スイッチ : Microsoft Hyper-V 向け Cisco Nexus 1000V スイッチ

超V サーバコンフィギュレーション例の Nexus 1000v Quickstart

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Microsoft (MS) Windows 超V サーバ 2012 を設定し、ドライバをインストールし、システム センター仮想マシン マネージャ(SCVMM)にそれを追加する方法を記述されています。 それはまた Cisco Nexus 1000v シリーズ スイッチをインストールし設定する方法を記述し Nexus 1000v に仮想マシン(VM)を追加します。

クリス ブラウンによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

この資料は MS Windows 超V サーバ 2012 および Cisco Nexus 1000v シリーズ スイッチをもたらします。 ただし、フェールオーバー クラスター リングのような基本的な Windows 機能 設定およびインストールとのエクスペリエンス/ナレッジが、あるはずです。

これらはこの配備のための必要条件です:

  • Active Directory
  • Domain Name Server (DNS)
  • 2 つの管理/インフラストラクチャ超V ホスト
  • 少なくとも 1 データ超V ホスト
  • SCVMM サーバ
  • Windows 2012 Jumpserver

このイメージは Cisco Nexus 1000v シリーズ スイッチ 配置ガイドから撮られます:

使用するコンポーネント

この配備は超V のために Microsoft 超V 2012 サーバ 2012、Nexus 1000v、および SCVMM を使用します。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

超V コアは Windows サーバ 2012 に平行してリリースされました。 それは(GUI を意味しないサーバ 2012、だけ CLI)のサーバ コア インストールを経営し、超V およびいくつかだけをクラスタ処理のような関連ロール、実行する。 これの長所は、超V コアが完全に自由であることですサポートを除いて。

Install ウィンドウ超V サーバ

超V サーバは意味する他の Windows インストールのようにこれらのステップを完了しなければならないことをインストールします、:

  1. ストレージ エリア ネットワーク(SAN)ストレージを使用する場合 1 にストレージにパスを削減して下さい。
  2. インストール ウィザードを使用するとき必須ドライバをインストールして下さい。

超V サーバインストール プロセスはこの資料の範囲外にあります。 ただし、それは他の Windows インストールのようにはたらきます。

Windows コアへの紹介

2008 年に導入された MS はサーバ コアを促進しています。 超V の自由なバージョンは Windows コアがだけ付いています。 ただし、完全なインストールと、再度ブートするとの 2 の間で移動できます。

Windows コアにログイン するとき、そこに 2 つのウィンドウはありますか。 正常なコマンド プロンプトおよび System Configuration ウィザード。

 

基本インストール/メンテナンスを行うために使用するここに多くのオプションがあります。 次の セクションでカバーされる第一歩は Network Interface Controller (NIC)カードのためのドライバをインストールすることです。

コマンド プロンプトから PowerShell に得るため、型 PowerShell

標準 CMD 行よりもむしろ PowerShell にいることをコマンド プロンプトが示す前に PS

CLI ウィンドウを偶然閉じる場合、ctrl+alt+del を押し、それを再度起動させるためにタスク マネージャを開いて下さい:

System Configuration ウィザード ウィンドウを閉じる場合、それを再度開くために sconfig.cmd をタイプして下さい。

ドライバをインストールして下さい

ネットワーク通信のために必要であるイーサネット ネットワーク インターフェイス コントローラ(ENIC)ドライバをインストールして下さい。

  1. キーボード/ビデオ/マウス(KVM)ウィンドウの仮想 なメディアでドライバ CD をマウントして下さい。
  2. Windows ホストのコンソールにログイン するとき、サーバコンフィギュレーション ユーティリティを見ます。 型 14 CLI プロンプトに到達するか、または開いた他のウィンドウを使用するため。



  3. PowerShell に得るために PowerShell コマンドを入力して下さい(の前に、Windows コマンド プロンプトに単にありました)。



  4. すべての利用可能 なドライブをリストするために得PSDrive 軽量コマンド(コマンドレット)を使用して下さい CD ドライブが含まれている。 この場合、CD ドライブは E:\ です。



