ストレージ ネットワーキング : Cisco MDS 9100 シリーズ マルチレイヤ ファブリック スイッチ

MDS 9148 のスロー ドレイン カウンタとコマンド

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

このドキュメントでは、スイッチからの R_RDY 信号を保留するデバイスを搭載した Cisco MDS 9148 マルチレイヤ ファブリック スイッチ上のコマンドとインクリメントするカウンタについて説明します。 これは、一般的に、低速ドレイン デバイスと呼ばれています。 MDS 9148 は Sabre とも呼ばれています。

次の 2 つのテストが実行されました。

  1. R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)の低速ポート エミュレーション
  2. ポート モニタ - R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)の低速ポート エミュレーション



このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用します。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

著者:Cisco TAC エンジニア、Ed Mazurek

トポロジ

すべてのポートが 4 Gbps です。

Single MDS 9148 switch running NX-OS 5.2(8)
                                       172.18.121.30
Agilent 103/3--fc1/13 rtp-san-23-02-9148  fc1/25--Agilent 103/2
fcid 0xe20200               NX-OS 5.2(8)                           fcid 0xe20300
Traffic------------------------------------------------------> slow drain device

rtp-san-23-02-9148# show version
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Documents: http://www.cisco.com/en/US/products/ps9372/
tsd_products_support_series_home.html
Copyright (c) 2002-2012, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained herein are owned by
other third parties and are used and distributed under license.
Some parts of this software are covered under the GNU Public
License. A copy of the license is available at
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html.

Software
  BIOS:      version 1.0.19
  loader:    version N/A
  kickstart: version 5.2(8)
  system:    version 5.2(8)
  BIOS compile time:       02/01/10
  kickstart image file is: bootflash:///m9100-s3ek9-kickstart-mz.5.2.8.bin
  kickstart compile time:  12/25/2020 12:00:00 [12/07/2012 19:48:00]
  system image file is:    bootflash:///m9100-s3ek9-mz.5.2.8.bin
  system compile time:     11/9/2012 11:00:00 [12/07/2012 20:47:26]

Hardware
  cisco MDS 9148 FC (1 Slot) Chassis ("1/2/4/8 Gbps FC/Supervisor-3")
  Motorola, e500v2  with 1036300 kB of memory.
  Processor Board ID JAF1406ASTK

  Device name: rtp-san-23-02-9148
  bootflash:    1023120 kB
Kernel uptime is 4 day(s), 23 hour(s), 10 minute(s), 33 second(s)

Last reset at 26277 usecs after  Fri Jan  4 20:08:48 2013

  Reason: Reset due to upgrade
System version: 5.2(1)
Service:
rtp-san-23-02-9148#

Cisco NX-OS ソフトウェア リリースの制限

Cisco NX-OS ソフトウェア リリース 5.2(8)

次のコマンドが機能しません。 Cisco Bug ID CSCud98114「MDS9148 - show logging onboard flow-control request-timeout - 構文エラー」を参照してください。 このバグは、Cisco NX-OS ソフトウェア リリース 6.2(1) 以降で修正されています。

  • show logging onboard flow-control request-timeout
  • show logging onboard flow-control pause-count
  • show logging onboard flow-control pause-events
  • show logging onboard flow-control timeout-drops:このコマンドは機能しますが、構文エラーが返されます。

次のカウンタが fc-mac カウンタに表示されますが、オンボード障害ロギング(OBFL)のエラー統計には表示されません。 Cisco Bug ID CSCud93587「MDS9148 OBFL に FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO が含まれていない」を参照してください。このバグはまだ解決されていません。

  • FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO
  • FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO

低速ドレイン ポート モニタ ポリシーに tx-credit-not-available が含まれていません。 このカウンタを設定しようとすると、エラー メッセージの「This counter is not supported on this platform」が表示されます。 シンプル ネットワーク管理プロトコル(SNMP)トラップは送信されず、show system internal snmp credit-not-available コマンドから何も返されません。

5.2(6) 以前の Cisco NX-OS ソフトウェア リリース

次のカウンタが生成されません。 Cisco Bug ID CSCts04123「atlantis/sabre に対する低速ドレイン サポート」を参照してください。 このバグは、Cisco NX-OS ソフトウェア リリース 5.2(6) 以降で修正されています。

  • FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO
  • FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO

テスト 1: R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)の低速ポート エミュレーション

以下に、R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)の低速ポート エミュレーション テストの手順を示します。

fc1/13 は送信側に接続されたポートで、fc1/25 は低速ドレイン デバイスに接続されたポートです。

1 つのテストだけが実行されました。

  1. コマンドの初期セットを発行します。
  2. Agilent トラフィック 103/3 > 103/2 を開始します。
  3. 30 秒程度実行します。
  4. rtp-san-23-02-9148 上でコマンドのセットを発行します。
  5. 30 秒待機します。
  6. rtp-san-23-02-9148 上でコマンドのセットを発行します。
  7. テストを停止します。
  8. show tech-support の詳細を収集します。

rtp-san-23-02-9148 fc1/13 - 送信側に接続されたポート

インターフェイス カウンタ - fc1/13

次のコマンドが発行されました。

show interface fc1/13
show interface fc1/13 counters

もしあれば、次の変更が行われます。

input discards - 0
input OLS - 0
input LRR - 0
input NOS - 0

output discards - 0
output OLS - 0
output LRR - 0
output NOS - 0

transmit B2B credit transitions from zero - 0 - 以前の値から変更なし
receive B2B credit transitions from zero - +7408
receive B2B credit remaining - 32 - 以前の値から変更なし
transmit B2B credit remaining- 128 - 以前の値から変更なし

: 「receive B2B credit transitions from zero」は、MDS が fc1/13 に接続されたデバイスからの B2B クレジットを保留していたことを示します。 これにより、受信 B2B クレジットが 0 に移行可能になるため、これが 0 の間は接続先のデバイスが送信できなくなります。 このカウンタ内に時間の指定がないことに注意してください。 実際には、送信側にバック プレッシャーがかかるため、MDS に送信されるパケット数が減少します。

show hardware internal errors - fc1/13

次に、このコマンドの出力例を示します。

show hardware internal fc-mac port 13 error-statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Error Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 44, port(s): 13
*
ADDRESS     STAT                                                   COUNT
__________ ________                                           __________________
0xffffffff FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO                                     0x1c

: これは、MDS が fc1/13 に接続されたデバイスからの B2B クレジットを 100 ms 以上保留していたことを示します。 実際には、送信側にバック プレッシャーがかかるため、MDS に送信されるパケット数が減少します。

show hardware internal packet-flow dropped - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。

show hardware internal packet-dropped-reason - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。

show hardware internal statistics - fc1/13

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show hardware internal statistics module 1

----------------------------------------
Hardware stats as reported in module 1
----------------------------------------
...
show hardware internal fc-mac port 13 statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 44, port(s): 13
*

ADDRESS     STAT                                         COUNT    60 sec Delta
__________ ________                            ___________  ____________
0x00000042 FCP_CNTR_MAC_CREDIT_IG_XG_MUX_SEND_RRDY_REQ   0x2b61       +0x2b61
0x00000061 FCP_CNTR_MAC_DATA_RX_CLASS3_FRAMES            0x2b61       +0x2b61
0x00000069 FCP_CNTR_MAC_DATA_RX_CLASS3_WORDS            0x16a9edc    +0x16a9edc
0x0000041d FCP_CNTR_RCM_RBBZ_CH0                         0x1cf0       +0x1cf0
0x0000041f FCP_CNTR_RCM_FRAME_CNT_CH0                    0x2b61       +0x2b61
0x0000031b FCP_CNTR_RHP_FRM                              0x2b61       +0x2b61
0xffffffff FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO                    0x1c2        +0x1c2
0x00000533 FCP_CNTR_TMM_CH0                               0x1f         +0x18
0x00000536 FCP_CNTR_TMM_LB                                0x1f         +0x18

: FCP_CNTR_RCM_RBBZ_CH0 は、「receive B2B credit transitions from zero」と同じです。

show logging onboard error-stats - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。 

show logging onboard flow-control timeout-drops - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。

show process creditmon credit-loss-events - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。

show system internal snmp credit-not-available - fc1/13

ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。 低速ドレイン ポート モニタ ポリシーに関する注記を参照してください。

slot 1 show hardware internal fc-mac port 13 statistics

show hardware internal statistics - fc1/13」を参照してください。

slot 1 show hardware internal fc-mac port 13 error-statistics

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# slot 1 show hardware internal fc-mac port 13 error-statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Error Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 44, port(s): 13

ADDRESS     STAT                                                   COUNT
__________ ________                                           __________________
0xffffffff FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO                                     0x1c2

slot 1 show hard internal credit-info port 13

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# slot 1 show hard internal credit-info port 13

    ======== Device Credit Information - RX ========
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
| PORT | SI/  |     DEVICE NAME      |  CREDITS   | CREDITS |   BW   |
|  NO  | PRIO |                      | CONFIGURED |  USED   |  MODE  |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
|  13  |  0/0 |            Sabre-fcp |       0x20 |     0x0 |   Full |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+

