サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco Unified Computing System

UCS 設定例の Windows 2012 NPIV

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にユニファイド コンピューティング システム(UCS)バージョン 2.1(2a) の Configure ウィンドウ サーバ 2012 N_Port ID 仮想化(NPIV)にどのように記述されています。 サーバで動作するこの機能を使うと、Virtual Machine (VM)は単一 アダプタを共有できまだ自身の保護されたストレージに独立 した アクセスがあります。

フェリペ de メッロおよび Marcin Latosiewicz によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • UCS マネージャ(UCSM)バージョン 2.1(2)と互換性がある Windows ファブリック Network Interface Controller (fNIC)ドライバ 
  • UCSM バージョン 2.1(2) 仮想インターフェイス カード(VIC)ファームウェアイメージ
  • ファブリック相互接続 I/O モジュール(IOMs)の UCSM バージョン 2.1(2)
  • 超V 2012 および Windows 2012 ゲスト

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Hyper-V バージョン 3.0
  • Windows サーバ 2012
  • NetApp ストレージ
  • UCS シャーシは、ファブリック、B シリーズ サーバ相互接続し
  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

NPIV を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. UCS 観点から、2 個の仮想 な ホスト バス アダプタ(vHBAs)で各ファブリックのための 1 つサービス プロファイルを設定して下さい。 このイメージは 1 サービス プロファイルのための vHBAs を示します。 資料で以降を示されている出力のサービス プロファイルに世界的なポート名(WWPNs)を関連できます。

    : 超V ホストを起動するためにストレージ エリア ネットワーク(SAN)ストレージを使用するときそれは vHBAs の別個のセットが VM トラフィックとデバイス起動することのために使用されること強く推奨されています。 この例は 2 つの vHBAs との基本設定を概説したものです。





  2. 超V マネージャからの仮想 な ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)を設定して下さい。 各ファブリックのための 1 2 VSAN を作成して下さい。 他の超V ホストの VSAN を作成するとき、同じ名前を使用するようにして下さい; さもなければ、ライブ移行ははたらきません。 ホストをクリックし、次に仮想 な SAN マネージャをクリックして下さい



  3. FabricA と呼ばれる新しい Fibre Channel SAN を作成し vHBA0-FabricA に対応する世界的なノードネーム(WWNN) /WWPN を選択して下さい。



  4. FabricB を追加し、vHBA1-FabricB に対応する WWNN/WWPN を選択して下さい。



  5. Windows サーバ 2012 VM の設定を設定し、2 個の Fibre Channel アダプタを追加して下さい。 オフにされて VM が右クリックし、『Settings』 を選択 して下さい。 これはフェールオーバー クラスター マネージャとこれらのホストがクラスタの一部であるのでされます。



  6. ハードウェアを『Add』 をクリック し、Fibre Channel アダプタを選択し、『Add』 をクリック して下さい。



  7. 最初 の アダプタにバーチャル SAN FabricA、および第 2 アダプタのためのバーチャル SAN FabricB を選択して下さい。



    これらのイメージは両方のアダプタおよびそれぞれ WWNNs/WWPNs を示します。





  8. Nexus 5k スイッチにゾーニングを追加して下さい。

    Nexus 5000 シリーズ スイッチがどのようにの検知 するかもしれませんか例はここにあります(UCS vHBAs の WWPNs のためのゾーニングは示されていません):

    ! Zoning for HYVERTEST Fabric A

    fcalias name HYPERVTEST vsan 10
    member pwwn c0:03:ff:69:d1:5c:00:0e
    member pwwn c0:03:ff:69:d1:5c:00:0f

    zone name HYPERVTEST_to_NetApp1 vsan 10
    Member fcalias HYPERVTEST
    Member fcalias NetApp1

    zoneset name HyperVZoneset1 vsan 10
    member HYPERVTEST_to_NetApp1

    zoneset activate name HyperVZoneset1 vsan 10



    !Zoning for HYPERVTEST Fabric B

    fcalias name HYPERVTEST vsan 11
    member pwwn c0:03:ff:69:d1:5c:00:10
    member pwwn c0:03:ff:69:d1:5c:00:11

    zone name HYPERVTEST_to_NetApp2 vsan 11
    Member fcalias HYPERVTEST
    Member fcalias NetApp2

    zoneset name HypervZoneset2 vsan 11
    member HYPERVTEST_to_NetApp2

    zoneset activate name HyperVZoneset2 vsan 11


  9. それらが論理的装置番号(LUNs)にアクセスできることを確かめるために NetApp に WWPNs を追加して下さい。

移行は住んでいます

各 VM アダプタは 2 組の WWNN/WWPN を備えています。 これらはライブ移行の間に超V によって使用されます。 このイメージは WWPNs のそれぞれがライブ移行の間にどのように使用されるか示します。