  5. インストールしたいと思うドライバ フォルダへのナビゲート。



  6. ドライバをインストールするために pnputil を- i - a. \ [ドライバ] .inf コマンド使用して下さい。



  7. ドライバがインストールされていることを確認して下さい。 このコマンドはドライバに基づいて変わります; ENIC の場合には、ipconfig コマンドを実行して下さい。



  8. DHCP を使用する場合、アドレスは準備ができるはずです。 さもなければ、サーバコンフィギュレーション ウィザードに戻し、sconfig.cmd コマンドで IP アドレスを設定して下さい。

ドメインに超V サーバを追加して下さい

Windows は信頼ドメインの複雑なセットに頼ります。 超V サーバを SCVMM に追加するか、またはリモートで サーバを管理するために、同じドメインのメンバーである必要があります。 ドメイン/ワークグループ信頼のその逆がこれありますが、それらはこの資料の範囲外にあります。

  1. サーバコンフィギュレーション ウィザードを起動させるために sconfig.cmd コマンドを入力して下さい。



  2. Domain ウィザードを起動させるために 1 つを入力して下さい。 これはドメインにサーバを追加するために使用されるプロセスによってガイドします。



  3. 適切な資格情報とドメインおよびログインを使用して下さい。
  4. 設定は実施されたことを示すウィンドウが現われなかったら、新しい設定を実施されてもらうためにシャットダウンのコンピュータを- r コマンド リブートして下さい。
  5. jumpserver の DNS マネージャとのホストのための DNS エントリを追加して下さい。

リモートアクセスをイネーブルにして下さい

多くの方法がサーバ コアにリモートアクセスするためにあります。 推奨は Microsoft Management Console (MMC)です。

MMC

  1. netsh advfirewall ホストの一定 allprofiles 状態を実行して下さい。
  2. Windows 2012 jumpserver では、サーバマネージャを開き、すべてのサーバを右クリックして下さい。
  3. ホストを捜し、サーバマネージャにそれを追加して下さい。


    ローカルマシンにあったようにサーバマネージャを使用するようになることができます。

リモート デスクトップ

管理者のための遠隔デスクトップ結合を有効に するためにコマンド プロンプトから cscript C:\Windows\System32\Scregedit.wsf /ar 0 を実行して下さい。

このときアカウントの有能なリモート デスクトッププロトコル(RDP)です管理者アクセス権をアクセスできる。 またオプション 7.のコンフィギュレーション ウィザードからこれを有効に することができます

Windows リモートシェル

  1. remote コマンド プロンプトを有効に するために WinRM quickconfig を実行して下さい。



  2. 同じドメイン上のマシンから、winrs を- r 実行して下さい: [クエリ] [コマンド]コマンド。

リモート PowerShell

これはリモートシェルに類似したですが、PowerShell 完全なアクセスを可能にし、セキュア シェル(SSH)のようなリモートコンピュータに接続することを可能にします。

  1. リモートホストで、イネーブルPSRemoting を実行して下さい-コマンドを強制して下さい



  2. リモートマシン実行で入ってPSSession 下さい-コンピュータ名[computer_name]

追加ロールをインストールして下さい

サーバが jumpserver の MMC に追加されれば、追加を実行でき、/ロールを取除き、jumpserver からのウィザードが組み込まれ、他のサーバのようなリモートサーバにロールを追加します。 必要である、また超V クラスタのために必要であるフェールオーバー クラスター リング機能場合多重通路 I/O (MPIO)をインストールするためにこれを今して下さい。

  1. サーバコンフィギュレーション ユーティリティを開いて下さい。
  2. > Add ロールおよび機能を管理するナビゲート。
  3. 超V サーバを選択して下さい。
  4. Fibre Channel (FC)を使用したら、およびフェールオーバー クラスター リングをインストールして下さい MPIO
  5. 第 2 ホストのために繰り返して下さい。