    ======== Device Credit Information - TX ========
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
| PORT | SI/  |     DEVICE NAME      |  CREDITS   | CREDITS |   BW   |
|  NO  | PRIO |                      | CONFIGURED |  USED   |  MODE  |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
|  13  |  0/0 |            Sabre-fcp |       0x80 |     0x0 |   Full |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+

slot 1 show port-config internal link-events

何もアップまたはダウンしていないため、ポート fc1/13 に適用可能な結果は存在しません。

rtp-san-23-02-9148 fc1/25 - 低速ドレイン デバイスに接続されたポート

インターフェイス カウンタ - fc1/25

次のコマンドが発行されました。

show interface fc1/25
show interface fc1/25 counters

もしあれば、次の変更が行われます。

input discards - 0
input OLS - 0
input LRR - +57
input NOS - 0

output discards - 3808
output OLS - 0
output LRR - 0
output NOS - 0

transmit B2B credit transitions from zero +224
receive B2B credit transitions from zero +57
receive B2B credit remaining - 32 - 以前の値から変更なし
transmit B2B credit remaining- 127 - -1

: 「transmit B2B credit transitions from zero」は、接続先のデバイスが fc1/13 に接続されたデバイスからの B2B クレジットを保留していたことを示します。 これにより、MDS 送信 B2B クレジットが 0 に移行可能になるため、これが 0 の間は MDS がこのポート上で送信できなくなります。 このカウンタ内に時間の指定がないことに注意してください。 実際には、デバイスが MDS にバック プレッシャーをかけているため、接続先のデバイスへのパケット送信数が減少します。 これにより、送信ポート fc1/13 にバック プレッシャーがかかります。

show hardware internal errors - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

show hardware internal fc-mac port 25 interrupt-counts

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Interrupt Counts for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 10, port(s): 25
*

INTERRUPT                                                       COUNT    THRESH
_________                                                      ________  ______
IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SEQ_LRR                                       114       0
IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SIG_IDLE                                       57       0

show hardware internal fc-mac port 25 error-statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Error Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 10, port(s): 25
*
ADDRESS     STAT                                                   COUNT
__________ ________                                           __________________
0x0000052d FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP                                        0xee0
0x00000539 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT                                            0xee0
0x00000540 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP                                       0xee0
0xffffffff FCP_CNTR_CREDIT_LOSS                                             0x39
0xffffffff FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO                                     0x23a

: 接続先のデバイスが 1.5 秒間待機しているため、MDS は 1 秒でクレジット損失回復を起動します。 これには、リンク リセット(LR)の送信とリンク リセット応答(LRR)の受信が含まれます。  ポートが 0 Tx クレジットの状態にある間に、MDS は 3 つの DROP カウンタが示すように、このインターフェイスへのパケットをドロップしています。 

show hardware internal packet-flow dropped - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

show hardware internal packet-flow dropped

        Module: 01      Dropped Packets: YES

        -------- Dropped Packet Flow Details --------

+------------------+------------------+-------------------------------------+
|    DEVICE NAME   |       PORTS      |            DROPPED COUNT            |
|                  |                  |      RX (Hex)    |      TX (Hex)    |
+------------------+------------------+-------------------------------------+
|        Sabre-fcp |               25 |                0 |              ee0 |
+------------------+------------------+-------------------------------------+

show hardware internal packet-dropped-reason - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show hardware internal packet-dropped-reason

show hardware internal packet-dropped-reason

        Module: 01       Dropped Packets: YES

+-----------+---------------+-------------------+------------------------------+
|           |               |      DROPS        |                              |
|   PORTS   |  DEVICE NAME  |-------------------|          COUNTER NAME        |
|           |               | Rx(Hex) | Tx(Hex) |                              |
+-----------+---------------+---------+---------+------------------------------+
|25         |Sabre-fcp      |    -    |EE0      |FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP      |
|           |               |    -    |EE0      |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP     |
|           |               |    -    |1dc0     |TOTAL                         |
+-----------+---------------+---------+---------+------------------------------+

show hardware internal statistics - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show hardware internal statistics module 1

----------------------------------------
Hardware stats as reported in module 1
----------------------------------------
...
show hardware internal fc-mac port 25 statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 10, port(s): 25
*

ADDRESS     STAT                                          COUNT    60 sec Delta
__________ ________                            ___________  ____________
0x00000042 FCP_CNTR_MAC_CREDIT_IG_XG_MUX_SEND_RRDY_REQ       0x39         +0x39
0x00000043 FCP_CNTR_MAC_CREDIT_EG_DEC_RRDY                   0x39         +0x39
0x00000061 FCP_CNTR_MAC_DATA_RX_CLASS3_FRAMES                0x39         +0x39
0x00000069 FCP_CNTR_MAC_DATA_RX_CLASS3_WORDS               0x2010       +0x2010
0x0000041d FCP_CNTR_RCM_RBBZ_CH0                             0x39         +0x39
0x0000041f FCP_CNTR_RCM_FRAME_CNT_CH0                        0x39         +0x39
0x0000031b FCP_CNTR_RHP_FRM                                  0x39         +0x39
0x00000065 FCP_CNTR_MAC_DATA_TX_CLASS3_FRAMES              0x1cba       +0x1cba
0x0000006d FCP_CNTR_MAC_DATA_TX_CLASS3_WORDS             0xee666c     +0xee666c
0x00000514 FCP_CNTR_TMM_TBBZ_CH0                             0x70         +0x70
0x00000515 FCP_CNTR_TMM_TBBZ_CH1                             0x70         +0x70
0x0000052d FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP                         0xee0        +0xee0
0x00000539 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT                             0xee0        +0xee0
0x00000540 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP                        0xee0        +0xee0
0x00000533 FCP_CNTR_TMM_CH0                                  0x58         +0x51
0x00000534 FCP_CNTR_TMM_CH1                                0x2b61       +0x2b61
0x00000536 FCP_CNTR_TMM_LB                                   0x1f         +0x18
0xffffffff FCP_CNTR_CREDIT_LOSS                              0x39         +0x39
0xffffffff FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO                      0x23a        +0x23a
0xffffffff FCP_CNTR_LRR_IN                                   0x39         +0x39
0xffffffff FCP_CNTR_LINK_RESET_OUT                           0x39         +0x39

