コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

UCCE トレース設定とログ コレクション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

この資料にクライアント、Peripheral Gateway (PG)サービス、Ciscoカスタマー 音声ポータル(CVP)、Cisco UCCE 送信 ダイヤラ、Cisco Unified Communications Manager(CallManager) (CUCM)、および Ciscoゲートウェイのための Cisco Unified Contact Center Enterprise (UCCE)のトレースを設定 する方法を記述されています。

ジェリー Cody および Anuj Bhatia によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Enterprise(UCCE)
  • Cisco Agent Desktop (CAD)
  • Cisco コンピュータ テレフォニー インテグレーション オブジェクト サーバ(CTIOS)
  • Cisco Finesse
  • Cisco Customer Voice Portal(CVP)
  • Cisco Unified Communications Manager(CallManager) (CUCM)
  • Ciscoゲートウェイ

トレース設定およびログ 収集



このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

技巧

セキュア シェル(SSH)の技巧サーバへのログインは必要とするログを集めるためにこれらのコマンドを入力し。 ログがアップロードされる(SFTP) SSH FTP サーバを識別するためにプロンプト表示されます。

ログコマンド
ログをインストールして下さいファイルはインストール デスクトップinstall.log を得ます
デスクトップ ログファイルは activelog デスクトップを圧縮繰り返します得ます
Servm ログファイルは activelog プラットフォーム/ログ/servm* を得ます。\ *圧縮
プラットフォーム Tomcat ログファイルは activelog Tomcat/ログを圧縮繰り返します得ます
音声オペレーティング システム(VOS)インストールは記録 しますファイルはインストール install.log を得ます

Cisco Agent Desktop

このプロシージャはデバッグ ファイルを作成し集める方法を記述します:

  1. エージェント コンピューターで、C:\Program Files\Cisco\Desktop\Config ディレクトリに行き、Agent.cfg ファイルを開いて下さい。

  2. デバッグするために OFF からデバッグしきい値を変更して下さい。 トレースはより深いレベルに使用することができます。

    [Debug Log]
    Path=..\log\agent.dbg
    Size=3000000
    Threshold=DEBUG
  3. Size=3000000 (6 つのゼロ)を確認して下さい。

  4. コンフィギュレーション ファイルを保存して下さい。

  5. エージェント プログラムを停止して下さい。

  6. C:\Program Files\Cisco\Desktop\log ディレクトリのすべてのファイルを削除して下さい。

  7. エージェント プログラムを開始し、問題を再現して下さい。

  8. これらのデバッグ ファイルは C:\Program Files\Cisco\Desktop\log に作成され、置かれます:

    • agent0001.dbg
    • ctiosclientlog.xxx.log

Cisco Supervisor Desktop

このプロシージャはデバッグ ファイルを作成し集める方法を記述します:

  1. エージェント コンピューターで、C:\Program Files\Cisco\Desktop\Config ディレクトリに行き、supervisor.cfg ファイルを開いて下さい。

  2. デバッグするために OFF からデバッグしきい値を変更して下さい。 トレースはより深いレベルに使用することができます。

    [Debug Log] 
    Path=..\log\supervisor.dbg
    Size=3000000
    THRESHOLD=DEBUG
  3. Size=3000000 (6 つのゼロ)を確認して下さい。

  4. コンフィギュレーション ファイルを保存して下さい。

  5. エージェント プログラムを停止して下さい。

  6. C:\Program Files\Cisco\Desktop\log ディレクトリのすべてのファイルを削除して下さい。

  7. エージェント プログラムを開始し、問題を再現して下さい。 supervisor0001.dbg と名付けられるデバッグ ファイルは C:\Program Files\Cisco\Desktop\log に作成され、置かれます。

CTIOS クライアント デスクトップ

CTIOS クライアントがインストールされているクライアントPC で、Regedt32 ターンアップ トレースを使用して下さい。 これらの設定を変更して下さい:

Releaseレジストリ Locationデフォルト値Change
先のリリース 7.x よりHKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ\ Ctios \ロギング\ TraceMask0x070xfff に値を増加して下さい。
リリース 7.x およびそれ以降HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、株式会社\ CTIOS トレース0x40000307トラブルシューティングのための 0xfff への設定値。