追加設定

  1. 機能がインストールされていたら MPIO ウィザードを起動させるためにコマンド プロンプトからの mpiocpl コマンドを使用して下さい。

  2. CLI からのディスクを設定するために、これらのコマンドを使用して下さい:
    • 得ディスク 利用可能 な ディスクをリストするため
    • 設定ディスク-第 X - IsOffline $false ディスク オンラインを持って来るため
    • 初期化ディスク X ディスクを初期化するため
    • 新パーティション[Disk_Number] - UseMaximumSize - MBRType - AssignDriveLetter パーティションを作成するため
    • 形式音量- DriveLetter [DriveLetter]ドライブをフォーマットするため

  3. jumpserver からクラスタ処理 ウィザードを起動させ、クラスタに 2 つのホストを追加して下さい。

SCVMM に超V ホストを追加して下さい

この場合基本的な Windows インストールがあります-ドライバはインストールされています、IP は設定されます、ドメイン上のあり、リモートで ボックスを管理できます。 それは vCenter の等量の SCVMM にホストを追加する時間です。 超V マネージャを実行するホストがあれば、ホストをそれを管理するためにそれを指すことができます。 ただし、これは vCenter よりもむしろ ESXi ホストに直接ログイン することに類似したの基本管理です。

このセクションは SCVMM に新たに提供された超V ホストを追加する方法を記述します。

  1. jumpserver への RDP、およびドメイン アカウントのログイン。
  2. デスクトップから仮想マシン マネージャ コンソールを起動させて下さい。 インストールされるこれがない場合 SCVMM ISO からそれをインストールできます。



  3. SCVMM サーバの方のコンソールを指し、使用現在の Microsoft Windows セッション Identityオプション・ボタンをクリックして下さい。



  4. SCVMM に今あります。 すべてのホスト フォルダを右クリックし、ホスト グループを『Create』 を選択 して下さい。 説明的なタイトルとこれを挙げて下さい。



  5. 新しく作成されたホスト グループを右クリックし、超V ホストおよびクラスタを『Add』 を選択 して下さい。



  6. 信頼されたアクティブ ディレクトリ Domainオプション・ボタンの Windows サーバ コンピュータをクリックして下さい。



  7. 使用をアカウント オプション ボタンとして動作する存在クリックして下さい。 これはウィザードが追加するホストにログインを使用するアカウントです。



  8. 追加する必要があるサーバの DNS名を入力して下さい。



  9. Next 画面で、追加する必要がある検出されたサーバを選択して下さい。 この画面のサーバが戻り、検索パラメータを修正するのを表示できなければ。



  10. 必要に応じて設定を修正して下さい。 たとえば、デフォルトパスを変更できます。



  11. イネーブル ライブ移行必要であれば。 同様に使用 specifiy ネットワークできます。



  12. 変更を確認し、受け入れて下さい。 エラーを修正するようにして下さい。

接続とのトラブルがそれエラー、(たとえばあったら)、これらのステップを完了して下さい:

  • コマンドを離れた PowerShell netsh advfirewall 一定 allprofiles 状態との Disable ウィンドウ ファイアウォール。
  • 正しい資格情報を使用することホストがドメイン上のあることを確かめれば。
  • 頻繁にこの場合有用であるので Windows エラー ログを見て下さい。

超V の Nexus 1000v

超V の Nexus 1000v は VMware の Nexus 1000v とデフォルトで非常に個別に設定されます。 これは超V の Nexus 1000v が超V のネットワーキング アーキテクチャによるネットワークセグメンテーション 機能にとても依存するという理由によります。 それらがどのように相互に作用しているか異なる用語の手っ取り早い概観はここにあり、:

