Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco Unified SIP Proxy

Cisco Unified SIP プロキシ コール処理

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Cisco Unified Session Initiation Protocol (SIP) プロキシがコールルーティングの決定をどのように作るかこの資料に記述されています。

Ajeet Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified SIP プロキシ(先端)のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

先端処理モデル

ネットワーク

このセクションは先端コール処理 フローで使用されるネットワークの概念を記述します。

  • ネットワークは一般のルーティング目的で同じ扱われるローカルインターフェイスの論理的な集まりが含まれています。
  • SIP メッセージは、到達にメッセージが受け取られるネットワークと、関連付けられます(着信 ネットワーク)。
  • 発信 ネットワークは先端のルーティング ロジックの一部分として設定 され、メッセージは一定ネットワークに転送されましたり/送られます。
  • 各 SIP ネットワークにこれらのプロパティがあります:
    • リッスン ポイントは-ネットワークごとの複数のリッスン ポイントがある場合があります
    • サーバグループ- Cisco Unified Communications Manager (CUCM)のようなサーバグループ(SG)の要素は、クラスタ化します
    • SIP タイマー-再送信数
    • PING オプション- SG の各要素の健全性を監視し、ネットワークごとに設定されます
    • レコード ルート-ルーティング テーブルがあるので呼び出し状態は保存されません
    • ヘッダ除去によって-トポロジーを隠すため

次に例を示します。

sip listen Net-PSTN udp 14.128.100.169 5060

 !
sip network Net-PSTN standard
  no non-invite-provisional
  allow-connections
  retransmit-count invite-client-transaction 3
  retransmit-count invite-server-transaction 5
  retransmit-count non-invite-client-transaction 3
  retransmit-timer T1 500
  retransmit-timer T2 4000
  retransmit-timer T4 5000
  retransmit-timer TU1 5000
  retransmit-timer TU2 32000
  retransmit-timer clientTn 64000
  retransmit-timer serverTn 64000
  tcp connection-setup-timeout 1000
  udp max-datagram-size 1500
  end network
 !

トリガ

このセクションはどんなトリガーがある、そしてどのように使用されるか記述します。

  • トリガーはどのルーティングおよび正規化 ポリシー SIP 要求に適用されるか判別するために使用される諸条件です。
  • トリガー状態はある特定のヘッダに対して一致規則か SIP メッセージ、ネットワークおよびトランスポート タイプ(UDP、TCP、Transport Layer Security (TLS))内のフィールドを定義します。
  • トリガーは各々の受け取った要求のための本当か偽として評価されます。
  • 条件が本当である場合、プリセットする 動作は呼び出されます。
  • およびオペレーションはヘッダの規定によって実現しますまたは単一トリガー状態のフィールドは命じます。
  • またはオペレーション複数のトリガー条件と、シーケンス番号によって識別されるそれぞれ実現させます。
  • 条件はシーケンス番号に基づいて昇順で評価されます。
  • 中間ダイアログ状態はポリシー ステップが中間ダイアログ メッセージのためにスキップされるように、最初のものです。

次に例を示します。

trigger condition TC-from-CUCM
  sequence 1
   in-network Net-CUCM
    method INVITE
    end sequence
  sequence 2
   in-network Net-PSTN
   local-port 5060
   end sequence
end trigger condition

ルックアップ ポリシーのルーティング

このセクションは先端コール処理 フローのためのルーティング ルックアップ ポリシーを記述します。 

  • 各ルーティングポリシーは表でルックアップを行うためにステップおよびそれぞれのシーケンスが規定 されると同時に表現されます。
  • 先端は順序で各ステップを実行します:
    • 各ステップに選択可能 キーがあります。
    • ステップがルートを生成 する場合、そのルートは使用されます。
    • ステップが「非一致という結果に終る場合」、次 の ステップは試みられます。
  • SIP 要求は単一 の 宛先またはルート グループ(RG)にルーティングされるできます。
  • ポリシーに RG 内のマルチレイヤ ルート前進があり、設定可能なフェールオーバー SIP 応答コードがあります。
  • ポリシ ベースの要求拒絶は組み込まれます(4xx 応答以上に)。
  • ネスト化した ポリシーは許可されます。
  • 表ベースのルーティングは使用されます、これらのプロパティがある:
    • それは表(10,000+)の多数のルーティングをサポートします。
    • 表のルーティングは CLI かルート ファイルによって読み込まれます。
    • ルックアップキーは呼出すことのような、および着番号、キャリア数をルーティングするコードおよび位置使用されます。
    • 適用範囲が広いルール一致は「最も長いプレフィックス照合のような使用されます」。

