コラボレーション : Cisco Unified E-Mail Interaction Manager

マッピング されたキュー設定例に例外 キュー アクティビティを再処理する CIM アラーム作業の流れ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco 相互対話マネージャ(CIM)のマッピング されたキューに例外 キュー アクティビティを再処理するためにアラーム作業の流れを作成する方法を記述されています。

金 Vogler によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

設定された配信例外 基準を満たさない電子メール アクティビティが例外 キューに送られるとき、処理することができるようにそれらのアクティビティを回復 することは必要であるかもしれません。 これは項目が処理のためにエージェントにそして選択され、転送することができるように項目がそのキューを入力するときスーパバイザが例外 キューを監視したりおよび/または通知を受信すれば手動ですることができます。 これらのアクティビティを処理するもう一つの方法は例外 キューに対してアラーム作業の流れを設定すること特定のスケジュールでまたは単一で動作するためにそれを時間指定されて設定 しました。 このオプションを使うと、システムが外部エージェント 割り当てサービス(EAAS)および統一されたコンタクトセンター 企業(UCCE)によって電子メールを再度処理するように許すできます。

例外 キュー配信原因

例外 キューに渡される項目のための複数の原因があります:

  • 部門にアクティブな受信作業の流れがありません。

  • 作業の流れはアクティビティを処理するときエラーに直面します。

  • 作業の流れで使用されるキューは非アクティブになります。 非アクティブ キューに来るすべてのアクティビティは例外 キューにルーティングされます。

  • 電子メールは跳ねられます。

  • NEW_TASK_FAILURE メッセージは UCCE によって返されます。

このリストでは、跳ねられた電子メールだけ取得され、処理本当配信例外です。 すべての他は回復可能性としてはできます。

通知のためのアラーム作業の流れ

デフォルトで、アラーム作業の流れはルーティングへの Cisco Unified Web および E メール 相互対話マネージャ管理者ガイドおよび統一されたコンタクトセンター 企業のための作業の流れで説明されているように製品の内で、作成されます:

「例外 キュー アラーム作業の流れ: アクティビティを処理している間アクティビティが見つけられる作業の流れエラーが理由で例外 キューにルーティングされる場合の通知を送信 するために設定される作業の流れ。 この作業の流れはデフォルトでアクティブであり、例外 キューの substatus 「作業の流れエラー」のアクティビティがあるかどうか確認するために 12 時間毎に実行します。 そのようアクティビティがある場合、アクティビティ ID のリストが付いている通知電子メールは送信 されます。 通知電子メールは当たるためにで「規定 される アドレスに送信 されます: 設定 して いる サービスの通知のため」。 これは作業の流れのデフォルト 設定です; ただしビジネス上の必要を満たすためにそれは変更することができます。 作業の流れは削除することができるがそれを削除しないこと推奨されます。 作業の流れを使用したくない場合非アクティブにして下さい」。

設定

アラーム作業の流れを作成して下さい

このセクションは例外 キューからのアクティビティを処理するためにアラーム作業の流れを作成する方法を記述します。 これらのステップは例外 キューに以前に指示されたアクティビティが統合されたキューを通して処理されるようにします。 これを試みるとき覚えるべき 2 つの重要な事柄があります:

  • どの統合された(マッピング される)並べるか含みたいと思います

  • CIM 環境の内で設定されるどのエイリアス(であるか)各キューにマッピング されます

これらの項目はアクティビティをかリダイレクトするどのキューに電子メールは最初にに送信 されたことここに記述されているアラーム作業の流れがエイリアスを使用するので重要です判別するために。 それはアクティビティが指示されようオリジナル キューにルーティング障害が発生しなかった場合リダイレクトします。