  • ロジカルネットワーク-ロジカルネットワークはある特定のネットワークが含まれている汎用バケットです。 たとえば、DMZ はロジカルネットワークであり、本番は別のものです。
  • セグメント プール-セグメントの収集 ロジカルネットワークに属する。 たとえば、それらは RTP のための 1 つのプールのような異なるサイト、および SJ の 1 プールのためであるかもしれません。
  • セグメント-これはネットワークのアクセス機能が定義されるところです。 これは VLAN を割り当てるところです。
  • ポート プロファイル-ポリシーの収集、ない接続。 Quality of Service (QoS)、Access Control List (ACL)および他はここに属します。
  • IPプール-これはセグメントに割り当てられます。 ほとんどの場合重要ではありません。 しかし、管弦楽法をするとき、SCVMM は自動的にこのプールからのアドレスを割り当てることができます。
  • イーサネット-これはホストからのアップリンクです。 アップリンクの各セットはある特定のセグメント プールを可能にします。
  • vEthernet -これは VM のインターフェイスです。 それはポリシーのためのポート プロファイルおよび VLAN のためのセグメントを受継ぎます。
  • VMnetwork -これは SCVMM 側の IPプールと結合されるセグメントです。
  • ポート分類-これは SCVMM のポート プロファイル ポリシーを示します。

継承チェーンを説明するダイアグラムはここにあります:

使用して下さい仮想 な 監視プログラムモジュール(VSM)をインストールするためにインストーラ アプリケーションを

新しいインストールのためにこの方式を使用して下さい-インストーラ アプリケーションはバーチャル スイッチを備えていないホストだけを示します。 これは VSM をインストールし、基本設定を提供します。 それを手動でインストールする場合製品をよりよく理解するのでインストールするのにこれを使用しないで下さい。 ただし、それは参照用にここに含まれています。

  1. ドメイン 資格情報が付いている jumpserver へのログイン。
  2. Windows Explorer ウィンドウを開き、[n1k バンドル] \ VSM \ Installer_App にナビゲート して下さい。
  3. Cisco.Nexus1000VInstaller.UI.exe を右クリックし、管理者として『Run』 を選択 して下さい。



  4. 必要条件を検討して下さい。 [Next] をクリックします。
  5. SCVMM サーバ 詳細を入力して下さい。 管理者 アカウントを使用することを確かめて下さい。



  6. Next ページで、基本的な Nexus 1000v 設定を頼まれます。 必要に基づいてこれを一杯にして下さい。 VSM ISO は VSM フォルダにあり、VEM .msi は VEM フォルダにあります。 現在 不具合が、このウィザードはバーチャル スイッチ(vSwitch ことを)が付いているホストを定義される既に見ることを防ぐ Cisco バグ ID CSCuh36072 あります。 超V サーバは既に作成される vSwitch が付いています。 このような理由で、vSwitch を削除する必要があります煩わせて下さい。 次にそれを削除するために、ホストを右クリックして下さい、プロパティおよびバーチャル スイッチに行って下さい。



  7. 設定を確認し、インストールを始めるために『Next』 をクリック して下さい。 インストールは約 10 から 20 分かかります。



このウィザードが完了する後、VSM にログイン できます。 Admin/Admin はデフォルト インストールです。

手動で Nexus 1000v をインストールして下さい

このセクションは手動で幾つかのケースで役立つ Nexus 1000v シリーズ スイッチをインストールする方法を記述します:

  • 既に存在 する システムの統合。 手動インストール 方式はずっと粒状で、どのように統合か丁度制御することを可能にします。
  • 製品のより深いナレッジ。 この方式はよりよく解決し、拡張することもっと簡単にするすべてがどのように統合か理解することを可能にします。
  • インストーラにおける問題。 インストーラにおいての問題に出会う場合、手動法を使用できます。

VSM を手動でインストールして下さい

環境に VSM をインストールする必要がある場合この方式を使用しま既に存在 します。 この方式はあなた専有物を構築するかわりにインフラストラクチャをその既に存在使用することを可能にします。

