ルータ : Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

XR L2VPN 設定 変換プロセスへの L2 スイッチングの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco IOS XR レイヤ2 仮想 な プライベート ネットワーク(L2VPN)設定に Cisco IOS ® レイヤ 2 スイッチング 設定を変換する方法を記述されています。

Manuel Irizarry、デイヴィッド電源およびサミュエル Milstead によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料は特定のソフトウェアに制限 されませんが、L2VPN を設定するためにイーサネット バーチャル サーキット(EVC)モデルを使用する 9000 シリーズによって集約されるサービス ルータ(ASR)関連のハードウェアバージョンに制限 されます。 ASR 9000 シリーズ ルータは Cisco IOS XR を実行するキャリア ルーティング システム(CRS)ルータはが EVC モデルを使用します。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

ASR 9000 シリーズ ルータはレイヤ2 (L2)設定の IEEE モデルに、802.1Q および 802.1AD 最も特に続きません。 その代りそれは EVC モデルを使用します。 EVC モデルは Cisco IOS XR が新しい方法で現在の 802.1Q VLAN タグを活用 するようにします。 従来、VLAN タグは分類を、VLAN、フォワーディング定義します、および MAC アドレス ルックアップを行うために使用するべき連想記憶メモリ(CAM)表。 EVC モデルによってより多くの柔軟性およびより高いスケールを割り当てるために、この概念は結合解除されます。 EVC モデルは最大 4,096 VLAN の Cisco IOS 制約事項を除去します。

EVC はこれらの基本要素を使用します:

  • イーサネットはポイント(EFP)フローします-物理的のの下でトラフィックを分類するために使用するまたは bundle interface です EFP は L2 論理的なサブインターフェイス。

  • EVC - EVC は L2 のシングル インスタンスのエンドツーエンド 表示です。 EFP はノード内の EVC のエンド ポイントと定義されます。 多重 EVCs がパススルー 1 つの物理インターフェイスできるので、EFP 設定の主な目的は EVC ですトラフィックをそのインターフェイスの仕様 EVC に認識し属する、特定のそれに転送 動作および機能を加えること。

  • ブリッジドメイン(BD) - BD はデバイスに内部 イーサネット ブロードキャスト ドメインです。 BD はブロードキャスト ドメインからの VLAN を結合解除することを可能にします。 BD は EFPs との一対多マッピングがあります: 仕様 EVC のためのノードの EFPs すべては BD の使用とグループ化されます。 EFPs が同じ BD に属し、同じ BD 数を備えている場合、異なる VLAN ナンバーがあっても EFPs レシーブ トラフィック。

問題

ASR 9000 シリーズ ルータの Cisco IOS XR はイーサネット バーチャル サーキット(EVC)モデルを使用します。 EVC モデルにトランク、VLANインターフェイス、または Switch Virtual Interface (SVI)の概念がありません。 Cisco IOS からトランク、VLANインターフェイスおよび SVIs はサブインターフェイス、L2VPN BDs、およびブリッジ 仮想インターフェイス(BVI)によって Cisco IOS XR コンフィギュレーションに変換する必要があります。 EVC モデルは Cisco IOS XR に最初に移行するとき何人かの Cisco IOS ユーザに新しいかもしれません。

解決策

Cisco IOS XR の設定は 3 つのステップで構成されています:

  1. VLAN を表す l2transport オプションのインターフェイスまたはサブインターフェイスの設定によって EFP を作成して下さい。

  2. EFPs をグループ化するために BD を作成して下さい。

  3. レイヤ3 (L3) SVIs が必要なとき、BD に属する L2 インターフェイスに基本的な L3 機能を提供するために Cisco IOS のインターフェイス VLAN の代りに Cisco IOS XR のインターフェイス BVI によって、設定して下さい。

: BVI インターフェイスは VLAN タグをサポートしません; そう EFP の入トラフィックを処理する BVI のために VLAN タグは入力でぽんと鳴り、出力で追加する必要があります。 これは書き直しコマンドで完了します。

設定を変換して下さい

この例に Cisco IOS から Cisco IOS XR に設定を変換する方法を説明されています。

IOS 設定

interface GigabitEthernet3/13
switchport
switchport access vlan 4
speed 1000
duplex full
!
interface GigabitEthernet3/14
switchport
switchport access vlan 130
speed 1000
duplex full
!
interface GigabitEthernet3/15
switchport
switchport access vlan 133
speed 1000
duplex full
!
interface TenGigabitEthernet13/3
description IOS Trunk
switchport
switchport trunk encapsulation dot1q
switchport trunk allowed vlan 1*,4,130,133
switchport mode trunk
no ip address
!
interface Vlan 4
ip address 10.10.4.1 255.255.255.0

interface Vlan 130
ip address 10.10.130.1 255.255.255.0
!

