スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

M1/F1 からの F2 モジュールへの vPC 移行

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は F2 モジュールに基づいている vPC ドメインに M1 か M1/F1 モジュールを使用する仮想ポート チャネル(vPC)ドメインから移行するために使用されるプロシージャを記述したものです。 M1 または M1/F からの F2 モジュール ベースの vPC スイッチへの移行は予定された機能停止 ウィンドウで計画する必要がある分裂的な移行です。 この資料に説明があるプロシージャは中断を最小に します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Charles Youssef

移行 スコープ

この資料に説明があるプロシージャは Cisco Nexus 7000 シリーズ(N7k)を切り替えます、または vPC ドメインの一部、vPC ピア リンクおよび非ピア リンク インターフェイスの M1 および F1 モジュールの組み合せがあるデフォルト以外の仮想デバイス コンテキスト(VDC)カバーします。 いくつかの使用できる組み合わせ例はここにあります:

  • すべての M1 モジュール
  • M1 のピア リンクの混合された M1 および F1 モジュール
  • F1 のピア リンクの混合された M1 および F1 モジュール
  • すべての F1 モジュール

制約および前提条件

次のような制約か制限は移行 プロシージャをさらに困難にします:

  • F2 モジュールは M1 か F1 モジュールとの同じ VDC で共存できません。 F2 インターフェイスは自身の F2-only VDC を必要とします。 この設定に続かない場合、F2 インターフェイスは使用不可能な VDC である VDC #0 に自動的に割り当てられます。

    例:
    N7k1# show vdc membership
    vdc_id: 0 vdc_name: Unallocated interfaces:
            Ethernet3/1           Ethernet3/2           Ethernet3/3
            Ethernet3/4           Ethernet3/5           Ethernet3/6
    <snip>


  • vPC ピア リンク インターフェイスは Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS インターフェイス コンフィギュレーション ガイドCisco NX-OS リリース 6.2 セクションの vPC ピア リンクおよび I/O モジュールサポートに記述されているように vPC 両方同位の同じモジュールタイプでリリース 6.x ある必要があります。

    たとえば、反対側で一方で M1 インターフェイスと F2 インターフェイスから成っている vPC ピア リンクはサポートされません。 ピア リンクは両方の vPC ピア スイッチの M1-only ポート、F1-only ポート、または F2-only ポートで構成されるはずです。

  • 電流 N7k シャーシにすべての必須 F2 モジュールをホストする十分な空のスロットがない場合新しいシャーシは各々のフルロードされした スイッチの移行 プロシージャのために必要で既に存在 します。

  • M1 vPC ドメインで使用される L3 サブネットの自由な IP アドレスがあることを好みます。

移行手順

シャーシがすべての必要な F2 モジュールをホストできる F2 移行への M1 のためのプロシージャはここに説明されます。 F2 移行への F1 は非常に類似したです。

初期設定

  1. 予備ステップを完了して下さい。 (ネットワーク影響: なし)

    1. 現在の実行コンフィギュレーションをバックアップして下さい。

    2. 6.0(x) をまたは F2 モジュールをサポートする以降のリリースをリリースするために Nexus オペレーティング システム(NX-OS)ソフトウェアをアップグレードして下さい。 アップグレード パスについての詳細はリリース ノートで利用できます:


    3. まだインストールされていない場合 VDC ライセンスをインストールして下さい。


  2. 新しい F2 VDC を作成して下さい。 (ネットワーク影響: なし)

    1. F2 モジュールのための新しい VDC を(F2 だけへの制限モジュールタイプ)作成し、それに F2 インターフェイスを割り当てて下さい。

    2. ユニークな vPC ドメイン ID がある F2 VDC のための新しい vPC ドメインを作成して下さい。 vPC ドメイン ID は各々の隣接 する L2 ネットワークごとにユニークであるはずです。

    3. F2 vPC ドメインは両面 vPC によって電流 M1 vPC ドメインにそれから接続されます。 M1 vPC ドメインは Spanning Tree Protocol (STP)ルートに残るはずです。 新しい F2 VDC が作成されれば、このようにネットワークな:



  3. から F2 ドメインへの vPC リンクを M1 ドメイン移動し始めて下さい。 (ネットワーク影響: 緩和して下さい)

    vPC によって接続されるダウンストリーム アクセス スイッチで M1 ドメインの 2 つの Nexus スイッチの 1 つに接続するマルチシャーシ EtherChannel (MEC)アップリンク port-channel のメンバーをシャットダウンして下さい。 それらのリンクは F2 ドメインにそれから移動されます。