Part 1 - SCVMM セットアップ

このプロシージャはただ SCVMM サーバひとつにつき一度される必要があります。

  1. SCVMM サーバでプロバイダ MSI をインストールして下さい。
  2. VSM テンプレートをインポートして下さい。
    • SVCMM サーバで、PowerShell を開いて下さい。
    • Register-Nexus1000vVsmTemplate.ps1 スクリプトを実行して下さい。
    • SVCMM リポジトリ ALLUSERSPROFILE% \スイッチ 拡張 ドライバ仮想 な イーサネットモジュール(VEM)をコピーして下さい。
    • ロジカルネットワークファブリック > ロジカルネットワーク)を作成し、標準スイッチと関連付けて下さい(スイッチをそれにロジカルネットワークを割り当てるために作成するためにホスト、Propertiesバーチャル スイッチおよびハードウェアを右クリックして下さい)。 これはこのネットワークに VM を置くことを可能にします。

Part 2 - VSM 配備

  1. ライブラリ > ライブラリ サーバに行き、ライブラリ サーバに VSM .iso をアップロードして下さい。
  2. Infra1 を右クリックし、仮想マシンを『New』 を選択 して下さい。
  3. Nexus1000v-VSM-Template を選択して下さい これは PowerShell スクリプトが Part 1 で動作したときに登録されていました。



  4. VSM を挙げて下さい。
  5. Part 1 で作成されるネットワークにネットワークアダプタを接続して下さい。



  6. CD ドライブで CD をマウントして下さい。
  7. フェールオーバー クラスターに VSM をインストールする場合その時だけ)スクロールし、アベイラビリティの下でハイ アベイラビリティ(HA)を有効に して下さい(これは必要です。
  8. インフラストラクチャ ホストに VSM を置いて下さい。
  9. VM が展開されたら、KVM を起動させ、初期設定 ウィザードを通って実行して下さい。

パート 3 - VSM 基本設定

  1. イネーブル ネットワーク セグメンテーション マネージャおよび HTTPサーバ
    chrisb2-hyperv#
    chrisb2-hyperv# configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    chrisb2-hyperv(config)# feature network-segmentation-manager
    chrisb2-hyperv(config)# feature http-server
    chrisb2-hyperv(config)#
  2. VLAN のための IPプールを作成して下さい。 これらは VM に割り当てる IP です。 それらは定義される必要がありますが SCVMM がオートメーションを提供する場合その時だけ使用されます。
    nsm ip pool template VLAN124
    ip address 14.17.124.80 14.17.124.250
    network 14.17.124.0 255.255.255.0
    default-router 14.17.124.254
  3. ロジカルネットワークを作成して下さい。 DMZ のように何かを持っていなければだけ 1 つのロジカルネットワークを必要とします。
    nsm logical network chrisb2-CALO
  4. ネットワークセグメント プールを作成して下さい。 ロジカルネットワークのそれにメンバーをして下さい。
    nsm network segment pool chrisb2-RTP
    member-of logical network chrisb2-CALO
  5. 複数のセグメントを、各アクセス VLAN のための 1 つ作成して下さい。
    nsm network segment chrisb2-124
    member-of network segment pool chrisb2-RTP
    switchport access vlan 124
    ip pool import template ip_pool_124
    publish network segment
    switchport mode access
  6. VM のためのポート プロファイルを作成して下さい。 VLAN にここにアクセスする必要がありません。 ポート プロファイルがポリシーの収集単にであることを覚えていて下さい。
    port-profile type vethernet defaultAccess
    no shutdown
    state enabled
    publish port-profile
  7. ネットワークセグメンテーション マネージャ(NSM)アップリンクを作成して下さい。 割り当てネットワークセグメント pool コマンドはこれらのセグメントがこのアップリンクを与えられることを SVCMM に告げます。 これはホストのために必要セグメントを見るためです。
    nsm network uplink UPLINK
    switchport mode trunk
    publish network uplink
    allow network segment pool chrisb2-RTP
  8. ポート チャネルのようなあらゆる必要なポリシーの作成されたポート プロファイルを、修正して下さい。
    port-profile type Ethernet UPLINK
    channel-group auto mode on mac-pinning

Part 4 - SVCMM 基本設定

  1. ファブリックへのナビゲートは、ネットワーキングを拡張し。 スイッチ 拡張マネージャを右クリックし、バーチャル スイッチ 拡張マネージャを『Add』 をクリック して下さい。