出典: 超V 仮想ファイバ チャネル 外観 

両方 WWPNs がファブリックにログオンされるオーバーラップの時点があることに注意することは重要です。 

これは移行失敗の場合には割り込みなしでストレージの連続的な作業を、保証します。

確認ライブ Migration セクションはライブ マイグレーション プロセスの間に flogi データベースを示します従ってアダプタ flogi についてはプロセスの間に両方 WWPNs を表示できます。

速い移行

ライブ移行とは違って、速い移行は一時的に移動される VM を中断します。 

これが原因で、原因は両方のログインへセットからの WWPNs ありません。 その代り、VM は 1 つのノードからのログアウトおよび New ノードからのログインできます。

ライブ移行を確認して下さい

すべてが正しく設定される場合、UCS vHBAs および VM Fibre Channel アダプタについては flogi データベースの flogi エントリを見るはずです。

NEXUS1# show flogi database
--------------------------------------------------------------------------------
Interface VSAN FCID Port Name Node Name
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/31 10 0x930001 50:0a:09:83:8d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
fc1/32 10 0x930000 50:0a:09:84:9d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
San-po31 10 0x930002 24:1f:54:7f:ee:57:1d:c0 20:0a:54:7f:ee:57:1d:c1
San-po31 10 0x930003 20:00:00:25:b5:02:a0:8f 20:00:00:25:b5:02:00:8f <vHBA0-FabricA
San-po31 10 0x930004 20:00:00:25:b5:02:a0:9f 20:00:00:25:b5:02:00:9f
San-po31 10 0x930005 20:00:00:25:b5:02:a0:6f 20:00:00:25:b5:02:00:6f
San-po31 10 0x930006 20:00:00:25:b5:02:a0:7f 20:00:00:25:b5:02:00:7f
San-po31 10 0x930007 20:00:00:25:b5:02:a0:4f 20:00:00:25:b5:02:00:4f
San-po31 10 0x930008 20:00:00:25:b5:02:a0:5f 20:00:00:25:b5:02:00:5f
San-po31 10 0x930009 c0:03:ff:69:d1:5c:00:0e c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Set A for
Adapter FabricA
NEXUS2# show flogi database
--------------------------------------------------------------------------------
Interface VSAN FCID Port Name Node Name
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/31 11 0x9f0001 50:0a:09:84:8d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
fc1/32 11 0x9f0000 50:0a:09:83:9d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
San-po32 11 0x9f0002 24:20:54:7f:ee:57:1a:80 20:0b:54:7f:ee:57:1a:81
San-po32 11 0x9f0003 20:00:00:25:b5:02:b1:8f 20:00:00:25:b5:02:00:8f <vHBA1-FabricB
San-po32 11 0x9f0004 20:00:00:25:b5:02:b1:9f 20:00:00:25:b5:02:00:9f
San-po32 11 0x9f0005 20:00:00:25:b5:02:b1:6f 20:00:00:25:b5:02:00:6f
San-po32 11 0x9f0006 20:00:00:25:b5:02:b1:7f 20:00:00:25:b5:02:00:7f
San-po32 11 0x9f0007 20:00:00:25:b5:02:b1:4f 20:00:00:25:b5:02:00:4f
San-po32 11 0x9f0008 20:00:00:25:b5:02:b1:5f 20:00:00:25:b5:02:00:5f
San-po32 11 0x9f000b c0:03:ff:69:d1:5c:00:10 c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Set A for
Adapter FabricB

LUN を、ディスク 管理をゲスト VM で示すために開き、再スキャン ディスクを入力するために命じて下さい。 LUN が二度現われる場合、多重通路 I/O (MPIO)は有効に なりません。