: FCP_CNTR_RCM_TBBZ_CHx は「transmit B2B credit transitions from zero」と同じであることに注意してください。

show logging onboard error-stats - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show logging onboard starttime 01/10/13-00:00:00 error-stats

----------------------------
    Supervisor Module:
----------------------------
----------------------------
    Module:  1
----------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
 ERROR STATISTICS INFORMATION FOR DEVICE ID 127 DEVICE Sabre-fcp
--------------------------------------------------------------------------------
    Interface      |                                |         |    Time Stamp  
      Range        |    Error Stat Counter Name     |  Count  |MM/DD/YY HH:MM:SS
                   |                                |         |                
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/25             |FCP_CNTR_CREDIT_LOSS            |57       |01/10/13 20:36:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP       |3808     |01/10/13 20:36:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3808     |01/10/13 20:36:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP        |3808     |01/10/13 20:36:21
fc1/25             |FCP_CNTR_CREDIT_LOSS            |47       |01/10/13 20:36:11
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP       |3196     |01/10/13 20:36:11
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3196     |01/10/13 20:36:11
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP        |3196     |01/10/13 20:36:11
fc1/25             |FCP_CNTR_CREDIT_LOSS            |38       |01/10/13 20:36:01
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP       |2584     |01/10/13 20:36:01
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |2584     |01/10/13 20:36:01
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP        |2584     |01/10/13 20:36:01
fc1/25             |FCP_CNTR_CREDIT_LOSS            |29       |01/10/13 20:35:51
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP       |1972     |01/10/13 20:35:51
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |1972     |01/10/13 20:35:51
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP        |1972     |01/10/13 20:35:51

(後略)

: OBFL は 10 秒ごとにこのプラットフォーム内で更新されます。 インターバルごとに、インクリメントしたすべてのカウンタが収集され、現在値が表示されます。 そのため、FCP_CNTR_CREDIT_LOSS(クレジット損失回復)が 10 秒間に 47 から 57 に増加しました。 これは、MDS が 0 Tx クレジット状態にあるときに 1 秒間隔で起動されるため極めて正確です。 

show logging onboard flow-control timeout-drops - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show logging onboard flow-control timeout-drops

----------------------------
   Supervisor Module:
----------------------------
Syntax error while parsing show logging onboard module 1 flow-control timeout-drops

Cmd exec error.

----------------------------
    Module:  1
----------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
 ERROR STATISTICS INFORMATION FOR DEVICE ID 127 DEVICE Sabre-fcp
--------------------------------------------------------------------------------
    Interface      |                                |         |    Time Stamp  
      Range        |    Error Stat Counter Name     |  Count  |MM/DD/YY HH:MM:SS
                   |                                |         |                
--------------------------------------------------------------------------------
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3808     |01/10/13 20:36:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3196     |01/10/13 20:36:11
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |2584     |01/10/13 20:36:01
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |1972     |01/10/13 20:35:51
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |1360     |01/10/13 20:35:41
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |748      |01/10/13 20:35:31
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |136      |01/10/13 20:35:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3910     |01/10/13 20:11:51
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3638     |01/10/13 20:11:41
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |3026     |01/10/13 20:11:31
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |2414     |01/10/13 20:11:21
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |1802     |01/10/13 20:11:11
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |1156     |01/10/13 20:11:01
fc1/25             |FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT            |544      |01/10/13 20:10:51

show process creditmon credit-loss-events - fc1/25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# show process creditmon credit-loss-events

show process creditmon credit-loss-events

        Module: 01      Credit Loss Events: YES

----------------------------------------------------
| Interface |  Total |          Timestamp          |
|           | Events |                             |
----------------------------------------------------
| fc1/25    |    512 | 1. Thu Jan 10 20:36:21 2013 |
|           |        | 2. Thu Jan 10 20:36:19 2013 |
|           |        | 3. Thu Jan 10 20:36:18 2013 |
|           |        | 4. Thu Jan 10 20:36:17 2013 |
|           |        | 5. Thu Jan 10 20:36:16 2013 |
|           |        | 6. Thu Jan 10 20:36:15 2013 |
|           |        | 7. Thu Jan 10 20:36:14 2013 |
|           |        | 8. Thu Jan 10 20:36:13 2013 |
|           |        | 9. Thu Jan 10 20:36:12 2013 |
|           |        |10. Thu Jan 10 20:36:11 2013 |
----------------------------------------------------

