IP : Open Shortest Path First(OSPF)

OSPF のオーバーラップ サブネットの外部 LSA

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Open Shortest Path First (OSPF) プロトコルは OSPFデータベースでリンク状態アドバタイズメント(LSA)を保存します。 Cisco IOS ® ソフトウェアがオーバーラップする OSPF 外部(タイプ 5) LSA をどのように処理するかこの資料に記述されています。

それらが Ciscoルータの Cisco IOSソフトウェアの内で使用されるように OSPF LSA について詳しく知っているはずです。 IP アドレッシングの基本的な知識はまた有用です。

ロビン Kumar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

外部 LSA の出力

OSPF 外部 LSA は他の経路制御プロセスから OSPF にインポートされる情報が含まれています。 これは OSPF 外部 LSA の出力例です。

R1#sh ip ospf database external 192.168.1.0

            OSPF Router with ID (10.0.12.1) (Process ID 1)

        Type-5 AS External Link States

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 924
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.0 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000003
Checksum: 0x29D4
Length: 36
Network Mask: /24
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

この例では、OSPF は(外部 ネットワーク 番号と同じである)異なる外部LSAs を区別するためにリンク状態 ID 使用します。

例 1: 同じ外部 ネットワーク 番号が付いている 2 つの異なるルーティング

それは可能性のある異なるルーティング プロトコルからの OSPF にインポートされる異なるマスクが付いている同じネットワーク番号があるためにです。 すなわち、2 つの異なるルーティングは同じネットワーク番号異なるマスクを備える場合があります。

R1#sh ip route ospf
Codes: L - local, C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route, H - NHRP, l - LISP
       + - replicated route, % - next hop override
The gateway of last resort is not set.

     10.0.0.0/8 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
O        10.1.23.0/24 [110/20] via 10.1.12.2, 00:24:06, Ethernet0/0
     192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
O E2     192.168.1.0/24 [110/1] via 10.1.12.2, 00:20:57, Ethernet0/0
O E2     192.168.1.0/25 [110/1] via 10.1.12.2, 00:00:11, Ethernet0/0

この例では、OSPF はデータベースに両方の LSA をインストールしなければなりません。 これを実現させるために、OSPF はネットワーク番号の代りに次の受け取った LSA をようにブロードキャスト数インストールします。

R1#sh ip ospf database external 

            OSPF Router with ID (10.0.12.1) (Process ID 1)

        Type-5 AS External Link States

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 53
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.0 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000003
Checksum: 0x29D4
Length: 36
Network Mask: /24
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 428
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.127 (External Network Number )  <----Broadcast Number
of 192.168.1.0/25
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x35CA
Length: 36
Network Mask: /25
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

例 2: 撤回される LSA

この例では、LSA 192.168.1.0/24 は撤回されます。 この LSA が失われれば、他の LSA (192.168.1.0/25)はネットワーク番号によってインストールされていませんが、ブロードキャスト数によってインストールされています。

R1#sh ip ospf database external 

            OSPF Router with ID (10.0.12.1) (Process ID 1)

        Type-5 AS External Link States

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 1066
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.127 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x35CA
Length: 36
Network Mask: /25
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

例 3: 受け取った新しい LSA

この例では、新しい LSA (192.168.1.0/26)は受け取られます。

R1#sh ip ospf database external 

            OSPF Router with ID (10.0.12.1) (Process ID 1)

        Type-5 AS External Link States

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 51
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.0 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x2DD2
Length: 36
Network Mask: /24
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 7
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.63 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x39C6
Length: 36
Network Mask: /26
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 1198
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.127 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x35CA
Length: 36
Network Mask: /25
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

例 4: 撤回される LSA および受け取った新しい LSA

この例では、LSA 192.168.1.0/24 は撤回され、新しい LSA (192.168.1.0/26)は受け取られます。 新しい LSA は引っ込んだ LSA を取り替え、OSPF はネットワーク番号との新しい LSA をインストールできます。

R1#sh ip ospf database external 

            OSPF Router with ID (10.0.12.1) (Process ID 1)

        Type-5 AS External Link States

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 2
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.0 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000003
Checksum: 0xAD8F
Length: 36
Network Mask: /26
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

Routing Bit Set on this LSA in topology Base with MTID 0
LS age: 1362
Options: (No TOS-capability, DC, Upward)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 192.168.1.127 (External Network Number )
Advertising Router: 10.1.23.2
LS Seq Number: 80000001
Checksum: 0x35CA
Length: 36
Network Mask: /25
 Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
 MTID: 0
 Metric: 1
 Forward Address: 10.1.23.3
 External Route Tag: 0

Cisco IOSソフトウェアはネットワーク番号として LSA をインストールすることを試みます。 それは、たとえば、ネットワーク番号が別のマスクと既にインストールされている場合そうすることができないかもしれません。 そのケースでは、Cisco IOSソフトウェアはネットワーク番号の代りに新規に受信 した LSA をようにブロードキャスト数インストールします。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116724