スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst 6500 スイッチ: LTL パリティ・ チェックから影響を受けるモジュールを識別して下さい

2013 年 10 月 19 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 8 月 16 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチのパリティ・ チェックから影響を受けるモジュールを識別するために使用される方式を記述したものです。

Shashank Singh および Juraj Liska によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Supervisor Engine 720
  • Local Target Logic (LTL) パリティ・ チェック

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Supervisor Engine 720 を実行する Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

LTL パリティ・ チェック 要求

Catalyst 6500 シリーズ スイッチこのログインに出会うかもしれません:

%LTL-SP-2-LTL_PARITY_CHECK: LTL parity check request for 0x33C9

ログはいくつかの Catalyst 6500 シリーズ モジュール使用されるポート ASIC/port 索引表静的RAM (SRAM)のパリティ・ チェックを示します。

影響を受けたモジュールを識別して下さい

パリティ・ チェックに出会ったモジュールを識別するために、ログインで見られる 16進数を小数点トランスフォームして下さい。 この場合、0x33C9 は小数点 13,257 に変換します。

出力を show diagnostic 結果モジュールからスイッチのすべての detail コマンド集め、13,257 を捜して下さい それはモジュールの 1 つのための LTL インデックスとしてリストされています。

次に例を示します。

6500#show diagnostic result module all detail

Module 1: CEF720 8 port 10GE with DFC SerialNo : XXXXXXXXXX

  Overall Diagnostic Result for Switch 1 Module 1 : PASS
  Diagnostic level at card bootup: minimal

  Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
  ___________________________________________________________________________

    1) TestOBFL ------------------------> .

<snip>

    15) TestLtlFpoeMemoryConsistency ----> .

          Error code ------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)

          Total run count -------------> 2889738

          Last test testing type ------> Health Monitoring

          Last test execution time ----> Mar 15 2013 02:06:57

          First test failure time -----> n/a

          Last test failure time ------> n/a

          Last test pass time ---------> Mar 15 2013 02:06:57

          Total failure count ---------> 0

          Consecutive failure count ---> 0

      LTL PARITY

          Ltl index -------------------> 13257

          Rbh value -------------------> 255

<snip>

ログが来たモジュールである、この LTL にマッピング する モジュールを調べるためにスクロールして下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116435