コラボレーション : Cisco Unified Customer Voice Portal

ネットワーク 待ち時間効果を軽減する Survivability.tcl スクリプトの CVP 「WAN 遅延呼出し」設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Customer Voice Portal (CVP)サーバと音声 XML (VXML)ゲートウェイ間のネットワーク 待ち時間が 200ms ラウンド トリップにアプローチするか、または超過するとき問題およびソリューションを記述したものです。

Tian レイ Xia で貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

CVP サーバと VXML ゲートウェイ間のネットワーク 待ち時間は 200ms ラウンド トリップより大いに小さい期待されます。 Round Trip Time がこれにアプローチするか、または超過する場合、CVP Interactive Voice Response (IVR) パフォーマンスは次の通り大きく影響します:

  • コール ドロップ。
  • される VXML アプリケーション オーディオ無し。
  • microapp はうまく働きますが、VXML アプリケーションは 5 秒に(helloworld アプリケーションのような)オーディオかオーディオを遅れます経験しません。

解決策

CVP 8 ソリューション参照ネットワーク設計(SRND)のネットワーク 待ち時間 セクションは VXML サーバと VXML ゲートウェイ間のネットワーク 待ち時間による VXML アプリケーションからの遅らせられたオーディオの効果を減らすために可能性のある回避策を記述します。 この回避策はサバイバビリティ Tool Command Language (tcl)スクリプトを設定し、「WAN 遅延呼出し」機能をアクティブにすることです。  設定例はこの survivability.tcl スクリプト断片で示されています:

116448-probsol-cvp-01.png

survivability.tcl スクリプトは「wan_delay_ringback」が「CCB」変数と同じようなグローバル 変数であることを示します。  従って、このサービスパラメータに値を提供するためにパラメータ「キーワード」設定を使用する必要があります。

application

service cvp-survivability flash:survivability.tcl

 paramspace english language en

 paramspace english index 0

 param ccb id:192.168.249.10

 paramspace english location flash

 param wan-delay-ringback 1

 paramspace english prefix en

!

survivability.tcl スクリプトはまた「ringback.wav」ファイルがサバイバビリティ アプリケーションが見つけられる入力ゲートウェイ フラッシュするで保存される必要があることを提案します。 これはパラメータが 1.に設定 されたらスクリプトが ringback.wav ファイルをするようにします。



Document ID: 116448