コラボレーション : Cisco Unified E-Mail Interaction Manager 4.4(1)

POP3 サーバ 確認への CIM リトリーバ ポーリング間隔

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco 相互対話マネージャ(CIM)のポストオフィスプロトコル 3 (POP3)サーバにリトリーバ ポーリング間隔を確認し変更する方法を記述されています。

金 Vogler によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

eGActiveDB は POP3 サーバにリトリーバ ポーリング間隔を増加するか、または減少させる egpl_pref_globasettings 表内の設定が含まれています。 ただし、この設定はユーザインターフェイス(UI)を通して目に見えません。 

ポーリング間隔を制御する値はここにあります:

mail.retriever.servicedelay => 30 secs (default).

リトリーバは POP3 サーバに接続し、各エイリアスをチェックし、電子メールを取得します。 それはこのサイクルを完了した後、30 秒の間スリープの状態であります。 この設定は POP3 サーバからの電子メールを取出すためにリトリーバが各サイクルの間で使用する遅延を反映します。

コンフィギュレーションの設定を確認して下さい

Cisco 相互対話マネージャ(CIM)環境の設定を表示するために eGActiveDB からのこのクエリを使用して下さい:

select * from egpl_pref_globalsettings where setting_name like
 'mail.retriever.servicedelay'

 

この設定のための関連フィールドを表示するために、このクエリを使用します:

select SETTING_NAME, SETTING_ACT_VAL, SETTING_DEF_VAL from
 egpl_pref_globalsettings where setting_name like
 'mail.retriever.servicedelay'

: このクエリーでは、SETTING_ACT_VAL は SETTING_DEF_VAL が 30秒 デフォルト値である現在の設定を表します。

 

コンフィギュレーションの設定を変更して下さい

コンフィギュレーションの設定への変更を促進するために、この更新ステートメントを使用して下さい:

update egpl_pref_globalsettings set setting_act_val = 120 where
 setting_name like 'mail.retriever.servicedelay'

更新ステートメントはこの結果を生みます:

 

変更を確認するためにこのクエリをもう一度使用して下さい:

select SETTING_NAME, SETTING_ACT_VAL, SETTING_DEF_VAL from
 egpl_pref_globalsettings where setting_name like
 'mail.retriever.servicedelay'

 

: この値の変更は CIM 側で処理する電子メールに影響を与えますがリトリーバ サービスが再開されるまで設定されていません。

リトリーバ サービスを再開して下さい

リトリーバ サービスを再開するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CIM システムコンソール(Partition=0)にログオンして下さい。 
  2. 例 レベルでリトリーバ、およびシステム/システム > パーティション > デフォルト > Services > 電子メール > リトリーバにナビゲートを停止して下さい。
  3. rx 例を強調表示し、リスト ペインの Stop ボタンをクリックして下さい。


  4. 停止し、次にサービス レベルでリトリーバ、およびシステム/システムにナビゲートを > 共用資源 > Services > 電子メール > リトリーバ再起動して下さい。
  5. rx プロセスを強調表示し、Stop ボタンをクリックし、それからリスト ペインの Start ボタンをクリックして下さい。

    : 例を再度開始するように試みる前にこれが走行状態にあることを確認して下さい。


     


  6. 例 レベルでリトリーバ、およびシステム/システム > パーティション > デフォルト > Services > 電子メール > リトリーバにナビゲートを開始して下さい。
  7. rx 例を強調表示し、リスト ペインの Start ボタンをクリックして下さい。

    これはプロセスを完了します。


Document ID: 116680