音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Mac

Jabber for Mac 認証 警告は解決します

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は認証警告がユーザ ログインに現われ、問題に 3 つの異なるソリューションを示す(MAC)マッキントッシュ バージョン 8.x のための Cisco Jabber における問題を記述したものです。

クリストス Georgiadis によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Jabber for Mac
  • Cisco Unified Communications コミュニケーション・サーバの証明書管理
  • MAC オペレーティング システム(OS)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Jabber for Mac バージョン 8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

Cisco Jabber for Mac にログインに試みるとき、この認証警告ダイアログは現われます:

解決策

このセクションは Cisco Jabber for Mac バージョン 8.x から認証警告を取除くために使用される 3 つのソリューションを記述します。

ユーザ 介入

信頼できる証明書のリストに Cisco Unified Presence Server (CUPS)から自己署名証明書を追加するために信頼チェックボックスを常にチェックして下さい。 これは示される自己署名証明書すべてのためにする必要があります。

: 認証をインポートするために MAC OS X 管理者 アカウントのパスワードを入力して下さい。

自己署名証明書

Cisco Unified Presence (コップ)が自己署名証明書で設定される場合、管理者はこれらのステップを完了できます:

  1. CUPS から自己署名証明書を得て下さい: Cisco Unified OS 管理 > Security > Certificate Management にナビゲート し、Tomcat 認証(tomcat.pem)をクリックし『Download』 をクリック して下さい
  2. 、Cisco Unity および Cisco Unified MeetingPlace のような適当ところで他のすべてのサーバのためのステップ1 を繰り返して下さい。
  3. 拡張(たとえば companyABCcertificates.pem)として .pem の単一 ファイルに認証を連結して下さい。
  4. ファイルをユーザに送信 し、それを信頼できる証明書のリストにそれを追加するためにダブルクリックすることをそれらに尋ねて下さい。

: ユーザは認証をインポートするために MAC OS X 管理者 アカウントのパスワードを入力する必要があります。

サード パーティ 認証

サード パーティ 署名入り認証を使用するためにコップが設定される場合管理者はこれらのステップを完了できます:

  1. 原証明が、あらゆる中間認証と共にすべてのコップ サーバに、アップロードされるようにして下さい。 Cisco Unified OS 管理 > Security > Certificate Management にナビゲート し、Tomcat 信頼およびコップ xmpp 信頼がルート認証局(CA)証明書 チェーンが含まれていることを確認して下さい。 確認するために対応する .pem.der ファイルをクリックして下さい。
  2. すべてのコップ サーバの署名入り認証をアップロードするようにして下さい: Cisco Unified OS 管理 > Security > Certificate Management へのナビゲートは、すべてのサーバが Tomcat およびコップxmpp のためにサード パーティ 署名入り認証を使用することを確認し。

    : ファイルがアップロードされれば、変更が実施されることができるように再度ブートするが必要となります。

  3. サード パーティ 署名入り認証を使用するために残りのサーバ(Cisco Unity、Cisco Unified MeetingPlace)がまた設定されるように該当する場合、して下さい。
  4. CA の原証明が、あらゆる中間認証と共に MAC OS X で、既にインストールされているようにして下さい。

トラブルシューティング

Cisco Jabber for Mac にログインに試みると認証 警告メッセージがそれでも現れたら、示される認証のより多くの詳細を見つけるために提示 Certificate ボタンをクリックし問題レポートを収集して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116430