正規化 ポリシー

このセクションは先端コール処理 フロー 正規化 ポリシーを記述します。 

  • 設定されたポリシーに基づく SIP ヘッダは正規化です。
  • 正規化は SIP ヘッダの付加、修正および削除を含みます。
  • それは SIP 両方要求および応答に適当です。
  • 異なる SIP サーバの間の非互換性か相互問題を解決することを使用します。
  • それはロジックをルーティングする前か後に実行されます実行されたことができます(前正規化および後正規化)。
  • 正規化ロジック:
    • 正規化 ポリシー- SIP メッセージへのどんな変更が行う必要があるか定義します。
    • 正規化 トリガー-正規化 ポリシーがどのように選択されるか定義して下さい。
  • ポリシーはステップで構成され、各ステップは SIP メッセージへの単一変更を規定 します。 次に、例を示します。
    • 数正規化
    • TEL/SIP 変換
    • ドメイン変換
    • 正規表現処理

プロセスを表示するフローチャートはここにあります:

先端前正規化 フロー

前正規化は SIP 要求の後にルーティング決定がなされる前に SIP メッセージの修正受け取られますであり。

この例では、SIP 定型 資源 識別子 (URI) 要求ユーザー領域は 4082022222 と存在が 2022222 であること値取替えられます。

!trigger pre-normalization sequence 1 policy CUCM-Prefix-408 condition TC-from-CUCM
!
policy normalization CUCM-Prefix-408
 uri-component update request-uri user 2022222 4082022222
 end policy
!

前正規化 フローチャートはここにあります:

先端ルーティング フロー

このセクションは先端ルーティング フローを説明します。 先端ルーティング フローチャートはここにあります:

先端ルート グループ フロー

このセクションは先端 RG をフローします記述します。

  • RG は奪取 する SIP 要求がかもしれないいくつものルートを規定 します(CUCM RG に類似した)。
  • 各ルートは要素で設定されます。
  • それに対応するルーティング トリガー状態が本当ように評価されるとき適当なルーティング テーブルのリストを作成するために、ルックアップ ポリシーは使用されます。
  • ルーティング テーブルの各エントリは特定の RG、SG、または特定の宛先を指します。
  • ルーティングは要素の間で正常まで進みます。 たとえば、CUCM クラスタにコールをルーティングしたいと思えばサブスクライバはパブリッシャが第 2 の間、1 要素である場合もあります。
  • 要素間のルート前進は受け取った SIP 応答で制御されます(フェールオーバー応答)。
  • RG の要素は異質です。 たとえば、1 ルートは Public Switched Telephone Network (PSTN)に CUCM および別のものの方に先頭に立ちます。
  • RG 要素は SG を指すことができます。
  • SIP 要求は Time Of Day に基づいてルーティングされます。

先端はこれらの操作をサポートします: 

  • RG 内の時間ベース ルーティング
  • RG または SG 内のパーセント/重量ベースのルーティング
    • これはプリセットする 重量に基づいてダウンストリーム要素間のトラフィックのロードバランシングを、可能にします。
    • それは優先順位/最少コストベースのルーティングに q 値を提供します。

ターゲット 宛先で SG が設定されている RG の例はここにあります:

!
route group RG-UC520
 element target-destination SG-UC520 Net-UC520 q-value 1.0
  failover-codes 502 - 503
  weight 0
  end element
 end route
!
server-group sip group SG-UC520 Net-UC520
 element ip-address 14.128.100.161 5060 udp q-value 1.0 weight 0
 failover-resp-codes 503
 lbtype global
 ping
 end server-group
!

先端ルート グループ フローチャートはここにあります:

先端サーバグループ フロー

このセクションは先端 SG フローを記述します。

  • SG は単一論理的なルートとしてダウンストリーム要素のクラスタその先端使用例です。
  • SG のメンバーは Cisco Unified Border Element (キューブ)のスタック/クラスタのような同質、です。
  • 要求はメンバー間で負荷バランシングされます。
  • SG の各メンバー(要素)の優先順位は q 値(0.0 によって割り当てられますか。 1.0)、最も高いのとして 1.0 と。
  • メンバー ヘルス モニタリング(PING)を SG 可能に。
  • SG はメンバー リカバリの自動リストアを可能にします。

    
ここにあります 2 つの要素(CUCM パブリッシャ および サブスクライバ)との SG の例は

!
server-group sip group SG-CUCM.ajeet.com Net-CUCM
 element ip-address 14.128.64.191 5060 udp q-value 1.0 weight 50
 element ip-address 14.128.64.192 5060 udp q-value 1.0 weight 100
 failover-resp-codes 503
 lbtype global
 ping
 end server-group
!

サーバグループ フローチャートはここにあります: 

先端後正規化 フロー

後正規化はそれらがネクスト ホップに転送される前に SIP メッセージの修正です。

この例では、SIP URI 要求のユーザー領域は 85224044444 と存在は 4444 あること値取替えられます:

!
trigger post-normalization sequence 1 policy UC520-Four-to-Full
condition TC-UC520-to-PSTN
!
policy normalization UC520-Four-to-Full
 uri-component update request-uri user 4444 85224044444
 end policy
!

後正規化 フローチャートはここにあります:

関連情報



Document ID: 116251