAT サービスとルータ間の双方向 論理接続です。 接続はコンソールで LAT セッションに接続されるユーザに対して透過的です; 望ましい デバイスまたは応用 プログラムへの接続が直接なされたようです。 非同期 ターミナルからルータに作成できること LAT セッションの数への固有上限がありません。

ルータに接続されるホスト 印刷ジョブはホスト始められた接続と呼ばれます。 Cisco IOSソフトウェアは接続を要求する、それらのホストに定期的にステータスメッセージを送信 しますホストのキューを維持し。

特定のポート数か定義されたサービスによってホスト始められた接続を確立できます。 これらの同じサービスは他のアクセス サーバまたはルータからの接続のために利用されます。

GRE 上の LAT

要件のこの型が、GRE 上の LAT を実行するために、シナリオ リモートサイト入って来(LAT デバイス A)はルータA に接続されます。 最初の Protocol Translation は LAT からのルータA で Telnet で接続するために、実行された。 ルータA はの後ろの Router-B に GREトンネル、x25、または IP 方式かにどの LAT サービスがホストされるか(接続されます)。 Router-B で、Telnet からの LAT への Protocol Translation は再度実行された。

制約事項

LAT は GRE 型カプセル化でサポートされません、従って Protocol Translation は唯一のオプションです:

Error: LAT: Encapsulation failed

設定

Protocol Translation の使用で GRE 上の LAT を設定するためにこのセクションを使用して下さい。

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

  

R1 の設定

R1 の設定の例はここにあります:

!
translate lat TEST tcp 192.168.2.3
!! translating lat TEST to telnet to ip 192.168.2.3 that is in same
   tunnel subnet but not used by any interface
!
interface FastEthernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0 !! Going towards R2
 duplex auto
 speed auto
 lat enabled              !! lat must be enabled on interface
end
!
interface Tunnel1
 ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
 load-interval 30
 tunnel source FastEthernet0/0
 tunnel destination 192.168.1.2
end
!

R2 の設定

R2 の設定の例はここにあります:

!
interface FastEthernet0/0
 ip vrf forwarding TEST
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0 !! Going towards R1
 duplex auto
 speed auto
 lat enabled
end
!
interface FastEthernet0/1
 ip address 192.168.3.1 255.255.255.0 !! Going towards R3
 duplex auto
 speed auto
 lat enabled
end
!
interface Tunnel1
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
 ip mtu 1400
 tunnel source FastEthernet0/0
 tunnel destination 192.168.1.1
 tunnel vrf TEST
end
!
translate tcp 192.168.2.3 lat TEST
!! Translating tcp connection from R1 to lat TEST
   (LAT service TEST hosted on R3)

R3 の設定

R3 の設定の例はここにあります:

!
interface FastEthernet0/0
 ip address 192.168.3.2 255.255.255.0 !! Going towards R2
 duplex auto
 speed auto
 lat enabled
end
!
lat service TEST enabled
!!LAT service TEST hosted
!
line vty 0 4
 password cisco
 login
!

確認

このセクションでは、設定の確認について説明します。

R1 の確認

R1 の設定を確認するためにこれらのコマンドを入力して下さい:

R1#show lat service
Service Name     Rating   Interface  Node (Address)
TEST                  5   Local
R1#lat TEST
Trying TEST...Open
Password:            !!enter password configured under line vty of R3
R3>                  !!Access to R3

R3 の確認

R3 の設定を確認するためにこれらのコマンドを入力して下さい:

R3#show lat session

tty98, virtual tty from host R2

!! LAT coming in from R2

Session:
  Name TEST, Remote Id 1, Local Id 1
  Remote credits 2, Local credits 0, Advertised Credits 4
  Flags: none
  Max Data Slot 255, Max Attn Slot 255, Stop Reason 0

Remote Node:
No known LAT nodes.
R3#show lat traffic
Local host statistics:
  1/95 circuits, 1/0 sessions, 1/0 services
  255 sessions/circuit, circuit timer 80, keep-alive timer 20

Recv:   219 messages (0 duplicates),  141 slots,  714 bytes
        0 bad circuit messages,  111 service messages (8 used)
Xmit:   228 messages (0 retransmit),  140 slots,  787 bytes
        0 circuit timeouts,  111 service messages
Total:  16 circuits created,  16 sessions

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。 ただし、これらのデバッグはエラーメッセージがあるように確認する試みと有用です:

  • デバッグ lat イベント
  • デバッグ lat パケット
  • デバッグ lat フィルタリング

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116997