会議 : Cisco TelePresence Manager

CTM FAQ: Cisco TelePresence Manager の日次メンテナンス時刻を変更することはできますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco TelePresence Manager の日次メンテナンス スケジュールの機能について説明します。 記載されている情報は TelePresence Manager のすべてのバージョンに適用されます。

著者:Cisco TAC エンジニア、Chad Johnson と Paula Talamo

Cisco TelePresence Manager の日次メンテナンス時刻を変更することはできますか。

Cisco TelePresence Manager は、Microsoft Exchange または IBM Domino から手動で新しい予定の同期を取る日次メンテナンス サイクルを実行します。 日次メンテナンス サイクルは、データベース バックアップ スケジュール用に設定された時刻に行われます。 データベース バックアップ スケジュールの時刻を変更すると、日次メンテナンス サイクルの時刻も変更されます。 たとえば、毎日、現地時間の 23 時 00 分または午後 11 時 00 分に実行するように TelePresence Manager データベースのバックアップを設定します。 これにより、毎日、現地時間の 23 時 00 分または午後 11 時 00 分の同じ時刻に日次メンテナンス サイクルが起動されます。

データベース バックアップ スケジュールは、TelePresence Manager Web インターフェイスの [Configure] -> [Database settings] で変更できます。 変更したら、右側のペインの [Backup] タブを選択して、[Change] をクリックします。

: バックアップ スケジュールには、日次または週次バックアップ用のオプションが含まれています。  週次スケジュールが選択されても、メンテナンス サイクルを実行する日付は影響を受けません。これは、メンテナンス サイクルが、毎日、設定された時刻に実行されるためです。

: [Back Up Now] をクリックした場合は、日次メンテナンス サイクルが手動で開始されません。 日次メンテナンスを強制する次善策は、バックアップ スケジュールをその日の 10 分以上後に変更することです。

注意: 日次メンテナンス サイクルを強制的に開始する上記次善策を使用すると、TelePresence Manager がバックアップを作成して、日次メンテナンス サイクルを実行します。 この操作は、アクティブ ミーティングがないときに行うことをお勧めします。

関連情報



Document ID: 116617