: これは、スイッチがクレジット損失回復を呼び出したときのより詳細なタイムスタンプ付きバージョンを示しています。 

show system internal snmp credit-not-available - fc1/25

ポート fc1/25 に適用可能な結果は存在しません。 低速ドレイン ポート モニタ ポリシーに関する注記を参照してください。

slot 1 show hardware internal fc-mac port 25 statistics

show hardware internal statistics - fc1/25」を参照してください。

slot 1 show hardware internal fc-mac port 25 error-statistics

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# slot 1 show hardware internal fc-mac port 25 error-statistics

* -----------------------------------------------------------------------------
* Port Error Statistics for device Sabre-fcp
* dev inst: 0, dev intf: 10, port(s): 25
*
ADDRESS     STAT                                                   COUNT
__________ ________                                           __________________
0x0000052d FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP                                        0xee0
0x00000539 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT                                            0xee0
0x00000540 FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP                                       0xee0
0xffffffff FCP_CNTR_CREDIT_LOSS                                             0x39
0xffffffff FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO                                     0x23a

: これは、低速ドレインに関して最も重要なカウンタの表示に適した初期コマンドです。 FCP_CNTR_RCM_RBBZ_CHx と FCP_CNTR_TMM_TBBZ_CHx が含まれていませんが、エラーと見なされません。

slot 1 show hard internal credit-info port 25

次に、このコマンドの出力例を示します。

rtp-san-23-02-9148# slot 1 show hard internal credit-info port 25

    ======== Device Credit Information - RX ========
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
| PORT | SI/  |     DEVICE NAME      |  CREDITS   | CREDITS |   BW   |
|  NO  | PRIO |                      | CONFIGURED |  USED   |  MODE  |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
|  25  |  0/0 |            Sabre-fcp |       0x20 |     0x0 |   Full |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+

    ======== Device Credit Information - TX ========
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
| PORT | SI/  |     DEVICE NAME      |  CREDITS   | CREDITS |   BW   |
|  NO  | PRIO |                      | CONFIGURED |  USED   |  MODE  |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+
|  25  |  0/0 |            Sabre-fcp |       0x80 |     0x1 |   Full |
+------+------+----------------------+------------+---------+--------+

slot 1 show port-config internal link-events

何もアップまたはダウンしていないため、ポート fc1/25 に適用可能な結果は存在しません。

テスト 2: ポート モニタ - R_RDY 遅延が 1500000us(1.5 秒)の低速ポート エミュレーション

以下に、R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)のポート モニタ低速ポート エミュレーション テストの手順を示します。

デフォルト低速ドレイン ポリシー

デフォルトで、低速ドレイン ポリシーはアクティブになっています。 低速ドレイン ポート モニタ ポリシーに関する注記を参照してください。

これは、デフォルトの低速ドレイン ポリシーです。

rtp-san-23-02-9148# show port-monitor active

Policy Name  : slowdrain
Admin status : Active
Oper status  : Active
Port type    : All Access Ports
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
Counter                  Threshold  Interval Rising Threshold event Falling Threshold  event PMON Portguard
-------                  ---------  -------- ---------------- ----- ------------------ ----- --------------
Credit Loss Reco         Delta      1        1                4     0                  4     Not enabled
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
rtp-san-23-02-9148#

ポリシーの作成

edm という名前のポリシーを作成してアクティブにします。 生成されたカウンタを確認するためにすべてのカウンタを含めます。

rtp-san-23-02-9148# show port-monitor active

Policy Name  : edm
Admin status : Active
Oper status  : Active
Port type    : All Ports
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
Counter                  Threshold  Interval Rising Threshold event Falling Threshold  event PMON Portguard
-------                  ---------  -------- ---------------- ----- ------------------ ----- --------------
Link Loss                Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
Sync Loss                Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
Signal Loss              Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
Invalid Words            Delta      60       1                4     0                  4     Not enabled
Invalid CRC's            Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
TX Discards              Delta      60       200              4     10                 4     Not enabled
LR RX                    Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
LR TX                    Delta      60       5                4     1                  4     Not enabled
Timeout Discards         Delta      60       200              4     10                 4     Not enabled
Credit Loss Reco         Delta      1        1                4     0                  4     Not enabled
RX Datarate              Delta      60       80%              4     20%                4     Not enabled
TX Datarate              Delta      60       80%              4     20%                4     Not enabled
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
rtp-san-23-02-9148#