  2. 接続 設定を入力して下さい。 接続 ストリング アドレスは http://your_VSM_IP_address です。
  3. 『Browse』 をクリック し、Nexus 1000v にログインに資格情報でアカウントとして実行を作成して下さい。



  4. [Next] をクリックします。
  5. ホスト Groups パネルで、バーチャル スイッチ 拡張マネージャを使用できる選択し『Next』 をクリック して下さいホスト グループ全員を。



  6. サマリ パネルでは、設定を確認し、『Finish』 をクリック して下さい。 スイッチ 拡張は今作成する必要があります。

Part 5 -論理的なスイッチを作成して下さい

  1. SCVMM ユーザインターフェイスで、左ナビゲーション パネルのネットワーキングの下でファブリック、そして論理的なスイッチをクリックして下さい。 論理的なスイッチを右クリックし、論理的なスイッチを作成して下さい



  2. 使用する前に ページで『Next』 をクリック して下さい。 手順を検討し、『Next』 をクリック して下さい。
  3. 論理的なスイッチのための名前および説明を入力して下さい。



  4. 拡張 パネルでは、バーチャル スイッチ 拡張はリストされています。 作成した VSM 拡張を選択し、『Next』 をクリック して下さい。

    : 1 つの転送拡張だけ選択することができます。





  5. アップリンク パネルでは、この論理的なスイッチの一部であるアップリンク ポート プロファイルを規定 して下さい。 アップリンク ポート プロファイルは論理的なスイッチの例が作成されるホストの利用可能です。 団結するためにアップリンク モードを設定 して下さい。

    : 単一 アップリンクか複数のアップリンクを使用するかどうか、モードはチーム常にであるはずです。

  6. アップリンク ポート プロファイル フィールドで、『Add』 をクリック して下さい。 追加アップリンクポート Profile ウィンドウは開きます。





  7. [Next] をクリックします。 Next 画面で、分類 ウィザードを開始するために『Add』 を選択 して下さい。



  8. 作成したポート プロファイルおよび VSM を選択して下さい。 ポート 分類を作成するために『Browse』 をクリック して下さい。 (A ポート 分類はインターフェイスに適用するべきポリシーの収集です-これがポート プロファイルが定義するものであることを覚えて下さい!)





  9. ポート 分類のための名前および説明を規定 して下さい。





  10. ちょうど作成したポート プロファイル 分類を選択し、『OK』 をクリック して下さい。





  11. 仮想ポートを追加することを終わるために『OK』 をクリック して下さい。 作成論理的なスイッチ ウィザード ウィンドウを閉じるために『Next』 をクリック して下さい。

Part 6 -セグメントに基づいて VMNetworks を作成して下さい

  1. VM およびサービスに行き、VM ネットワークを右クリックし、VM ネットワークを『Create』 を選択 して下さい。



  2. それにわかりやすい名前をつけ、ロジカルネットワークを選択し、『Next』 をクリック して下さい。



  3. 分離に関しては、外部に供給された VM ネットワークを選択し、ネットワークセグメントを選択して下さい。



  4. ウィザードを終了します。 この場合この VLAN の VM を展開できます。

DVS にホストを追加して下さい

論理的なスイッチにホストを追加するとき、VEM は自動的にインストールされています。

  1. > すべてのホストはファブリックに行きます。
  2. 第 2 ホストを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。
  3. バーチャル スイッチをクリックして下さい。
  4. バーチャル スイッチを > 新しく論理的なスイッチ 『New』 を選択 して下さい。
  5. Nexus 1000v 論理的なスイッチに NIC を接続して下さい。



  6. モジュールが VSM の show module の下で現われることを確認して下さい。



  7. VM を作成された分類およびセグメントに接続し、次に接続を確認して下さい。

手動で VEM をインストールして下さい

SCVMM が VEM をインストールしなかった場合、VEM をインストールするためにこのコマンドを使用できます:

msiexec.exe /i [Path_to_N1k_bundle]\VEM\Nexus1000v-VEM-5.2.1.SM1.5.1.0.msi

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116355