セキュリティ : Cisco Access Registrar 5.1

CSV 形式のための CAR 5.x アカウンティング ファイル生成プロシージャ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

アカウンティング ログファイルがカンマによって分けられる値(CSV)形式を反映するようにこの資料に手動で RexAcctScript を編集する方法を記述されています。

カルヴァン Ryver によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

RexAcct スクリプトを編集して下さい

VerifylibRexAcctScript.so ファイルはに Cisco AR > スクリプト > 半径 > rex ディレクトリあります。 

: CSV 形式を使用するためにログファイルを設定するために手動でスクリプトを編集し、リコンパイルして下さい。 このプロシージャは REX 会計スクリプト ユーザガイドの使用で、第 25 章文書化されています。

アカウンティング ファイル、ナビゲートの形式を > AICar1 > 例 > rexacctscript > AcctAsScript.cpp 選択し、これらの変更を行なうために変更するため:

Line Number             From                         To
2048              *(pEnd++) = "\n";           *(pEnd++) = ",";
2037              *(pEnd++) = "\t";           *(pEnd++) = " ";

: 引用符は(」「)領域がはいっています。

これのようなエラーメッセージを受け取るかもしれません:

AcctAsScript.cpp:2080:18: error: empty character constant

このエラーメッセージを受け取る場合、AcctAsScript.cpp ファイルをこれと一致するストリングに関してはチェックし、評価して下さい:

*(pEnd++) = '';

このようになるためにスクリプトを修正して下さい:

*(pEnd++) = '\t

アカウンティング ファイル出力は今これに類似するはずです:

Tue,  26  Sep  2000  17:15:22
User?Name = sven, NAS?IP?Address = 10.200.68.2, NAS?Port = 2,
Service?Type = NAS Prompt, Calling?Station?Id = 172.17.246.244,
Acct?Status?Type = Start, Acct?Delay?Time = 0,
Acct?Session?Id = 0000000D, Acct?Authentic = RADIUS,
NAS?Port?Type = Virtual,,,,, Tue, 26 Sep 2000 17:15:23
User?Name = sven, NAS?IP?Address = 10.200.68.2, NAS?Port = 2,
Service?Type = NAS Prompt, Calling?Station?Id = 172.17.246.244,
Acct?Status?Type = Stop,Acct?Delay?Time = 0, Acct?Session?Id = 0000000D,
Acct?Authentic = RADIUS, Acct?Session?Time = 1,
Acct?Terminate?Cause = User Request, NAS?Port?Type = Virtual,,,,,

見ればカンマはエントリを分けます、CSV 形式を使用するために今設定 されます。 

: グループ サービスを利用するために必要となりません; ServerIncomingScript を通して設定される LocalAccounting スクリプトはアカウンティング レコードを書き込み、会計が要求する DefaultAccountingService 設定されたプロキシ。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116426