テストの再実行

約 60 秒間、R_RDY 遅延が 1500000 us(1.5 秒)の低速ドレイン デバイスに接続された fc1/25 を使用して Agilent を再開します。

Threshold Manager ログの表示

[Device Manager] > [Logs] > [Switch Resident] > [Threshold Manager] に移動して、Threshold Manager ログを確認します。

 116401-trouble-mds9148-01.jpg

以下に、テキスト形式の Threshold Manager ログを示します。

4, 121    2013/01/12-11:49:56    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 122    2013/01/12-11:50:03    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 123    2013/01/12-11:50:04    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 124    2013/01/12-11:50:14    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 125    2013/01/12-11:50:15    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 126    2013/01/12-11:50:25    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 127    2013/01/12-11:50:26    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 128    2013/01/12-11:50:36    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 129    2013/01/12-11:50:37    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 130    2013/01/12-11:50:47    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 131    2013/01/12-11:50:48    fcIfCreditLoss.16875520=1 >= 1:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 132    2013/01/12-11:50:50    fcIfCreditLoss.16875520=0 <= 0:65500, 4 WARNING(4)Falling
4, 133    2013/01/12-11:50:55    fcIfOutDiscards.16875520=3197 >= 200:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 134    2013/01/12-11:50:55    fcIfLinkResetOuts.16875520=49 >= 5:65500, 4 WARNING(4)Rising
4, 135    2013/01/12-11:50:55    fcIfTimeOutDiscards.16875520=3197 >= 200:65500, 4 WARNING(4)Rising

: 16875520 は 0x01018000 であり、fc1/25 に対応する ifIndex です。

rtp-san-23-02-9148# show port internal info interface-id 0x01018000
fc1/25 - if_index: 0x01018000, phy_port_index: 0xa
     local_index: 0x18

付録

カウンタの定義

FCP_CNTR_CREDIT_LOSS

説明:

このカウンタは、送信バッファツーバッファ(Tx B2B)クレジット カウンタが 0 の状態で 1 秒間が経過したことを示します。 スイッチは、リンク リセット(LR)を送信することによって、クレジット損失回復を起動しました。 リンク リセット応答(LRR)が受信されると、Tx B2B クレジットの完全な割り当てが復元され、ポートは再び送信を再開できるようになります。 LRR が 90 ms 以内に受信されなかった場合は、「LR Rcvd B2B」状態が発生して、ポートはダウンされます。

参照: 

  • FCP_CNTR_LINK_RESET_OUT
  • IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SEQ_LRR
  • FCP_CNTR_LRR_IN
  • show process creditmon credit-loss-events

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics
  • show logging onboard error-stats

FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP

説明:

このポート宛てのパケットがスイッチ内でタイムアウトしました。 デフォルトで、パケットは 500 ms 後にタイムアウトします。 パケットを出力ポートから送出できなかった場合は、破棄され、このカウンタがインクリメントされます。 これは、system timeout congestion-drop number mode {E|F} コマンドを使用して調整することができます。

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal packet-dropped-reason
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics
  • show logging onboard error-stats

FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT

説明:

FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP」を参照してください。

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal packet-dropped-reason
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics
  • show logging onboard module 1 flow-control timeout-drops
  • show logging onboard error-stats

FCP_CNTR_TMM_NORMAL_DROP

説明:

これは、FCP_CNTR_TMM_TIMEOUT_DROP などの他のカウンタを含む集約カウンタです。

コマンド:

  • show hardware internal errors all show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics
  • show logging onboard error-stats

transmit B2B credit transitions from zero

説明:

このカウンタは、残りの Tx B2B 値が 0 から 0 以外の値に遷移したときにインクリメントされます。

これは、FCP_CNTR_TMM_TBBZ_CHx 統計です。 これは通常時に発生する可能性がありますが、大きな数値は接続先のデバイスに伴う問題を示します。 FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO カウンタが 100 ms 以上 0 の状態が続いた場合に、インクリメントされます。

コマンド:

  • show interface fcx/y counters and aggregate-counters

receive B2B credit transitions from zero

説明:

このカウンタは、残りの受信(Rx)B2B 値が 0 から 0 以外の値に遷移したときにインクリメントされます。

これは、FCP_CNTR_TMM_RBBZ_CHx 統計です。 この現象はいつでも発生する可能性がありますが、大きな数値はスイッチがこのポートの送信方向で混雑し、ポートにバック プレッシャーがかかっているために、ストレージ エリア ネットワーク(SAN)に追加のパケットを送信できないことを示します。 FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO カウンタが 100 ms 以上 0 の状態が続いた場合に、インクリメントされます。

コマンド:

  • show interface fcx/y counters and aggregate-counters

IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SEQ_LRR

説明:

このカウンタは、LRR が受信されるたびにインクリメントされます。 この現象は、通常、スイッチがデータ損失回復を起動したときに発生します。 

参照:

  • FCP_CNTR_CREDIT_LOSS

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x interrupt-counts

FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO

説明:

このカウンタは、残りの Tx B2B 値が 100 ms 以上 0 の状態が続いたときにインクリメントされます。 これは、通常、接続先のデバイスが輻輳(低速ドレイン)を確認していることを示します。

これにより、fcIfTxWtAvgBBCreditTransitionToZero SNMP トラップが生成され、show system internal snmp credit-not-available コマンドの出力にイベントが追加されるはずです。 ただし、カウンタのこの部分はサポートされません。 低速ドレイン ポート モニタ ポリシーに関する注記を参照してください。

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO

説明:

このカウンタは、残りの Rx B2B 値が 100 ms 以上 0 の状態が続いたときにインクリメントされます。 これは、通常、スイッチが、アップストリーム輻輳(このポートから出力される輻輳)のために接続先のデバイスからの R_RDY(B2B クレジット)を保留していることを示します。

コマンド:

  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal fc-mac port x error-statistics
  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

FCP_CNTR_RCM_RBBZ_CH0

説明:

このカウンタは、残りの Rx B2B 値が 0 から 0 以外の値に遷移したときにインクリメントされます。

これは、show interface counters and aggregate counters コマンドに基づく 0 カウンタからの受信 B2B クレジット遷移です。 この現象はいつでも発生する可能性がありますが、大きな数値はスイッチがこのポートの送信方向で混雑し、ポートにバック プレッシャーがかかっているために、SAN に追加のパケットを送信できないことを示します。 FCP_CNTR_RX_WT_AVG_B2B_ZERO カウンタが 100 ms 以上 0 の状態が続いた場合に、インクリメントされます。

コマンド:

  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

FCP_CNTR_TMM_TBBZ_CHx - x は 0 または 1

説明:

このカウンタは、残りの Tx B2B 値が 0 から 0 以外の値に遷移したときにインクリメントされます。

これは、show interface counters and aggregate counters コマンドに基づく 0 からの送信 B2B クレジット遷移です。 これは通常時に発生する可能性がありますが、大きな数値は接続先のデバイスに伴う問題を示します。 FCP_CNTR_TX_WT_AVG_B2B_ZERO カウンタが 100 ms 以上 0 の状態が続いた場合に、インクリメントされます。

コマンド:

  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

FCP_CNTR_LRR_IN

説明:

このカウンタは、LRR が受信されるたびにインクリメントされます。 この現象は、通常、スイッチがクレジット損失回復を起動したことによって発生します。 

参照:

  • FCP_CNTR_CREDIT_LOSS
  • FCP_CNTR_LINK_RESET_OUT
  • IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SEQ_LRR

コマンド:

  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

FCP_CNTR_LINK_RESET_OUT

説明:

このカウンタは、LR が送信されるたびにインクリメントされます。 この現象は、通常、スイッチがデータ損失回復を起動したときに発生します。 

参照:

  • FCP_CNTR_CREDIT_LOSS
  • FCP_CNTR_LRR_IN
  • IP_FCMAC_INTR_PRIM_RX_SEQ_LRR

コマンド:

  • show hardware internal statistics
  • show hardware internal fc-mac port x statistics

MDS9148 アービター情報

MDS9148 は、4 ポートごとに 2 つずつの中央アービターと 12 のポート グループを備えています。 各アービターが出力ポート グループの半分を処理します。 入力ポートでパケットが受信されると、Ingress Credit Buffer(ICB)が特定の Destination Index(DI)に受信パケットを送信するための許可を要求します。 ICB は、ポート グループ 0 ~ 5 の許可要求をアービター 0 に、ポート グループ 6 ~ 11 の許可要求をアービター 1 に送信します。 DI の送信バッファ内にスペースがあれば、アービターが要求元の入力ポートに許可を返し、フレームが送信できるようになります。

アービターの要求と許可は、次のコマンドライン インターフェイス(CLI)の例で確認できます。

MDS9148# slot 1 show hardware internal icb 0 statistics | i ARB
0x00000d14 PG0_ICB_ARB0_REQ_CNT 0xf8e
0x00000d18 PG0_ICB_ARB1_REQ_CNT 0x2e93
0x00000d1c PG0_ICB_ARB0_GNT_CNT 0xf8e
0x00000d20 PG0_ICB_ARB1_GNT_CNT 0x2e93
0x00000d14 PG1_ICB_ARB0_REQ_CNT 0x3e1c
0x00000d1c PG1_ICB_ARB0_GNT_CNT 0x3e1c
...snip
0x00000d14 PG10_ICB_ARB0_REQ_CNT 0x3e1c
0x00000d1c PG10_ICB_ARB0_GNT_CNT 0x3e1c
0x00000d14 PG11_ICB_ARB0_REQ_CNT 0x3e1c
0x00000d1c
PG11_ICB_ARB0_GNT_CNT 0x3e1c