  1. アラーム作業の流れを作成するために、リスト ペインの New アイコンを選択し、作業の流れの名前を作成して下さい。


    図 1: 新しい作業の流れを作成して下さい


  2. 作業の流れが作成されれば、リスト ペインに現われます。 手順を追加するために、ダイアグラム タブをクリックして下さい。


    図 2: 新しい作業の流れダイアグラムを作成して下さい


  3. 順序では作業の流れを、置きますダイアグラムに Start ノードを設定して下さい。 ノードを置けば、追加 Start ノード ダイアログボックスは現われます。 この作業の流れ例の為に、特定の例外 キューの Exception_Queue_Service か名前を選択して下さい。


    図 3: Start ノード 設定


  4. 例外 キューを選択したら、スケジュールを実行するために作業の流れを設定して下さい。 必要であるたびに作業の流れを実行するために、作業の流れの隣でオプション ボタンをオプションで一度実行されるべきですクリックして下さい。 それから、間単にそれが実行することを必要とする時間を変更できます。 作業の流れをおよそ真夜中で週に一度実行してもらった場合それをどのように設定するかこの例に示されています。


    図 4: Start ノード スケジュールを設定して下さい


  5. Start ノードがきちんと整っていたら、アラーム ノード、分岐節およびキュー ノードを設定して下さい。 分岐節を構築するために、最初に分岐節ルールがアクティビティを指示するすべてのキューを追加して下さい。 作業の流れを右から左へ作成することは有用です。 キュー ノードを選択し、作業の流れのダイアグラム内の各キューのためのノードを置いて下さい。 割り当てるノード オプションを入力するたびに、選定されたキュー ダイアログボックス ディスプレイ並べるノードを選択する表します。

    : この資料の例はスタンドアロン キューを示したものです。 ただし、画面およびオプションは統合されたキューのため同じです。 この資料は統合されたアクティビティを処理するために意図されています。



    図 5a: キュー ノード



    図 5b: キュー ダイアログボックスを選択して下さい


  6. キュー ノードがきちんと整っていたら、分岐節を置けば選り抜き。 分岐節が置かれれば、ブランチ ルール Configuration ダイアログボックス ディスプレイ。


    図 6: 分岐節を選択して下さい


  7. ブランチ ノードコンフィギュレーション ダイアログボックス ディスプレイが、(ブランチ ノードがマッピング するまたはキュー毎に 1 つのルールを必要がある時設定する)。

    : 分岐節は他の項目に同様にマッピング することができます。 たとえば、それは特定のユーザに直接マッピング することができます。 統合されたキューへのマップこの例。



    図 7: ブランチ ルール Configuration ダイアログボックス


    • ルールの状態を指名し、指定したら『Enter』 を押して下さい。

      アラーム作業の流れのこの型に関しては、ルールのそれぞれを指名して下さい。 指名される、ルールを強調表示し、状態を設定して下さい。 条件はこれらの項目のために設定 する必要があります:

      • オブジェクト: Email
      • [Attribute]: eメールアドレスに
      • オペレータ: ==
      • 電子メールがオリジナルに送信 された to>* だったこと <alias

      : 電子メールが最初に指示されたエイリアスの不確か、このクエリを実行して下さい: egml_email から recv_email_address* を activity_id = #### 選択しなさい。 特定の電子メールのアクティビティ ID と #### を取り替えて下さい。 ここに示される電子メールエイリアスが前の手順で示されるキューにマッピング されるものであることに注目して下さい。



    • ブランチ ノードコンフィギュレーションのキューに TRUE 状態を設定し、マッピング して下さい。

      ルールを設定したら、ルールが本当ように評価されたら使用されることブランチ(キュー)を示して下さい。


      このルールは次の条件の下に TRUE であることを示す上のオプションが選択され、ターゲットを選択するために示される[か。]ボタンをクリックすることを確認して下さい。 そのボタンをクリックすれば、このルールのための適切なキューにドリルダウンに可能にする選定されたターゲット ダイアログボックスは現われます。