ライブ移行の間に、両方のための WWPN がアドレス A およびアドレスを設定 した スイッチのそれぞれの B を設定 したことを見るはずです。

NEXUS1# show flogi database
--------------------------------------------------------------------------------
Interface VSAN FCID Port Name Node Name
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/31 10 0x930001 50:0a:09:83:8d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
fc1/32 10 0x930000 50:0a:09:84:9d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
San-po31 10 0x930002 24:1f:54:7f:ee:57:1d:c0 20:0a:54:7f:ee:57:1d:c1
San-po31 10 0x930003 20:00:00:25:b5:02:a0:8f 20:00:00:25:b5:02:00:8f
San-po31 10 0x930004 20:00:00:25:b5:02:a0:9f 20:00:00:25:b5:02:00:9f
San-po31 10 0x930005 20:00:00:25:b5:02:a0:6f 20:00:00:25:b5:02:00:6f
San-po31 10 0x930006 20:00:00:25:b5:02:a0:7f 20:00:00:25:b5:02:00:7f
San-po31 10 0x930007 20:00:00:25:b5:02:a0:4f 20:00:00:25:b5:02:00:4f
San-po31 10 0x930008 20:00:00:25:b5:02:a0:5f 20:00:00:25:b5:02:00:5f
San-po31 10 0x930009 c0:03:ff:69:d1:5c:00:0e c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Address Set A
San-po31 10 0x93000a c0:03:ff:69:d1:5c:00:0f c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Address Set B
NEXUS2# show flogi database
--------------------------------------------------------------------------------
Interface VSAN FCID Port Name Node Name
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/31 11 0x9f0001 50:0a:09:84:8d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
fc1/32 11 0x9f0000 50:0a:09:83:9d:80:b7:ae 50:0a:09:80:8d:80:b7:ae
San-po32 11 0x9f0002 24:20:54:7f:ee:57:1a:80 20:0b:54:7f:ee:57:1a:81
San-po32 11 0x9f0003 20:00:00:25:b5:02:b1:8f 20:00:00:25:b5:02:00:8f
San-po32 11 0x9f0004 20:00:00:25:b5:02:b1:9f 20:00:00:25:b5:02:00:9f
San-po32 11 0x9f0005 20:00:00:25:b5:02:b1:6f 20:00:00:25:b5:02:00:6f
San-po32 11 0x9f0006 20:00:00:25:b5:02:b1:7f 20:00:00:25:b5:02:00:7f
San-po32 11 0x9f0007 20:00:00:25:b5:02:b1:4f 20:00:00:25:b5:02:00:4f
San-po32 11 0x9f0008 20:00:00:25:b5:02:b1:5f 20:00:00:25:b5:02:00:5f
San-po32 11 0x9f000b c0:03:ff:69:d1:5c:00:10 c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Address Set A
San-po32 11 0x9f000c c0:03:ff:69:d1:5c:00:11 c0:03:ff:00:00:ff:ff:00 <Address Set B

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

一般的な問題

  • Microsoft Windows 2012 FNIC ドライバが正しいバージョンにないときデバイスかドライバは超V マネージャの仮想ファイバ チャネル SAN の Status カラムの下で仮想ファイバ チャネル メッセージ表示を > 仮想 な SAN マネージャ サポートしませんデバイスマネージャ > ストレージ コントローラ > Cisco VIC FCoE Storport Miniport > Properties > ドライバへ行くことによって電流 FNIC ドライババージョンを確認して下さい。 どのドライバがブレード モデル、UCS ファームウェアのバージョンおよびアダプタに基づいていたサポートされるか判別するために UCS インターオペラビリティ マトリックスを使用して下さい。 必要ならば、ドライバをアップデートして下さい。

  • 特定の条件下で、ライブ移行は FibreChannel 総合的なポートと失敗します: リソース メッセージを予約することを終えられない。 幾つかの事柄は確認する必要があります:

    • WWPNs はストレージ ターゲットで- NetApp の発信側グループ追加されるかどうか。
    • ゾーニング 情報は WWPNs の両方のセットのアクセスを説明するかどうか割り当てました VM に。
    • 最新のパッチは Microsoft から加えられたかどうか、KB 2894032 が含まれている。


  • ライブ移行はデバイスが起動することおよび VM トラフィックのために HBAs の同じペアを使用するとき失敗するかもしれません。 これは inUnified ライブ移行が仮想ファイバ チャネルアダプターによって失敗する計算機システム仮想マシンを記述されています。

MPIO

resiliancy およびフォールト トレランスに関しては、多重通路 I/O はオペレーティング システムで有効に する必要があります。 

  1. 特定の発信側 グループのための NetApp の非対称的な論理ユニット アクセス(ALUA)をイネーブルにして下さい。



  2. Microsoft 側の MPIO 機能を有効に して下さい。 追加ロールおよび機能から、MPIO が有効に なることを確かめて下さい。

関連情報



Document ID: 116471