音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM、UC、または UCCX サーバの予想外シャットダウンを識別する方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Communications Manager(CallManager) (CUCM)、Cisco Unified Communications (UC)、または Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)サーバの予想外シャットダウンを識別する方法を記述されています。 CUCM、UC、または UCCX サーバが予想外シャットダウンを経験すれば、ファイル システム 一貫性は保証することができません。 ファイルは予想に反して取除かれるかもしれませんファイル許可の所有権は変更されるかもしれませんまたはファイルのコンテンツは破損するかもしれません。

一時的にシステムを回復 するために、対応した ソフトウェア バージョンのためにリリースされるシステム 回復ディスクを実行して下さい。

アダム Frankel によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

不適当なシャットダウンを確認して下さい

システムが不適当にシャットダウンされたかどうか確認するために system-history.log を検討して下さい。

: system-history.log は Cisco バグ ID CSCsl94283 の一部として、「CCM 5.X 以前のリリースの 4.X." バージョンのような History.log のすべてのインストール/アップグレードをトラッキングする必要がありますトラッキングされませんでした追加されました。 History.log は CUCM バージョン 9.1(1) および それ 以降で統合予想外リブートのためのアラームおよびアラートを追加するために Cisco バグ ID CSCtr88859 の不適当なシャットダウンをトラッキングするために高められました。

  1. インストール/アップグレード ログを Cisco Unified 実時間監視 ツール(RTMT)からダウンロードし、system-history.log を収集して下さい。
    または
    Command Line Interface (CLI)のファイル ビュー インストール system-history.log コマンドを入力して下さい。

  2. ルートの各例を検査して下さい: ブートは、各例がこれらの行の 1 つに先行されることを確認し:

    root: Restart
    root: Shutdown
    root: Install
    root: Upgrade
  3. ブート 例が再始動、シャットダウン、インストール、またはアップグレードによって続行しなければ、本当らしかったですが汚いシャットダウンありました。

これは汚いシャットダウンの例です:

08/14/2012 13:36:09 | root: Boot 9.0.1.10000-37 Start
08/14/2012 17:28:25 | root: Boot 9.0.1.10000-37 Start

この例ではファイル システム 一貫性を確認するために、サーバは再製する必要があります。 更に詳しい情報についてはこれらの Cisco バグ ID を参照して下さい:

  • Cisco バグ ID CSCth60800 再製する、「ファイル システム 修理の後でシステムを」リカバリ ディスク警告
  • ファイル システム 修理」後 Cisco バグ ID CSCth53322 は、「システム改造のための必要を文書化します

: 場合サーバが Cisco バグ ID CSCtw73590 のための修正なしでバージョンの VMware で動作する、エントリは system-history.log に含まれていないかもしれないことゲスト シャットダウンが始められる時サーバが VSphere によってシャットダウンされる場合「VSphere シャットダウンを始めるか、または」は system-history.log に記録 されなくて、そして再起動します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116717