スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

CPU に 送られる トラフィックのための Catalyst 6500 シリーズ スイッチ SPAN キャプチャ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Switch Processor (SP) CPU と Supervisor Engine 720 を実行するルータプロセッサ(Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの RP)間のパスのパケットを CPU キャプチャ するためにこの資料にスイッチポートアナライザ(SPAN)機能を使用する方法をと同時に RP インバンド SPAN 記述されています。

このパスのすべてのパケットが CPU に到着しないが、このプロセスはトラフィックによる CPU使用率が高い状態のケースで分析するために CPU にパントされるよいサンプルを提供します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Shashank Singh

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Supervisor Engine 720 が稼働する Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

パケットをキャプチャ して下さい

スイッチで動作する判別し、適切なコマンドを使用して下さい Cisco IOS ® バージョンを:

Cisco IOS Release 12.2(18)SXF

6500#monitor session 1 source interface <mod/port> 
!Use any dummy interface that is administratively shut down.

6500#monitor session 1 destination interface <mod/port>
! interface with PC running wireshark attached

6500#remote login switch

6500-sp#test monitor add 1 rp-inband tx

Cisco IOS Release 12.2(33)SXH および それ 以降

6500(config)# monitor session 1 type local 

6500(config-mon-local)# source cpu rp tx

6500(config-mon-local)# destination interface <mod/port>
! interface with PC running wireshark attached

6500(config-mon-local)# no shut

この設定は SP-RP インバンド パスのトラフィックを映し、デスティネーションインターフェイスにそれを転換します。 デスティネーションインターフェイスの PC を接続し、Network Interface Cards (NIC)で受信されるトラフィックをキャプチャ し スニファー アプリケーション(Wireshark、たとえば)を始めて下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116473