音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続と Exchange の間で同期されないメッセージ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はユーザがメッセージを Cisco Unity Connection と Microsoft Exchange 2010 の間で同期されて得ないかもしれない問題を記述したものです。 この問題は新しいセットアップと起こるかもしれませんし、既存のセットアップと干渉しないかもしれません。 最近の変更は Exchange 2010 サービスパック 2 (SP2)巻き上げ 4 (RU4)によって原因の一部である可能性があります持って来ました。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

同期の問題は通常インボックスで多数の項目がある、他のメールボックス サイズと同様に起こる場合がありますユーザと発生します。 2010 SP2 RU4 がスロットリング制限を適用する方法 Microsoft Exchange に変更がずっとあります。

Ciscoドキュメンテーション状態:

「Exchange 前に 2010 SP2 RU4 は呼出すアカウントに対して、スロットリング制限計算されました(ケース サービス アカウントで)。 から、Exchange は 2010 SP2 RU4 開始して、この制限変更されました。 この場合、充電は呼出すアカウントよりもむしろターゲット メールボックスに対して数えられます」。

トラブルシューティング

このプロシージャは問題を調査し確認する方法を記述します:

  1. Unified Messaging アカウントの下でユーザの Test ボタンを押して下さい。 ナビゲート して下さいユーザに > 「選択しますユーザの > Edit > Unified Messaging を説明します > 「選択しますサービスを」。

  2. 行き、トレースするために > マイクロ トレースは Cisco Unity Connection サービサビリティ Web ページにナビゲート し、これらのマイクロ トレースを有効に します:
    CsMBXSync: 10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23
    CsEWS: 10,11,12,13
  3. ユーザ向けのテスト メッセージを残して下さい。 電話で去るべきメッセージを待ち 3 分 Unity 接続が Exchange Web サービス(EWS)と同期するようにもう待って下さい。

  4. これら二つのトレースを収集するためにユーザ 実時間監視 ツールを使用して下さい。 10 分に時間枠を設定 して下さいそうすればテストの時間枠のためのすべてのトレースを得ます。 デスクトップであるためにダウンロード サイトを設定 すれば フォルダを探すことは「Unity 接続サーバを指名しました: 」
    Connection Mailbox Sync
    Connection Tomcat

    : 接続メールボックス同期化トレースは最も有用なトレースです。 複数のメールボックス同期化トレースが生成される場合、すべてのトレースをすぐに検索するために Notepad++ を使用して下さい。

  5. トレースを検索して下さい。 通常団体 eメールアドレスによってユーザを見つけることができます。
    12:38:48.095 |13196,,,CsMbxSync,20,Created Service Entry Handler with 
    retry count 1 for Srvc Entry Data: (Cnx Mbx Id: Cnx Mbx Id: (Mbx Uid:
    {11f4a1b5-7758-434a-b66e-f84889b923f2}, Inbox Folder Uid:
    {6d08496c-9f8c-4cb4-a828-a38a3d9b7d97}, Mail Store: UnityMbxDb1, Inbox
    Folder Name: inbox), Srvc Data: External Srvc Data:
    (Ext Srvc Oid: {85ee84a7-0bb6-457f-8cce-2fbf2fae5ad7}, Display Name: UM
    Sevices 1, Auth Scheme: 2, Is Enabled: 1, Srvc Supports Sync: 1 , Exch Do
    Auto Discover: 0, Exch Do Auto Discover 2003: 0, Security Transport Type:
    1, Server: 192.168.5.5, Service Account: Test, Service Password: XXXXXXXXX,
    Service
    Type: 4, Exch Service Type: 1, Trust Cert Dir:
    /usr/local/platform/.security/tomcat/trust-certs/, Ldap Security Transport
    Type: 0, Ldap Validate Server Certificate: 0, Validate Server Certificate:
    0, Notification Type: 0, Is Impersontaion Enabled: 1, Proxy Ip Address: ),
    Mbx Data: Mbx Data:
    (Email Addr: user@mylab.com, Subscriber Oid:
    {019b9589-d0b4-440f-8afd-dc99ba67547e}
    , Sync Enabled: 1, SESM Oid:
    {ac8b5b58-766b-4ccf-b444-525606562f18}, DTMFAccess ID: 111))
    鍵情報はこの例の {019b9589-d0b4-440f-8afd-dc99ba67547e} のサブスクライバ Oid です。 この Oid が含まれているどの行でもこのユーザを示します。 サブスクライバ Oid で検索する場合今詳細を得ることができます。