    : 同じ vPC 数は同じダウンストリーム vPC 接続のための F2 ドメインで再使用することができます。 vPC 数に同じ vPC ドメイン内の 2 vPC 同位間のだけローカルな重要性があります。



    このステップが完了するとき、ダウンストリーム スイッチはネットワーク帯域幅を減らしました。 またハッシュするスイッチ 1 から切断されていたスイッチ 1 でダウンストリーム スイッチに向かい、M1 ドメインの vPC ピア リンクはデータプレーン トラフィックのためにもっと使用されます。

    ネットワークは以下のようになります:

  4. M1 ドメインから F2 ドメインへの残りのリンクを移動して下さい。 (ネットワーク影響: 高い)

    1. アクセス スイッチで、まだアップであるシャットダウンし、(ないシャットダウン)ステップ 3.の F2 ドメインに移行されたリンクを有効に して下さい残りの MEC メンバーリンクを。 このステップは悪影響を及ぼします。

      このステップの間に、すべての L3 サービスはまだ M1 ドメインで動作します。 F2 ドメインはダウンストリーム スイッチと M1 ドメイン間の L2 接続を提供します。
    2. F2 ドメインへのステップ 4 でシャットダウンされた移動し、アクセス スイッチで(ないシャットダウン)有効に して下さいリンクを。 アクセス スイッチ アップリンクのオリジナル帯域幅は今復元する。

  5. F2 ドメインに L3 アップリンクを追加して下さい。 (ネットワーク影響: Moderate*)

    *自由な IP アドレスが M1 ドメイン アップリンクに使用する L3 サブネットで利用できる場合このステップはより少なく分裂的です。 さもなければ、より多くの中断という結果に終る Nexus M1 ドメインのオリジナル IP アドレスは F2 ドメイン アップリンクで再使用されます。

    1. L2/L3 分界点は M1 ドメインから F2 ドメインに最初のホップ 冗長性 プロトコル(FHRP)設定[Hot Standby Router Protocol (HSRP) /Virtual ルータ 冗長性 プロトコル(VRRP) /Gateway ロード バランシング プロトコル(GLBP)を]含む F2 ドメインへ Switch Virtual Interface (SVI)の設定を移行することによって移られます。

    2. 同じ FHRP グループは M1 および F2 両方でドメイン使用することができます。 優先順位フィールドはどのドメインがアクティブなゲートウェイであるはずであるか影響を及ぼすために調整されます。 HSRP の例では、グループにそれから 4 人のメンバーがあります: LISTEN 状態の 1 アクティブ、1 スタンバイ、および 2。

    3. ルーティングコンフィギュレーションは F2 ドメインで現在のルーティング セットアップによって(OSPF/Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP) /static ルーティング)適用されます。 よいオプションは F2 ドメインのルーティングおよび SVI インターフェイスを設定し、M1 ドメインによって上下流によって好まれる L3 パスを保存することです。

    4. すべての L3 インターフェイスがアップであり、FHRP および内部ゲートウェイ プロトコル(IGP)が隣接関係確立されたら、もっと F2 ドメインによって好まれる優先 する ダウンストリーム L3 パスを作って下さい。

    5. vPC VLAN のための L3 ゲートウェイを F2 ドメインに移行するために、FHRP 優先順位を変更して下さい。



  6. F2 ドメインに残りの使用された機能を移動して下さい。 (ネットワーク影響: 緩和して下さい)

    使用する F2 ドメインに-マルチキャストプロトコル 独立 した マルチキャスト(PIM)のような…残りの L3 機能を、DHCPリレー、Policy Based Routing(PBR)、また Quality of Service (QoS)またはセキュリティとコンフィギュレーション、移動して下さい。

  7. F2 ドメインに孤児ポートを移行して下さい。 (ネットワーク影響: High*)

    *孤児ポートだけに接続されるホストに関しては。

    孤児ポートは vPC VLAN を転送しているが、vPC の一部分がないポートです。 それらのポートは vPC ドメインのどちらかのスイッチに単一ホーム デバイスを接続します。

    次に孤児ポートを移行するために、新しい vPC ドメインに設定および物理リンクを移動して下さい。



  8. M1 ドメインを取除き、確認チェックを実行して下さい。 (ネットワーク影響: なし)

    F2 ドメインの vPC/L2/L3 状態を確認し、接続テストが正常であることを確認して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116424