*Vlan 1 is the native vlan

EFP インターフェイスを作成して下さい。 Cisco IOS XR は EFP および EVC 設定のための構造化 CLI を設定します。 EFP を設定するために、これらのインターフェイスコンフィギュレーションコマンドを使用して下さい:

  • l2transport コマンド-このコマンドは EFP としてサブインターフェイス、物理ポート、またはバンドル ポート親インターフェイスを識別したものです。

  • encapsulation コマンド-このコマンドは VLAN 一致基準を規定 するために使用されます。

  • 書き直しコマンド-このコマンドは VLAN タグ書き直し基準を規定 するために使用されます。

Interfate TenGigabitEhternet 13/3 (トランク ポート)のための ASR 9000 設定

interface GigabitEthernet 0/0/0/1
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/1.1 l2transport
encapsulation dot1q untagged **
!

interface GigabitEthernet 0/0/0/1.4 l2transport
encapsulation dot1q 4
rewrite ingress tag pop 1 symmetric

interface GigabitEthernet 0/0/0/2
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/2.130 l2transport
encapsulation dot1q 130
rewrite ingress tag pop 1 symmetric
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/3
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/3.133 l2transport
encapsulation dot1q 133
rewrite ingress tag pop 1 symmetric
!
interface tengig0/0/0/0
!
interface tengig0/0/0/0.4 l2transport
no ip address
encapsulation dot1q 4
rewrite ingress tag pop 1 symmetric
!
interface tengig0/0/0/0.130 l2transport
no ip address
encapsulation dot1q 130
rewrite ingress tag pop 1 symmetric
!
interface tengig0/0/0/0.133 l2transport
no ip address
encapsulation dot1q 133
rewrite ingress tag pop 1 symmetric
!

ネイティブ VLAN 1、untag トラフィックを追加し、dot1q タグが付いていないカプセル化を用いる l2transport サブインターフェイスを作成するため。 l2transport インターフェイスの下で encapsulation dot1q タグが付いていないコマンドを使用すればポートがポートに接続されればサブインターフェイスは IOSデバイスのスイッチポートアクセスのために設定します。

次に例を示します。

IOS:

interface Gigabitethernet 1/1
switchport
switchport access vlan 3

IOSXR:

interfage GigabitEthernet 0/1/1/1.1 l2transport
encapsulation dot1q untagged

EFP が作成された後、BVI インターフェイスは BD に作成され、追加することができます。 BVI インターフェイスは Cisco IOS のインターフェイス VLAN を取り扱うために使用されます。

interface BVI4
ipv4 address 10.10.4.1 255.255.0.0
!
interface BVI130
ipv4 address 10.130.1.1 255.255.0.0
!

BVI インターフェイス番号は VLAN識別名を一致する必要は必ずしもありません。 同じは L2 トランスポート インターフェイスのサブインターフェイス数にあてはまます。 ただし、明確にするためにこの例で、BVI 数は dot1q タグと一致します、また EFP サブインターフェイス数。

この例では EFPs および BVI をブリッジ接続するために、l2-VPN BD は作成されます:

l2vpn
bridge group VLAN4
bridge-domain VLAN4
interface ten0/0/0/0.4
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/1.4
!
routed interface bvi4
!
!
bridge-domain VLAN130
interface ten0/0/0/0.130
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/2.130
!
routed interface bvi130
!
!
bridge-domain VLAN133
interface ten0/0/0/0.133
!
interface GigabitEthernet 0/0/0/3.133
!
!
!
!

ザ・ブリッジ グループ(BG)は BDs を同じ機能別グループの一部で複数接続する非機能的な設定階層です。 それはマルチプルドメインとの 1 グループに対してドメインを持つ複数の個々の グループの作成としてちょうど、機能します。

相当するコマンド

この表は Cisco IOS で利用可能 な他のコマンドおよび BD の下で設定される Cisco IOS XR の相当するコマンドをリストしたものです:

[IOS]IOS XR
スイッチポート ブロック ユニキャスト}未知のユニキャスト ディセーブルにあふれること
スイッチポート ポート セキュリティ 最大MAC 制限最大(範囲 5-512000)
スイッチポート セキュリティ違反MAC 制限操作(フラッド、非フラッド、シャットダウン) MAC 制限通知(両方、どれも、トラップ)
MACアドレステーブル 通知 MAC 移動次を設定する必要: MAC セキュア操作どれも MAC セキュア ロギング
スイッチポート ポート セキュリティ MAC アドレスインターフェイス X MAC 制限最大 y 静的なMACアドレス H.H.H

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116500