セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

IP options-Strict Source Route

 
IP options-Strict Source Route
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 1006/0
オリジナルリリース: S2
リリース: S756 ダウンロード
初版リリース日: 2001年02月02日
最新リリース日: 2013年11月27日
デフォルトで有効: True
デフォルトでリタイア: False
CVE: CVE-2006-2379
BugTraq ID: 18374
 
危険度: High  
シグニチャ精度: 100  
 
説明
データグラムの IP オプション リストがオプション 9(ストリクト ソース ルーティング)を含み、その値が 137 の IP データグラムを受信したときにトリガーされます。 ストリクト ソース ルーティング オプションは、パケットが宛先までに通過する正確なパスを特定するために使用される可能性があります。IP オプション リストには、さまざまなネットワーク管理またはデバッグ タスクを実行する 1 つ以上のオプションが含まれています。 リストでは、各オプションの最初のフィールドに、以下の 3 つのサブフィールドに分割された 8 ビット コード フィールドが 1 つ含まれています。 COPY(ビット 0):フラグメント ヘッダー内にオプション情報が必要かどうかをルータに指定します。 CLASS(ビット 1-2): 以下の 2 つの有効なオプション クラスのうち 1 つを指定します。 Network Control、Debugging NUMBER(ビット 3-7): 8 つの有効な IP オプションのうちの 1 つを指定します。 オプション 0 はリストの最後を意味します。このオプションは、信頼関係を基礎として IP アドレスを信頼している認証機構を破るために悪用される可能性があります。 オプション フィールドに格納できる経路の数を制限すると、インターネットに広くわたる攻撃方式としてのこのオプションの有効性を最小にします。

推奨されるフィルタ
推奨されるフィルタはありません。

正常動作でのトリガー
ネットワーク トラブルシューティングはこの機能の正規利用を必要とする可能性がありますが、このタイプのトラフィックが確認されており、ネットワーク トラフィックの 1% 未満を構成する必要がある場合、正規利用の必要はほとんどありません。 少量のソース ルーテッド トラフィックは、ネットワーク上の問題を調査中であることをほぼ確実に示します。 大量のソース ルーテッド トラフィックにはより注意を払い、送信元および原因の徹底的な調査が示されます。
IntelliShield アラート
 
IntelliShield ID 見出し バージョン CVSS スコア 最新発行日
11108 Microsoft TCP/IP Source Route Code Execution Vulnerability 4   2006年06月29日 02:52 PM EDT
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.