サービス エクスチェンジ : Cisco Service Control Application for Broadband

SCA BB レポーター: デバッグ ログを生成する方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Cisco Service Control Application for Broadband (SCA BB)レポーターに対してサービス リクエストを入れる場合通常デバッグ ログが必要となります。 これらのデバッグ ログはレポートを生成するのに使用される SQL が含まれ、レポートのような問題のために発生するかもしれないどのエラーメッセージでもデータかレポートが含まれています期待しなかったデータが含まれていません。 この資料に SCA BB レポーターのためのデバッグ ログを生成する方法を記述されています。

ニール・アームストロングによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

手順

SCA BB レポーターのためのデバッグ ログを生成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. オプションを記録 することを送信デバッグ メッセージが可能にして下さい。
  2. 問題を引き起こしたレポートを送って下さい。
  3. デバッグ ログにアクセスして下さい。

ステップ 1.オプションを記録 することを送信デバッグ メッセージが可能にして下さい。

  1. レポーター- SCA BB コンソールは、> レポーター『Preferences』 を選択 します。

    Preferences ダイアログボックスは現われます。
    116383-troubleshoot-sca-bb-debug-log-01.png 

  2. 『Configuration』 をクリック し、Log チェックボックスに送信デバッグ メッセージをチェックして下さい。

  3. [OK] をクリックします。

ステップ 2.問題を引き起こしたレポートを送って下さい。

デバッグ メッセージを有効に すれば(必要とする読み込むために 1)ステップは、正確なレポートをベテラン問題データのログを送ります。

ステップ 3.デバッグ ログにアクセスして下さい。

  1. レポーター- SCA BB コンソールは、SCA BB コンソールを Help > About の順に選択 します。

    約 SCA BB Console ダイアログボックスは現われます。
    116383-troubleshoot-sca-bb-debug-log-02.png

  2. 約 SCA BB Console ダイアログボックスで、Details を『Configuration』 をクリック して下さい。

    コンフィギュレーションの詳細 ダイアログボックスは現われます。
    116383-troubleshoot-sca-bb-debug-log-03.png

  3. コンフィギュレーションの詳細 ダイアログボックスで、エラーログを『View』 をクリック して下さい。

    エラーログはデフォルト Webブラウザで開きます。
    116383-troubleshoot-sca-bb-debug-log-04.png

  4. レポートに関連しているファイルの終わりへのナビゲートはデータを見つけるためにスクロールし。 レポートを生成し、データを見つけるために要求に関連しているこのエントリを使用するのに使用される SQL コマンドに注意する必要があります。

    : このファイルの全体のコンテンツはこの問題に関するあらゆる TAC サービス ケースにアップロードする必要があります。

ビデオ

このビデオはこのプロシージャを完了する方法を示します:

関連情報



Document ID: 116383