音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Presence

CUPS と他のサーバ間の XMPP フェデレーション

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Presence Server (CUPS)と他のサーバ間の拡張可能なメッセージングおよび存在プロトコル(XMPP)フェデレーションを設定するために使用されるステップを記述したものです。

Contributed by Md Hasan, Cisco TAC Engineer.

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Presence (コップ)リリース 8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

これらのサーバだけのための CUPS サポート フェデレーション:

  • IBM Sametime サーバ リリース 8.2 および 8.5
  • Cisco WebEx 接続応答 リリース 6
  • GoogleTalk
  • コップ リリース 8.x
  • 規格準拠 XMPP であるサーバ

2 つの XMPP サーバに登録されている 2 人のクライアント間の XMPP メッセージフローは次のとおりです:

XMPP クライアント(Google Talk または WebEx 接続応答) > TCP: 5222 > XMPP サーバ(Google サーバか WebEx 接続応答 サーバ) > TCP: 5269 > ASA (ファイアウォール) > TCP: 5269 は > > TCP すくいます: 5222 > CUPS XMPP クライアント(Jabber か CUPS)

: ないすべての Jabber クライアントサポートによって連合させる連絡先。

この資料のための想定は次のとおりです:

  • CUPS ドメインは cupdomain.com です。
  • CUPS ユーザ IM アドレスは cupuser1@cupdomain.com です。
  • XMPP サーバ ドメインは gmail.com です。
  • XMPP ユーザ IM アドレスは jdoe1@gmail.com です。

これはフェデレーションが発生すると何が起こるかです:

  1. jdoe1@gmail.com が cupuser1 連絡先リストに追加されるとき、CUPS は気づきます。
  2. CUPS は CUPS で規定 される DNSサーバに _xmpp-server._tcp.gmail.com Domain Name System (DNS)クエリを送ります。 これは提示ネットワーク eth0 詳細とコマンドあり、一般的に ローカルDNSサーバです。
  3. ローカルDNSサーバは _xmpp-server._tcp.gmail.com のためのエントリがある公共 DNSサーバに連絡先 IM に gmail.com ドメインがある、転送しローカルDNSサーバに Google サーバの完全修飾ドメイン名 (FQDN)/IP アドレスの値を戻しますので DNS クエリを。 値は CUPS にそれから送られます。
  4. この場合コップは存在サブスクリプション要求をどこに送信 するか確認し前の手順で取得される XMPP サーバのIPアドレスに現状を要求します(5369) TCPポートのユーザ向けに jdoe1@gmail.com
  5. 要求は TCPポート 5269 のパブリック XMPP サーバ(Google)にパススルー Cisco 適応性があるセキュリティ アプライアンス モデル(ASA)ファイアウォールなります。

: このプロセスは jdoe1@gmail.com が連絡先リストに cupuser1@cupdomain.com を追加するとき反転します。

設定

このセクションはフェデレーション設定の簡単な外観を記述します:

  1. 公共 DNSサーバ(CUPS 会社 Webサイトかインターネットサービスプロバイダーをホストする)の DNS SRV レコードを会社設定して下さい。 DNS SRV が CUPS の FQDN のために作成される場合、CUPS パブリックIPアドレスに DNS A レコードを解決するために DNSA」レコードは作成する必要があります。

    これは CUPS のための DNS SRV レコードおよび DNS A レコードの例です:

    • DNS SRV レコード: cup1 が CUPS ホスト名であると) cup1.cupdomain.com への _xmpp-server._tcp.cupdomain.com ポイント(これは仮定します。 優先順位 重量は 0 である場合もあります。
    • DNS A レコード: cup1.cupdomain.com は CUPS のための ASA のパブリック IP を指します。

  2. ネットワーク アドレス変換(NAT)を持つためにパブリック IP に CUPS IP を変換する設定して下さい、または TCPポート 5269 とパブリック IP に CUPS IP および TCPポート 5269 を変換する ASA のポート アドレス変換 (PAT)を設定して下さいファイアウォールを。
  3. CUPS ドメインが XMPP サーバの登録済みのドメインではないことを確認して下さい。 たとえば、cupdomain.com は Google アプリケーションまたは WebEx サービスに登録しているべきではありません。
  4. CUPS のイネーブル XMPP フェデレーション。 Google に関してはそれは TCP であり、WebEx のためにチェックされるクライアント側認証無しに Transport Layer Security (TLS)オプションのです。
  5. CUPS の XMPP フェデレーション サービスを開始して下さい。

確認

着信トラフィックが TCPポート 5269 のための ASA を通ることを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unified Presence Server としてローカルネットワークに接続されない、外部ネットワークおよび ASA に入って来ることに接続されて得て下さい PC を。
  2. コマンド プロンプトを開発し、入力して下さい:
    telnet <CiscoUnifiedPresenceServer_outside_NAT'ed_IP> 5269
    この操作がブランク画面を生成 する場合、ASA の設定は正しいです。
  3. CUPS 内部 IP アドレスが Telnet できることを確認して下さい。 内部 PC から、コマンド promt を開き、入力して下さい:
    telnet <CiscoUnifiedPresenceServer_Internal_IP> 5269
    これが失敗した場合、CUPS XMPP フェデレーションが設定されないか、または XMPP フェデレーション サービスが有効に ならないことを意味します。

: 前の手順のうちのどれかが失敗した場合、ファイアウォール ログを解決して下さい

さらに、CUPS ドメインが WebEx か Gmail に登録されているかどうか検出して下さい。 Gmail または WebEx の登録済みのドメインがある場合、CUPS XMPP フェデレーション ログは分析する必要があります。 それは予想外ダイヤルバック resonse を知らせます。 この場合、Google または WebEx サポート チームはサブスクリプション サービスから CUPS ドメインを取除くために連絡する必要があります。

: Windows 7 は telnetアプリケーションがデフォルトで付いていません; それはコントロール パネル > Programs によってインストールする必要があり、機能 > 回転 Windows はオン/オフを > Telnet クライアント特色にします

トラブルシューティング

設定をトラブルシューティングするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. XMPP レコードが公共 DNSサーバできちんと作成されることを確認するために、コマンド プロンプトを開き、入力して下さい:
    nslookup
    set type=SRV
    _xmpp-server._tcp.cupdomain.com

    : CUPS のための ASA で設定されるこのステップは CUPS パブリックIPアドレスのための結果を与えます。 このステップのトラブルに出会う場合、DNS SRV レコードを作成したインターネットサービスプロバイダーか Webサイト プロバイダに話して下さい。

  2. ASA が正しく動作し、トラフィックをブロックしないことを確認するために、CUPS と同じネットワークに属する開き、これらのステップを完了して下さい PC からのコマンド プロンプトを:

    1. TCPポート 5269 に関しては ASA を通してアウトゴーイングトラフィックをチェックして下さい。 これをするために、これらのコマンドで XMPP サーバのIPアドレスを確認して下さい:
      nslookup
      set type=SRV
      _xmpp-server._tcp.gmail.com

      : これらのコマンドからの出力は XMPP フェデレーションのための gmail.com ドメインを機能する複数の IP アドレスを与えたものです。

    2. 新しいコマンド プロンプトを開き、入力して下さい:
      telnet <gmail_server_ip> 5269
      これがブランク画面を生成 する場合、ASA はアウトゴーイングトラフィックを通過させます。

関連情報



Document ID: 116339