      : この作業の流れに最初にキュー ノードを置かなかった場合、このリストは空です。 作業の流れで示されるキューはここに表示するものが判別します。


    • ブランチ ノードコンフィギュレーションの偽状態を設定し、マッピング して下さい。

      ルールのための TRUE オプションを設定したら、それからオプションを設定して下さい。 この例はこのパスとして例外 キューを示したものです。 ただしこれらの項目をどのように処理することを望むか、他のどのパス、別の統合されたキュー、スタンドアロン キュー、またはビジネスによって特定のユーザ向けにもそれを、セット。 このオプションは分岐節のルールを一致する何でもつかまえます。


      各ブランチのためのルール設定を繰り返し行ない、各自のための例外 キュー(か偽選択を)繰り返して下さい。 ノードを完全に設定したら、キューに分岐節を接続する行はルール設定に基づいていました自動的に完了します。 ノードはこれに類似したに検知 する必要があります:


  8. この作業の流れの内で設定する必要がある最後の項目はアラーム ノードです。 プルダウン作業の流れダイアグラムに新しいアラーム ノードを置けば。 アラーム ノードコンフィギュレーション ダイアログボックスは開きます。


    図 8a: 選り抜き、インポート、および作業の流れダイアグラム内のアラーム ノードを設定して下さい



    図 8b: アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンの条件タブを設定して下さい


    アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンで、設定する必要がある 2 つの概念(タブ)があります: 条件タブおよび True タブ

    条件タブで、2 つの事柄を識別して下さい: Activity_Status および Activity_Sub_Status。

    : この場合、ブール式は両方の条件に本当でほしいのであり。


    条件- 1

    オブジェクト

    アクティビティ



    Attribute

    Activity_Status



    オペレータ

    ==



    割り当て

    条件 2

    オブジェクト

    アクティビティ



    Attribute

    Activity_Sub_Status



    オペレータ

    ==



    内部 割り当ての割り当て準備ができた


    図 8c: アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンの基本的なタブの本当オプションを設定して下さい

    True タブで、フィルタを作成し、基本的な高度サブタブ内からそのフィルタにオブジェクトを選択するためにこれらのコンフィギュレーションを完了して下さい。

    上ペインの処理 セクションで、フィルタがに対して動作することオブジェクトとしてアクティビティでフィルタを作成するためにプルダウンを使用して下さい。 これをするとき、下部ペインはフィルタに基準に従うオプションとそれから読み込まれます。 この基本的なタブで、サブジェクトが配送不可ワードが含まれていないこと定義して下さい。 これは設定された配信例外を一致するので例外 キューに送信 される電子メールである 5 フィルタリングします、および 4 の Activity_Sub_Type の項目を。

    : 処理を必要とする例外 キューに多くの電子メールがあることがこの作業の流れを頻繁に実行しないか、または分りなさい場合、キューに再び処理される電子メールの数を制御するために作成されるのような別のフィルタオプションを、判別することは賢明です。 この作業の流れを頻繁に実行し、処理するべき電子メールの最小数があること、そして例外 キューの多数の電子メールを作成するために失敗は発生しなかったことを確認すればこれは問題ではないかもしれません。 待っている処理する電子メールの数を研究する必要がありこれらの項目を処理するために環境および利用可能 な エージェントに基づいて判断をします。



    図 8d: アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンの[高度]タブの本当オプションを設定して下さい


    [高度]タブで、Activity_Sub_Type の項目だけ = 1 選択されるようにするためにアクティビティ サブタイプに電子メール一般を選択して下さい。 これはこのサブタイプである場合その時だけ EAAS プロセスが処理のための UCCE にルート要求(NEW_TASK 要求)を送信 するというファクトによる要件です。 他のサブタイプはすべて処理されません。


  9. 完了されて、アラーム作業の流れはそれに構築したキューの数によってこれに類似したに、検知 します。 再度、この例のキューはスタンドアロンと指名されますが、このプロセスおよび資料は統合された(マッピング された) UCCE キューのために意図されています。


    図 9: 完了されたアラーム作業の流れダイアグラム(例)


    このプロセスの最後のステップは作業の流れアクティブを作ることです。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116522