既定の出力は c:\Program Files\Cisco システム\ CTIOS クライアント\ CTIOS デスクトップ電話\インストール ディレクトリで CtiosClientLog と名付けられるテキストファイルに作成され、置かれます。

トレースにおいてのクライアント関連の問題は PG をログオンし、

デバッグ CAD 同期化サービス

これらは CAD 同期化サービスをデバッグする設定です:

設定値
コンフィギュレーション ファイル
デフォルト の ロケーション
DirAccessSynSvr.cfg
C:\Program Files\Cisco\Desktop\config
一般的 な 問題Threshold=DEBUG
出力 ファイルDirAccessSynSvr.log

CAD 6.0(X) RASCAL サーバをデバッグして下さい

これらは CAD 6.0(X) RASCAL サーバをデバッグする設定です:

設定値
コンフィギュレーション ファイル
デフォルト の ロケーション
FCRasSvr.cfg
C:\Program Files\Cisco\Desktop\config
一般的 な 問題範囲 = 1-4、50、3000-8000
LDAP 関連の問題:範囲 = 4000-4999
LRM 関連の問題:範囲 = 1999-2000 年
データベース関連の問題範囲 = 50-59
出力 ファイル
デフォルト の ロケーション
FCRasSvr.log、FCRasSvr.dbg
C:\Program Files\Cisco\Desktop\log

Debug chat サーバ

これらはチャット サーバをデバッグする設定です:

設定値
コンフィギュレーション ファイル
デフォルト の ロケーション
FCCServer.cfg
C:\Program Files\Cisco\Desktop\config
一般的 な 問題Threshold=DEBUG
出力 ファイル
デフォルト の ロケーション
FCCServer.log、FCCServer.dbg
C:\Program Files\Cisco\Desktop\log

他の PG 関連のトレースおよびログ

ログ 収集のためのログを引っ張るために使用 Dumplog ユーティリティを参照して下さい。

CallManager PIM のトレースを有効に して下さい

トレース レベルを断続的に回すためにプロセス モニタリング(procmon)ユーティリティを使用して下さい。 これらのコマンドは CallManager Peripheral Interface Manager (PIM)トレースをつけます:

C:\procmon <Customer_Name> <PG_Name> <ProcessName>
>>>trace tp* !-- Turns on third party request tracing
>>>trace precall !-- Turns on precall event tracing
>>>trace *event !-- Turns on agent and call event tracing
>>>trace csta* !-- Turns on CSTA call event tracing
>>>ltrace !-- Output of all trace bits
>>>q !-- Quits

この procmon コマンドは CallManager PIM トレースを消します:

>>>trace * /off

CUCM でトレースするイネーブル

このプロシージャは CUCM トレースをつける方法を記述します:

  1. Call Manager によって統一されるサービサビリティに行って下さい。

  2. 『Trace』 を選択 して下さい/設定

  3. CM サービスを選択して下さい。

  4. CTIManager (アクティブ)を選択して下さい。

  5. 右上で、SDL 設定を選択して下さい。

  6. SDL トレースのディセーブル Pretty プリントを除いてすべてを有効に して下さい。

  7. デフォルト値でファイルの数およびサイズを残して下さい。

  8. 実時間監視 ツール(RTMT)では、Cisco Call Manager および Cisco コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI)マネージャを集めて下さい。 両方ともシステム診断インターフェイス(SDI)および Signal Distribution Layer (SDL)ログがあります。

イネーブル Java Telephony Application Programming Interface (JTAPI)ゲートウェイ(JGW)

これらの procmon コマンドは JGW トレースをつけます:

C:\procmon <Customer_Name> <node> process
>>>trace JT_TPREQUESTS !-- Turns on third-party request traces
>>>trace JT_JTAPI_EVENT_USED !-- Turns on traces for the JTAPI Events the PG uses
>>>trace JT_ROUTE_MESSAGE !-- Turns on routing client traces
>>>trace JT_LOW*  !-- Traces based on the underlying JTAPI and CTI layers

サンプルコマンドは procmon IPCC pg1a jgw1 です。

アクティブ な 側面でトレースするイネーブル CTI サーバ(CTISVR)

このプロシージャはアクティブ な 側面の CTISVR トレースを有効に する方法を記述します:

  1. HKLM \ソフトウェア\シスコシステムズ、Inc\icm\<cust_inst>\CG1(a および b) \ EMS \ CurrentVersion \ライブラリ\プロセス\ ctisvr を編集するためにレジストリ エディタを使用して下さい。

  2. EMSTraceMask = f8 を設定 して下さい。 

VRU PIM をトレースすることを有効に して下さい

: コマンドは大文字/小文字の区別があります。 Voice Response Unit (VRU) PG は Cisco Unified CallManager (CCM)と異なっています PG。

これらの procmon コマンドは VRU PIM のためのトレースを回します:

C:\procmon <Customer_Name> <PG_Name> <ProcessName>
procmon>>>trace *.* /off !-- Turns off
procmon>>>trace !-- Verifies what settings are on/off
procmon>>>trace cti* /onprocmon>>>trace opc* /on
procmon>>>trace *ecc* /onprocmon>>>trace *session* /off
procmon>>>trace *heartbeat* /off
procmon>>>ltrace /traceprocmon>>>quit

この procmon コマンドは VRU PIM トレースを消します:

>>>trace * /off

両方の CTIOSサーバのイネーブル CTIOSサーバ トレース

このプロシージャは両方の CTIOSサーバのトレースを有効に する方法を記述します:

  1. 現在のトレースのメモを後で使用できるように覆わせます。

  2. 編集するためにレジストリ エディタを HLKM >> ソフトウェア\シスコシステムズ株式会社\ ICM \ <cust_inst \ CTIOS \ EMS \ CurrentVersion \ライブラリ\プロセス\ ctios 使用して下さい。

  3. セット:
    • EMSTraceMask = 0x60A0F
    • リリースによるこれらの値の 1 つへの EMSTraceMask、:
      • リリース 6.0 およびそれ以前のための 0x0A0F
      • リリース 7.0 のための 0x20A0F および 7.1(1)
      • リリース 7.1(2) およびそれ以降のための 0x60A0F

既定のトレース マスクはそれが 0x20003 であるところに、リリース 7.0(0) を除くすべてのリリースの 0x3 です。

トレース マスクに高い 値が(0xf かより高い)あったり、CTIOSサーバ パフォーマンスおよび通話完了 比率に大きい影響があります。 問題をデバッグしているときだけ高い 値でトレース マスクを設定 して下さい; 必要なログを集めたら、デフォルト値にトレース マスクを設定し直して下さい。

トラブルシューティングを行うのに、CTIOSサーバ トレース マスクをに設定 して下さい:

  • リリース 6.0 およびそれ以前のための 0x0A0F
  • リリース 7.0 のための 0x20A0F、および 7.1(1)  
  • リリース 7.1(2) およびそれ以降のための 0x60A0F  

活動ページでトレースするイネーブル Open Peripheral Controller (OPC)

これらの opctest コマンドは活動ページの OPC トレーシングをつけます:

opctest /cust <cust_inst> /node <node>
opctest:debug /agent /routing /cstacer /tpmsg /closedcalls

これはラボ 環境からの例です:

C:\Documents and Settings\ICMAdministrator>opctest /cust cc1 /node pg1a
OPCTEST Release 8.0.3.0 , Build 27188
opctest: debug /agent /routing /cstacer /tpmsg /closedcalls !-- Use debug /on in
order to restore default tracing levels

opctest: quit

追加例は次のとおりです:

opctest:debug /agent /routing /cstacer /rcmsg /closedcalls /inrcmsg   
!-- General example


opctest:debug /agent /routing /cstacer /rcmsg /closedcalls /inrcmsg /NCT
!-- Network transfer example


opctest:debug /agent /routing /cstacer /rcmsg /closedcalls /inrcmsg /task /passthru
!-- Multimedia example

opctest:debug /agent /routing /cstacer /rcmsg /closedcalls /inrcmsg /passthru
!-- VRU PG example

活動ページのイネーブル Eagtpim トレース

これらの procmon コマンドは活動ページの eagtpim トレースをつけます:

C:\>procmon <cust_inst> <node> pim<pim instance
>>>>trace tp* /on
>>>trace precall /on
>>>trace *event /on
>>>trace csta* /on

これはラボ 環境からの例です:

C:\Documents and Settings\ICMAdministrator>procmon cc1 pg1a pim1
>>>>trace tp* /on
>>>>trace precall /on
>>>>trace *event /on
>>>>trace csta* /on
>>>>quit