キューに入れられたパケットに対する MDS 9148 コマンド

MDS(Sabre)には、キューに入れられたパケットをチェックするための特殊なコマンドがあります。 これらのコマンドは、Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタで使用可能な show hardware internal up-xbar 0 queued-packet-info コマンドに似ていますが、それほど便利ではありません。

設定されたクレジットが使用可能なクレジットより少ない場合は、そのデバイス インターフェイス(DI)向けのフレームが保留されます。 この例では、fc1/25 に接続された低速ドレイン デバイスに fc1/13 から送信しています。 fc1/25 は、2 つのパケットがキューに入れられていることを示しています。

module-1# show hardware internal arb 0 cell-frame-credits
CCC = Cell Credits Configured.
CCA = Cell Credits Available - Live from hardware.
FCC = Frame Credits Configured.
FCA = Frame Credits Available- Live from hardware.
STA = Cell/Frame Credit status reported by hardware.
+----+---+----+-------------------------+--------------------------+
|    |   |Port|       PRIORITY 0        |        PRIORITY 1        |
|Port| DI|Mode| CCC|CCA|STA| FCC|FCA|STA|  CCC|CCA|STA| FCC|FCA|STA|
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
|   1| 35|   E|  36| 36|  Y|  36| 36|  Y|   36| 36|  Y|  36| 36|  Y|
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
|   2| 34|   E|  36| 36|  Y|  36| 36|  Y|   36| 36|  Y|  36| 36|  Y|
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
...
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
|  13| 44|   E|  36| 36|  Y|  36| 36|  Y|   36| 36|  Y|  36| 36|  Y|
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
...
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
|  25| 10|   E|  36| 34|  Y|  36| 35|  Y|   36|  2|  Y|  36| 34|  Y|  << 36 - 34 = 2 packets queued
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+  << 36 - 2 = 34 packets queued
|  26| 11|   E|  36| 36|  Y|  36| 36|  Y|   36| 36|  Y|  36| 36|  Y|
+----+---+----+----+---+---+----+---+---+-----+---+---+----+---+---+
...

現在キューに入れられているパケットのパケット ヘッダーは、slot 1 show hardware internal icb 0 port-grp 3 pkt-hdr 0 linecard コマンドで確認できます。 各ポート グループは 4 つのポートで構成されているため、入力ポートに適切なポート グループを選択する必要があります。 パケット ヘッダーはリアルタイムで表示されます。

この例では、パケットが ISL ポート fc1/13(ポート グループ 3)で受信され、低速のポート fc1/1 に送信されています。 宛先 FCID 0xcd0000 は fc1/1 上に存在します。

MDS9148# slot 1 show hardware internal icb 0 port-grp 3 pkt-hdr 0

==== PACKET (Sabre & FC) HEADER in PG 3 BUFFER NUMBER : 0 ====

+---------------------+---------------------+---------------------+
| SS : 0x1 | VER : 0 | AT : 0 |
| BC : 0 | GA : 0 | SOF : 0x6 |
| HL : 0 | PLEN : 0 | TTL : 0xff |
| UP : 0 | DI : 0 | SI : 0x2c |
| CTL : 0 | TSTMP : 0xbd48 | STA : 0 |
| SP : 0 | VSAN : 0xed | CSUM : 0x59 |
+---------------------+---------------------+---------------------+
| R_CTL : 0 | D_ID : 0xcd0000 | CS_CTL : 0 |
| S_ID : 0x960280 | TYPE : 0 | F_CTL : 0x280000 |
| SEQ_ID : 0 | DF_CTL : 0 | SEQ_CNT: 0 |
| OX_ID : 0x8000 | RX_ID : 0 | PARAM : 0 |
+---------------------+---------------------+---------------------+
MDS9148#

発行されたコマンド セット

  • show clock
  • show interface fc1/13
  • show interface fc1/25
  • show interface fc1/13 counters
  • show interface fc1/25 counters
  • show hardware internal errors all
  • show hardware internal packet-flow dropped
  • show hardware internal packet-dropped-reason
  • show hardware internal statistics module 1
  • show logging onboard starttime 13/01/10-00:00:00 error-stats
  • show logging onboard flow-control timeout-drops
  • show process creditmon credit-loss-events
  • show system internal snmp credit-not-available
  • slot 1 show hardware internal fc-mac port 13 statistics
  • slot 1 show hardware internal fc-mac port 13 error-statistics
  • slot 1 show hardware internal fc-mac port 25 statistics
  • slot 1 show hardware internal fc-mac port 25 error-statistics
  • slot 1 show hard internal credit-info port 13
  • slot 1 show hard internal credit-info port 25
  • slot 1 show port-config internal link-events
  • ****end

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116401