音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

Cisco Jabber: 必須の証明書検証テクニカルノート

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Cisco Jabber クライアントはすべてのサーバ証明の必須検証にやがて Cisco コラボレーション ソリューションのセキュリティ環境を高め、クライアント および サーバ間の信頼できる接続を確立するためにデフォルトで設定されます。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

構内サーバ

Jabber はこれらの構内サーバに対して認証を検証し始めます:

  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)
  • CUCM インスタント メッセージおよび存在(IM/P) (Cisco Unified Presence Server [CUPS])
  • Cisco Unity Connection
  • Cisco WebEx Meetings Server

注意: この資料にリストされている Jabber リリースを展開する前に有効なサーバ証明で関連した Cisco コラボレーション サーバを設定するようにして下さい。

各個々のサーバは信頼できる接続の各型のための認証を示します。 サーバ証明が信頼されるからなければ

認証局 (CA)は、自己署名証明書のためのケースである、認証 クライアント OS 証明書ストアにロードされる必要があります。 さもなければ、Jabber ユーザは最初に接続する場合個々のサーバ 認証を受け入れるか、または低下させるためにプロンプト表示されます。

判別するためにリリースのためのサーバ管理 ドキュメントをこの変更の準備でサーバ証明を設定する方法を参考にして下さい。

クライアントを早口に喋って下さい

この変更の概要のための目標 の 期日は次のとおりです:

デスクトップ クライアント日付
Jabber Mac 9.29月 2013 年
Jabber Windows 9.2.59月 2013 年
モバイル クライアントとタブレット クライアント日付
Jabber for iPhone 9.510月 2013 年
Jabber for iPhone および iPad 9.611月 2013 年
Jabber for Android 9.6December 2013 年

Cloud サービス

Cisco によって提供されるクラウド サービスに必要な変更がありません。 Jabber クライアントはまた公衆インターネット CA によって既に署名している WebEx メッセンジャーおよび WebEx 会議サーバのための認証を検証します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116637