ログを引っ張るのに Dumplog ユーティリティを使用して下さい

追加詳細については Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。 この例に示すようにログファイル ディレクトリに、到達するために cdlog コマンドを使用して下さい:

c:\cdlog <customer_name> pg1a   !-- Or, pgXa to depending on the PG number (X)
c:\icm\<customer_name>\<<PG#>>\logfiles\

これらの例はデフォルトファイルに出力を置く方法を示します; いずれの場合も、出力 ファイルの特定の 名前を定義するために /of を使用できます:

c:\icm\<customer_name>\<PG#>\logfiles\dumplog pim1 /bt <HH:MM> /et <HH:MM> /ms /o
!-- This PIM example places output in a default pim1.txt file

c:\icm\<customer_name>\<PG#>\logfiles\dumplog opc /bt <HH:MM> /et  <HH:MM> /ms /o
!-- This OPC example places output in a default opc.txt file

c:\icm\<customer_name>\<PG#>\logfiles\dumplog jgw1 /bt <HH:MM> /et <HH:MM> /ms /o
c:\cdlog <customer_name> cg1a
c:\icm\<customer_name>\<cg#>\logfiles\
!-- This JTAPI example places output in a default jgw1.txt file

c:\icm\<customer_name>\cg#\logfiles\dumplog ctisvr /bt <HH:MM> /et <HH:MM> /ms /o
!-- This CTI server example places output in a default ctisvr.txt file

c:\ icm\<customer_name>\ctios\logfiles\dumplog ctios /bt <HH:MM> /et <HH:MM> /ms /o
!-- This CTIOS server example places output in a default ctios.txt file

CVP サーバでトレースするイネーブル

SIP

このプロシージャは Cisco SIP IP Phone ソフトウェアの CVP サーバのトレースを有効に する方法を記述します:

  1. コール サーバでCVP diag ツール(http://localhost(CallServer):8000/cvp/diag) Session Initiation Protocol (SIP) スタックをに得るため行って下さい。

  2. デバッグの com.dynamicsoft.Dslibs.DsUAlibs を追加して下さい。

  3. 『Set』 をクリック して下さい。

  4. DEBUG/41 をクリックして下さい。

H323

このプロシージャは H323 ゲートウェイが付いている CVP サーバのトレースを有効に する方法を記述します:

  1. コール サーバ、VBAdmin へのログイン。

  2. CVP 音声ブラウザのためのこれらのトレースを有効に して下さい:

    setcalltrace on 
    setinterfacetrace on

コール サーバからの CVP ログを引っ張って下さい

テスト期間の時のための Error.log CVP *.log ファイルおよびファイルを集めて下さい。 これらのファイルは両方の CVP サーバの C:\Cisco\CVP\logs ディレクトリにあります。

これらは CVP_HOME が統一された CVP ソフトウェアがインストールされているディレクトリの統一された CVP のためのログファイル の 保存先です。

ログの型場所

コール サーバやレポート サーバー ログ

CVP_HOME \ログ\
オペレーション コンソール ログCVP_HOME \ログ\ OAMP \
音声 XML (VXML)サーバログCVP_HOME \ログ\ VXML \
簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) エージェント ログCVP_HOME \ログ\ SNMP \
統一された CVP リソースマネージャ ログCVP_HOME \ログ\ ORM \

位置例は C:\Cisco\CVP です。

VXML サーバログ

Audium 展開されたアプリケーションのようなカスタム音声 XML アプリケーションの場合、デバッグ ロガーを始動できます。

C:\Cisco\CVP\VXMLServer\applications\APP _NAME \データ\アプリケーション\ディレクトリの settings.xml コンフィギュレーション ファイルの <loggers> セクション(最後のセクション)にこの行を追加して下さい:

<logger_instance name="MyDebugLogger"  
class="com.audium.logger.application.debug.ApplicationDebugLogger"/>

ランタイムで、このロガーは\ Cisco \ CVP \ VXMLServer \アプリケーション\ APP_NAME に詳しい VoiceXML ログを\ MyDebuggerLogger ディレクトリ出力します。

