音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

ユニファイド コミュニケーション VMware のスナップショット検証

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications(UC)アプリケーションの vSphere クライアントでスナップショットを調べる方法について説明します。

Cisco TAC エンジニア、John-Paul Lum Hee および Thomas Runyan により寄稿されました。

前提条件

要件

シスコでは、Virtual Machine-ware(VMware)および vSphere クライアントに関する知識を持つことを推奨しています。 vSphere クライアント経由の VMware VCenter へのアクセスも必要です。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。 

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

VMware スナップショットは UC アプリケーションではサポートされていません。 スナップショットは、あらゆるタイプの遅延と音声品質の問題の原因となります。 また、UC アプリケーションでのディスク ドライブの容量、CPU スパイク、およびメモリ使用率の問題の原因ともなります。

VMware プラットフォームでサポートされている UC アプリケーションの音声品質または CPU/メモリの問題のトラブルシューティング時に、最初に確認することは、システムにスナップショットが存在するかどうかです。 

UC アプリケーションの vSphere クライアントにスナップショットがあるかどうかを調べます。

vSphere クライアントにログインし、UC アプリケーションをサポートする仮想マシン(VM)を選択します。 [Snapshot Manager] アイコン(次の図にある赤い円に囲まれたアイコン)をクリックします。

VM スナップショットを実行しない VM では、VM ホスト名の下に [You are here] フィールドが表示されます。

スナップショットを実行しない VM の例を次に示します。

スナップショットが存在する場合は、使用可能なスナップショットとともに [You are here] フィールドが表示されます。 スナップショットは、VM ホスト名の上または下に表示されます。

スナップショットが存在する VM の例を次に示します。

 

: VMware のスナップショットがサポートされていない理由については、「Cisco Unified Communications VMware の要件」の記事を参照してください。

スナップショットは実稼働ネットワークに影響を及ぼすことなく削除できます。ホストおよび VM をリブートする必要はありません。 スナップショットの削除には、スナップショットのサイズに応じて、最大で 3 時間かかる場合があることに注意してください。

: 管理者に、スナップショットがサポートされていないことを警告することを推奨します。そして、管理者に、UC アプリケーションをサポートする VM からスナップショットを削除するよう依頼してください。

: スナップショット削除の進捗状況は、すぐに 95% まで急上昇し、その状態が長時間続く場合があります。 これは、スタックまたはハングのように思われる可能性があります。 しかし、これは通常の状態であり、最終的に作業が正常に完了します。

VM のスナップショットを確認する代替手順

前述の手順の代わりに、次の手順を実行できます。

  1. VM が使用しているデータストアを確認します。 この情報は、VM の [Summary] ページにあります。
  2. [Home] > [Inventory] > [Datastore and Datastore Clusters] に移動し、適切なデータストアを右クリックします。
  3. [Browse Datastore] を選択し、タイトルに snapshot という単語を含み、デリミタ .vmsn(仮想マシンのスナップショット)を含むファイルを検索します。



    確認するデータストアが分からない場合は、該当する VM を見つけ、その VM を選択し、[Summary] ページを表示します。 [Summary] ページの [Storage] の下で、[Datastore] を右クリックし、[Browse Datastore] を選択します。



  4. 次の図に示すように、タイトルに snapshot を含むファイルは、この VM 用にスナップショットが作成されたことを示します。



Document ID: 116459