  6. 捜して下さい「ErrorServerBusy のようなコードを」。 これは検索からの出力例です:
    12:38:48.281 |13459,172.16.10.31,{019b9589-d0b4-440f-8afd-dc99ba67547e},
    CsEws,14,endElement>>> 0:0 - MessageText = The server cannot service this
    request right now. Try again later.
    12:38:48.281 |13459,172.16.10.31,{019b9589-d0b4-440f-8afd-dc99ba67547e},
    CsEws,14,startElement>>> 0:0 - ResponseCode =
    12:38:48.281 |13459,172.16.10.31,{019b9589-d0b4-440f-8afd-dc99ba67547e},
    CsEws,14,endElement>>> 0:0 - ResponseCode = ErrorServerBusy

    この出力は EWS が Exchange サーバの電流 EWS ポリシーに基づいて要求を時間を計ったことを示したものです。

解決策

この問題を解決するために、これに基づいて EWS ポリシーをアップデートされたドキュメント調節して下さい: Cisco Unity Connection 9x および Unified Messaging のための Microsoft Exchange の設定: Cisco Unity Connection (Exchange 2010 SP2 RU4 およびそれ以降)の Unified Messaging Serivces アカウントのための EWS 制限を取除くこと

このプロシージャは無制限 EWS 接続で新しい EWS ポリシーを作成する方法を記述します。 新しいポリシーはきちんとはたらける ErrorServerBusy 問題に直面したユーザを可能にします:

  1. Exchange 管理 シェルがインストールされているサーバへのログイン。 企業 Admin グループまたはアカウントのメンバーであるどちらかをアカウント使用して下さい設定コンテナーの Exchange オブジェクトの権限を与える権限がある。

  2. 無制限 EWS 接続で新しいポリシーを作成して下さい:
    New-ThrottlingPolicy -Name "<ConnectionUnifiedMessagingServicesPolicy>" 
       -EWSMaxConcurrency $null -EWSMaxSubscriptions $null -EWSPercentTimeInCAS
    $null -EWSPercentTimeInMailboxRPC $null -EWSFindCountLimit $null
    -EWSPercentTimeinAD $null
    ConnectionUnifiedMessagingServicesPolicy が名前ポリシーである一方、作成したいと思います。

  3. すべての Unified Messaging ユーザ メールボックスに新しいポリシーを適用して下さい。 各ユーザ メールボックスに関しては、このコマンドを実行して下さい:
    Set-ThrottlingPolicyAssociation -Identity 
    "
    <ConnectionUnifiedMessagingusermailbox>" -ThrottlingPolicy
    "
    <ConnectionUnifiedMessagingServicesPolicy>"

    ここで、

    ConnectionUnifiedMessagingusermailbox はユーザ メールボックスの名前です。
    ConnectionUnifiedMessagingServicesPolicy はステップ 2.で作成したポリシーの名前です。

  4. メールボックスが新しいポリシーを使用することを確認して下さい:
    Get-ThrottlingPolicyAssociation -Identity 
    "
    <ConnectionUnifiedMessagingusermailbox>" | findstr "ThrottlingPolicy"
  5. チャネル連携信号 (CAS)ロールがある Exchange 各 2010 サーバの Microsoft Exchange Remote Procedure Call (RPC) クライアントアクセス サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116488