: MyDebugLogger から選択するあらゆる名前に settings.xml コンフィギュレーション ファイルのロガーの名前を変更できます。  

送信ダイヤラ関連のトレースおよびログ 収集

このプロシージャは badialer プロセスを増加する方法をログオンします(通常 PG にある)送信 ダイヤラ記述します。

  1. EMSDisplaytoScreen を = 0 確認して下さい。

  2. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを編集するためにレジストリ エディタを株式会社\ ICM \ <instance> \ダイヤラ\ EMS \ CurrentVersion \ライブラリ\プロセス\ baDialer 使用して下さい。

  3. セット:

    • EMSTraceMask = 0xff
    • EMSUserData = ff ff (バイナリモードの 4 つの f's)

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを編集するためにレジストリ エディタを株式会社\ ICM \ <instance> \ダイヤラ使用して下さい。

  5. DebugDumpAllEvents を = 1.設定 して下さい。

ログを引っ張って下さい

/icm/ <instance>/dialer/logfiles ディレクトリから Dumplog ユーティリティを実行して下さい:

dumplog badialer /bt hh:mm:ss /et hh:mm:ss /o

インポーター

このプロシージャは baimport プロセス ログを増加する方法を記述します。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを編集するためにレジストリ エディタを株式会社\ ICM \ <instance> \ LoggerA \ EMS \ CurrentVersion \ライブラリ\プロセス\ baImport 使用して下さい。

  2. セット:

    • EMSTraceMask = 0xff
    • EMSUserData = ff ff (バイナリモードの 4 つの f's)

  3. /icm/ <instance>/la/logfiles ディレクトリから Dumplog ユーティリティを実行して下さい:

    dumplog baimport /bt hh:mm:ss /et hh:mm:ss /o

Campaignmanager

このプロシージャは campaignmanager プロセス ログを増加する方法を記述します。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを編集するためにレジストリ エディタを株式会社\ ICM \ <instance> \ LoggerA \ EMS \ CurrentVersion \ライブラリ\プロセス\ CampaignManager 使用して下さい。

  2. セット:

    • EMSTraceMask = 0xff
    • EMSUserData = ff ff (バイナリモードの 4 つの f's)

  3. /icm/ <instance>/la/logfiles ディレクトリから Dumplog ユーティリティを実行して下さい:

    dumplog campaignmanager /bt hh:mm:ss /et hh:mm:ss /o

Avaya 通信マネージャ(ACD)で PG、CallManager および Avaya 両方のために次を増加するために OPCTest ユーティリティを使用して下さい。

C:\opctest /cust <instance> /node <pgname>
opctest: type debug /agent /closedcalls /cstacer /routing
opctest: q !-- Quits

このプロシージャは ctisvr プロセスのためにトレースを高める方法を記述します。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズを編集するためにレジストリ エディタを Inc.\ICM\icm\CG1A\EMS\CurrentVersion\Library\Processes\ctisvr 使用して下さい。

  2. EMSTraceMask = f8 を設定 して下さい。 ほしい場合 f0 で値を残すことができます。

イネーブル ルータはルータプロセスをログオンします

このプロシージャはルータログをイネーブルに設定する方法を記述します:

  1. ルータで、Start > Run にナビゲート し、rtrtrace を入力して下さい。

  2. 顧客名を入力して下さい。

  3. [Connect] をクリックします。

  4. これらのオプションを選択して下さい:

    • agentchanges
    • routerequests
    • scriptselects
    • networkvrutracing
    • translationroute
    • callqueuing
    • calltyperealtime

  5. [Apply] をクリックします。

  6. ユーティリティを終了して下さい。

opctest リリース 8.5 に関しては、診断フレームワーク柱廊玄関を代りに使用して下さい。

debug level 3 component "icm:Router A" subcomponent icm:rtr

ルータログを引っ張って下さい

テストの時間のどちらかのルータからのルータログを引っ張るために Dumplog ユーティリティを使用して下さい。 追加詳細については Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

これは Log 要求の例のためのログオンします 09:00:00 と 09:30:00 の間の 10/21/2011 をです(24 時間時刻形式で)。 この出力はファイル C に行きます: /router_output.txt:

C:\Documents and Settings\ICMAdministrator>cdlog u7x ra
C:\icm\u7x\ra\logfiles>dumplog rtr /bd 10/21/2011 /bt 09:00:00 /ed 10/21/2011
/et 09:30:00 /ms /of C:/router_output.txt

