ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス LAN(WLAN)

アクセスポイント設定例の基本的な Wireless LAN 接続

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Ciscoアクセスポイント(AP)の使用の基本的な Wireless LAN (WLAN)接続を設定する方法をこと実行 Cisco IOS ® リリース 15.2(2)JB 自律コード説明されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、Varun Ajmani

前提条件

要件

Cisco はこの設定を試みる前にこれらのトピックの基本的な知識があることを推奨します:

  • ワイヤレス Radio Frequency (RF) テクノロジー
  • Cisco AP アクセス

この資料は PC またはラップトップの無線クライアント カードのためのドライバが既にインストールされていると仮定します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS ソフトウェア リリース 15.2(2)JB を実行する AP に Aironet 1040 シリーズ基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

このセクションは GUI の使用で AP を設定する方法を説明します。

GUI を使用して AP にアクセスする方法は 2 つあります。

  • デバイスに IP アドレスを割り当ててから、GUI でアクセスする。
  • DHCP で IP アドレスを取得する。

手順

IP アドレスを設定した後、ブラウザによって AP を設定するために AP にアクセスできます。

次の手順を実行します。

  1. GUI の AP にアクセスし、サマリーステータス ウィンドウを開くために、これらのステップを完了して下さい:

    • Webブラウザを開き、アドレス行で AP の IP アドレスを入力して下さい。
    • ユーザ名とパスワードを入力します。 デフォルトのユーザ名およびパスワードは Cisco です。


    サマリーステータス ウィンドウはここに示されているように、表示されます:



  2. 左の容易なセットアップをクリックし、次に『Network Configuration』 をクリック して下さい。

    容易な[Setup] ウィンドウは表示する。 無線接続を確立して必要であるいくつかの基本的なパラメータを設定するためにこのウィンドウを使用できます。 次に例を示します。



  3. 容易な[Setup] ウィンドウでこれらのコンフィギュレーションパラメータを入力して下さい:

    • AP のホスト名
    • IP アドレスが静的である場合、AP の IPアドレス設定
    • デフォルト ゲートウェイ
    • Username/Password
    • 無線 2.4GHz および無線両方 5GHz のための Service Set Identifier (SSID)
    • SSID セキュリティとコンフィギュレーションおよび他の特定のパラメータ

    ヒント: 容易なセットアップの下でリセットしました設定を AP かファクトリをリブートできます。



    ウィンドウ例はここにあります:

  4. 同じページで特定のセクションのための変更を保存するために『Apply』 をクリック して下さい。

  5. ネットワーク インターフェイス概略を表示するために、ネットワーク > ネットワーク インターフェイス > 概略にナビゲート します。



  6. GigabitEthernet ポート、無線 2.4GHz および無線 5GHz 設定を、ナビゲート編集するためにネットワーク インターフェイス セクションに表示するか、または。

    次にスクリーンショットを示します。





  7. クライアント アソシエーションをチェックするために Association タブをクリックして下さい:



  8. 自律 AP はまた Wireless Domain Services (WDS)に使用することができます。 WDS 設定を行うか、または表示するために Wireless タブをクリックして下さい:



  9. 次の AP パラメータを設定するために、Security タブをクリックして下さい:

    • Admin アクセス-ユーザ名 および パスワードを設定 し、ローカルか認証サーバを使用します
    • 暗号化マネージャ-無線のための暗号化を設定 します
    • SSID マネージャ- SSID を設定します
    • サーバマネージャ- RADIUSサーバを追加します
    • AP 認証- AP のために認証を使用します
    • 侵入検知-管理 フレーム 保護を設定します
    • ローカル RADIUSサーバ- RADIUSサーバで AP を設定します
    • 先発セキュリティ- MAC アドレスかアクセスコントロール アクセス・コントロール・リストで MAC アドレス 認証を設定します


    次にスクリーンショットを示します。



  10. Services タブは Telnet、セキュア シェル(SSH)、または Cisco Discovery Protocol (CDP)のような AP のために、利用可能 な サービスを設定することを可能にします:



  11. AP ソフトウェア バージョンをチェックするか、または AP をアップグレードするために、AP Software タブをクリックして下さい:





確認

コンフィギュレーションを完了し、プロファイルをアクティブにするとき、クライアントアダプタは AP に接続します。

Event Log タブの下でアクセスされるイベントログ例はここにあります、:

イベントログは望ましいコンテンツを表示するために変えることができます。 設定を変更するために左ナビゲーションペインの設定 オプションを使用して下さい:

この画面で、また AP GUI から ping し、設定を保存しログアウトできます:

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116584