スイッチ : Cisco Prime Data Center Network Manager 6.1

DCNM ライセンス 生成、インストールおよび割り当て

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco データセンタ ネットワーク管理者(DCNM)にライセンスを生成し、インストールし、割り当てるために使用されるプロシージャを記述したものです。

Zaw Oo およびデイヴィッド C Kester によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ライセンス 配置および生成

: この資料に説明があるプロシージャは DCNM-SAN バージョン 5.2 のためです。 Cisco インストールを参照し、Cisco DCNM インストール認可ガイド リリース 5.x および 6.x と Cisco DCNM Windows インストレーションガイドのためのガイド技術情報をアップグレードし

既に DCNM のためのライセンス ファイルがあっている場合、C の下でライセンス ファイルを保存して下さい: > Program Files (x86)は > シスコシステムズ > dcm > Windows のためのディレクトリを認可しusr > ローカル > cisco > dcm は Linux のために > 認可します。 のライセンス ファイルを $INSTALLDIR > dcm > ライセンス フォルダ保存して下さい。

まだ DCNM のためのライセンス ファイルを持っていない場合、Cisco製品 ライセンス登録技術情報からの DCNM のためのデモライセンスを生成して下さい。 ライセンス 生成のための DCNM サーバの MAC アドレスを持たなければなりません。 MAC アドレス 情報を得るために、Windows コマンドプロンプトウィンドウから ipconfig /all コマンド、か SU を- Linux のための c /sbin/ifconfig コマンド入力して下さい。  

インストールおよび割り当てを認可して下さい

DCNM ライセンスをインストールし、割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. DCNM コントロール パネルから、『More』 をクリック し次にライセンス ファイル タブをクリックして下さい。
  2. ライセンス フォルダの下に置かれるどのライセンス ファイルでもロードされるようにリロード ライセンス ファイルをクリックして下さい。
  3. リストされているデバイスの種類すべてのファブリック名前が表示されるためにライセンス 割り当てタブをクリックして下さい。
  4. ファブリックから記録し、ファブリックの Adminの状態を Unmanage に変更し『Apply』 をクリック して下さい。 パフォーマンス 収集を有効に してもらう場合続ける前に Web クライエントに行って下さいパフォーマンス 収集を停止します:

    1. Web クライエント > Admin > ステータスへのナビゲート。
    2. 操作にサービス名パフォーマンス 収集装置の下でナビゲート し、『Stop』 をクリック して下さい。
    3. ライセンスから割り当ては記録しましたり、ライセンスに割り当てたいと思うクリックしそれから割り当てますライセンスをクリックしますスイッチ名前およびデバイスの種類が含まれているファブリック名前を。 ライセンスは以前に選択したスイッチ名前およびデバイスの種類に自動的に割り当てられます。
    4. 使用方法数がライセンス ファイル タブの下の 1 つによって増分することを確認して下さい。
    5. ファブリックから絶えず管理するために記録し、ファブリックの Adminの状態を変更しそれから『Apply』 をクリック して下さい。 以前に パフォーマンス 収集を停止した場合、それを再起動するようにして下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116419