出力 ファイル(C を入れて下さい: トラブルシューティングのためのもし必要なら Cisco への /router_output.txt)。

ゲートウェイはトレースします(SIP)

これらのコマンドは SIP と CVP サーバのトレースを回します:

#conf  t
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
service sequence-numbers
no logging console
no logging monitor
logging buffered 5000000 7
end
clear logging

: 本番 Cisco IOS ® ソフトウェア GW のどの変更により停止を引き起こすかもしれません。

これは問題なしで提供されたコール音量で推奨されるデバッグを処理できる非常に強いプラットフォームです。 ただし、Cisco はことを推奨します:

  • ロギングバッファにの代りに syslog サーバにすべてのログを送信 して下さい:

    logging <syslog server ip>
    logging trap debugs
  • debug コマンドを一つずつ適用し、各自の後で CPU稼働率をチェックして下さい:

    show proc cpu hist

: CPU が 70-80% まで CPU稼働率を得る場合、能力サービス効果のリスクは大幅に増加します。 従って GW が 60% を見つける場合、追加デバッグを有効に しない で下さい。

これらのデバッグを有効に して下さい:

debug isdn q931
debug voip ccapi inout
debug ccsip mess
debug http client all
debug voip application vxml all
debug vtsp all
debug voip application all

コールを作った、問題を模倣する後、デバッグを停止して下さい:

#undebug all

この出力を集めて下さい:

term len 0
show ver
show run
show log

先端トレース

これらのコマンドは Cisco Unified SIP プロキシ(先端)の SIP トレースをつけます:

(cusp)> config
(cusp-config)> sip logging
(cusp)> trace enable
(cusp)> trace level debug component sip-wire

終了したらログオフを回すことを忘れないようにして下さい。

このプロシージャはログを集める方法を記述します:

  1. 先端のユーザを設定して下さい(たとえば、テスト)。

  2. 先端プロンプトでこの設定を追加して下さい:

    username <userid> create
    username <userid> password <password>
    username <userid> group pfs-privusers
  3. 先端 IP アドレスに FTP して下さい。 前の手順で定義されたようにユーザ名(テスト)およびパスワードを使用して下さい。

  4. /cusp/log/trace にディレクトリを変更して下さい。

  5. log_<filename> を得て下さい。

トレースのための CLI の使用

UCCE リリース 8 およびそれ以降では、トレースを収集するために統一されたシステム Command Line Interface (CLI)を使用できます。 全体の一組の PG または Rogger のような 1 サーバからのログを得るために dumplog ユーティリティと比較されて、CLI は非常にファーストおよび効果的な方法です。

このプロシージャは問題解析を開始する方法をおよび有効に なるべきかどんなトレースを判別する方法を記述します。 これらのサーバからの例収集ログ:

  • ROUTER-A/ROUTER-B
  • LOGGER-A/LOGGER-B
  • PGXA/PGXB
  • すべての CVP コール サーバ
  • すべての CVP VXML/Media サーバ(もしあれば)
  1. リストの各システムで、各サーバの統一されたシステム CLI を開き、このコマンドを実行して下さい:

    show tech-support absdatetime mm-dd-yyyy:hh:mm mm-dd-yyyy:hh:mm redirect 
    dir c:\temp

    最初の mm-dd-yyyy を取り替えて下さい: hh: イベントの前におよそ 15 分である日時が付いているストリング mm の。 

    第 2 mm-dd-yyyy を取り替えて下さい: hh: イベントが解決されたおよそ 15 分後ある日時が付いているストリング mm の。 イベントがまだ発生する場合、少なくとも 15 分を収集して下さい。

    これは X が順に次の数であるところで clioutputX.zip と名付けられるファイルを生成 します。

  2. 各システムの Windows アプリケーション/セキュリティ/システムをログオンし Comma-Separated Values (CSV)形式を、C:\Temp に保存しますディレクトリをエクスポートして下さい。

  3. Windows CSV ログを zip にステップ 1 から追加し、この形式の ZIP ファイルを名前を変更して下さい: 

    <SERVERNAME>-SystCLILogs-EvntOn-YYYYMMDD_HHMMSS.zip

  4. あらゆるエージェント PG で、失敗が見られる度にログオンしますディレクトリ C:\Program Files\Cisco\Desktop\logs を集めて下さい。 ログイン しますこの形式の名前のファイルに ZIP にして下さい:

    <SERVERNAME>-CADLogs-EvntOn-YYYYMMDD_HHMMSS.zip

    CAD ブラウザ 版 C:\Program Files\Cisco\Desktop\Tomcat\logs ディレクトリからのログを収集し、同じ ZIP ファイルに追加しなさい(CAD-BE)または CAD Web 製品を使用している場合。

    Windows 2008 x64 製品の何れかで動作する場合、ログ ディレクトリは C:\Program ファイル(x86)\Cisco\Desktop\ の下にあります…

  5. E-メールを送るか、または接続するために余りにも大きい場合これらのファイルをサービス リクエストに添付するか、または FTP にファイルをアップロードして下さい。

このその他の情報をもし可能なら収集して下さい:

  • イベント開始および停止時間。
  • イベントに関連する ANI/DNIS/AgentID の複数のサンプル。 少くとも、Cisco はこれらの少なくともイベントを参照することを 1 つが必要とします。
  • RouteCallDetail (RCD)およびイベントを囲む時間の TerminationCallDetail (TCD)。 
    • RCD クエリは下記のとおりです:
      DbDateTime > 「YYYY-MM-DD HH Route_Call_Detail から『*』 を選択 して下さい: MM: SS.MMM」および DbDateTime < 「YYYY-MM-DD HH: MM: SS.MMM」
    • TCD クエリは下記のとおりです:
      DbDateTime > 「YYYY-MM-DD HH Termination_Call_Detail から『*』 を選択 して下さい: MM: SS.MMM」および DbDateTime < 「YYYY-MM-DD HH: MM: SS.MMM」

CLI 例

: これらの操作がシステムに影響を与えるかもしれない従って時間外または遅い時間の間にこの作業をしたいと思う場合もある警告されます。

2 つのツールがあります: 診断フレームワーク ツールおよびシステム CLI ツール。 両方ともデスクトップのまたは各サーバのプログラム ディレクトリの下のアイコンです。

このプロシージャはトレースのために統一されたシステム CLI を使用する方法を記述します。

  1. 統一されたシステム CLI アイコンを、そしてドメインとのログインおよびユーザ名クリックして下さい。 (この例で、ドメイン管理者はの前にログオンしました、従って CLI は既にドメイン(JecodyEntLab)およびユーザネーム(Jcody)を識別しています。

    116165-trouble-ucce-trace-01.png

  2. パスワードを入力します。

    116165-trouble-ucce-trace-02.png

  3. インスタンス名を入力して下さい; この例では、それは v802 です。 サービスの 1 つで PG で検知 して下さい; インスタンス名はサービス名の最初の一部です。

    116165-trouble-ucce-trace-03.png

  4. インスタンス名を検索す単純な方法はサーバで動作しているサービスを検知 することです。

    116165-trouble-ucce-trace-04.png

  5. 歓迎メッセージが表示されたら、このコマンドを入力して下さい:

    show tech-support absdatetime mm-dd-yyyy:hh:mm mm-dd-yyyy:hh:mm redirect dir c:\temp
    1. 最初の mm-dd-yyyy を取り替えて下さい: hh: イベントの前におよそ 15 分である日時が付いているストリング mm の

    2. 第 2 mm-dd-yyyy を取り替えて下さい: hh: イベントが解決されたおよそ 15 分後ある日時が付いているストリング mm の

    3. イベントがまだ発生する場合、少なくとも 15 分を収集して下さい。

    4. これは X が順に次の数であるところで clioutputX.zip と名付けられるファイルを生成 します。

      116165-trouble-ucce-trace-05.png

  6. プロセスが完了したら、ディレクトリの clioutputX.zip ファイルを探して下さい:

    116165-trouble-ucce-trace-06.png

    : このファイルはこのサーバのすべてのサービスのためのすべての UCCE 関連のファイルが含まれているので一般的に非常に大きいです。

  7. 1 ログだけ必要とする場合、より古い Dumplog ユーティリティを使用するか、または診断フレームワーク柱廊玄関を使用することそれを容易見つけるかもしれません:

    116165-trouble-ucce-trace-07.png

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116165