音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

Cloud 配備の Windows UC 統合 設定のための Jabber

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Call Manager (CUCM)への Windows 接続の Jabber のための WebEx サーバの統合された通信(UC)統合を設定するためにステップを記述したものです。

ジョシュア Hammonds およびスコット丘によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

Windows 電話制御のための Jabber はと WebEx サーバの方の誘導機能しません。

解決策

クラウド環境の Windows のための Jabber の電話制御は WebEx サーバの 2 つの主要な設定を必要とします:

  1. WebEx ドメインは UC 統合のために有効に する必要があります。
  2. UC 統合 クラスタはユーザの WebEx アカウントに設定され、割り当てる必要があります。

UC のために有効に なるべき WebEx ドメインのためにこれがするローカル WebEx 管理者がことができるタスクではないので WebEx サポートのケースをオープンして下さい。


UC 統合 クラスタを作成するため:

  1. WebEx 管理者ページで、『Configuration』 を選択 し、次に Unified Communication を選択して下さい。
  2. クラスタを選択して下さい。
  3. [Add] をクリックします。
  4. クラスタ名を入力し、Cisco WebEx 接続応答の割り当て Cisco UC マネージャ統合をクリックして下さい。

    : このオプションは WebEx 両方接続応答および Cisco Jabber のための UC 統合を有効に します。

  5. 手動設定をユーザを基本 モードのプライマリ サーバ値を変更することを許可するために入力するように割り当てユーザをクリックすれば Trivial File Transfer Protocol (TFTP) /Computer テレフォニー 統合(CTI) /Cisco Unified Communication マネージャ IP Phone (CCMCIP)サーバはモードを先立って評価します。

    : このオプションを有効に するとき、ユーザが入力 した設定は Cisco WebEx 組織のために規定 されるデフォルトかグローバル な CUCM 設定によって overidden あります。

  6. Cisco Unified Communications Manager サーバ設定の下で、選択して下さい:
    • 基本的なサーバ設定 CUCM サーバの基本的な設定を入力するため。 (これは電話制御に必要なサービスを経営する環境で 1 CUCM サーバがある場合使用されますか。 TFTP、CTI、CCMCIP)。
    • 新型サーバ設定 CUCM サーバの高度かより詳しい設定を入力するため。 (これが必要な電話管制業務の異なる CUCM サーバを規定 するのに使用されています)。
  7. 基本的なサーバ設定のこれらの値を入力して下さい:
    • プライマリ サーバ: プライマリ CUCM サーバの IP アドレスを入力して下さい。 このサーバは TFTP、CTI および CCMCIP 設定で設定されます。
    • バックアップサーバ: バックアップ CUCM サーバの IP アドレスを入力して下さい。 このサーバは TFTP、CTI および CCMCIP 設定でプライマリ CUCM サーバが失敗した設定され、フェールオーバー サポートを提供します。
  8. ステップ 6 のサーバ設定を『Advanced』 を選択 する場合、TFTP、CTI および CCMCIP サーバの各設定を規定 して下さい。
  9. 指定 サービスのための IP アドレスを入力して下さい。
  10. ボイスメール アクセスのための CUCM サーバで設定される音声メール パイロット番号を入力して下さい。
  11. 音声メールをクリックして下さい。
  12. ビジュアル ボイスメールを『Enable』 を選択 して下さい。 ここに入力されるビジュアル ボイスメール設定はこのクラスタに属するユーザにだけ適当です。
  13. 音声メール サーバを規定 するためにこのクラスタのための特定の音声メール サーバを選択して下さい。
  14. 手動設定をユーザを手動でこのクラスタのビジュアル ボイスメール設定を入力することを許可するために入力するように割り当てユーザを選択して下さい。
  15. UC 設定を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。
  16. クラスタが保存されれば、ユーザに行けます現在『Edit』 を選択 し、UC 統合を選択し、次にユーザに新しく作成されたクラスタを追加します。
  17. クラスタが割り当てられたら、Jabber クライアントを終了し、Jabber を再起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116477