スイッチ : Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

Nexus 5500 から Nexus 7000 マルチホップ FCoE 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はイーサネット(FCoE)バーチャル E (VE)上のマルチホップ Fibre Channel を- Nexus 7000 および Nexus 5500 スイッチ間のポートに VE ポート 設定記述したものです。

カーロ シュミツト、Ozden Karakok、およびウィリアム ダグラスによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

このプロセスを始めるために、それを確認して下さい:

  • Nexus 7000 に有効に なる FCoE 機能があります。

  • モジュール F1 は FCoE のために認可されます。

  • システム Quality of Service (QoS)は正しく設定 されます。

  • ストレージ 仮想デバイス コンテキスト(VDC)は作成されます。

  • 専用のおよび共用インターフェイスは設定されます。

マルチホップ FCoE のための Nexus 7000 スイッチを設定するために、これらのステップを完了して下さい。

  1. 次のコマンドを入力します。
    default_vdc(config)# license fcoe module 1
    default_vdc(config)#system qos
    default_vdc(config-sys-qos)# service-policy type
    network-qos default-nq-7e-policy
    default_vdc(config)# install feature-set fcoe
    default_vdc(config)# vdc fcoe type storage
    default_vdc(config-vdc)# allocate fcoe-vlan-range [VLAN#] from vdcs [VDC Name]
    default_vdc(config-vdc)# allocate interface
    ethernet1/31-32
     <-- For FCoE VE port
    connectivity, you NEED dedicated interfaces;
    they cannot be shared!

    default_vdc(config)# switchto vdc fcoe
  2. ストレージ VDC のイーサネットおよび仮想ファイバ チャネル(VFC)インターフェイスを設定して下さい。 ストレージ VDC で FCoE のために(この例の FCoE と呼ばれる)必要とされる機能を設定するために入力して下さい:
    fcoe(config)# feature lacp
    fcoe(config)# feature-set fcoe
    fcoe(config)# feature lldp
  3. 仮想 な ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)を作成し、VSAN に FCoE VLAN をマッピング して下さい。 この例は VLAN 2 および VSAN 2.を使用します。
    fcoe(config)# vlan [VLAN#]
    fcoe(config-vlan)# exit
    fcoe(config)# vsan database
    fcoe(config-vsan-db)# vsan [VSAN#]
    fcoe(config-vsan-db)# exit
    fcoe(config)# vlan [VLAN#]
    fcoe(config-vlan)# fcoe vsan [VSAN#]
    fcoe(config-vlan)# exit
  4. イーサネットインターフェイスをトランクで設定し、トランクの FCoE VLAN を有効に するために、入力して下さい:
    fcoe(config)# interface eth1/31-32
    fcoe(config-if)# channel-group 2 force mode active
    fcoe(config-if)# int port-channel 2
    fcoe(config-if)# switchport mode trunk
    fcoe(config-if)# switchport trunk allowed vlan 2
    fcoe(config-if)# no shut

    : Nexus 7000 で、デフォルトでソース宛先oxid ロード バランシング メカニズムは FCoE トラフィックのために使用されます。

  5. VFC を作成するためにインターフェイスさせ、それをイーサネットインターフェイスに結合 し、トランキングしたインターフェイスの VSAN を、入ります有効に して下さい:
    fcoe(config)# interface vfc-port-channel 2 <--  There is an implicit bind; 
    it will be automatically mapped to the port-channel created in the previous set
    .
    fcoe(config-if)# switchport mode E 
    fcoe(config-if)# switchport trunk allowed vsan 2
    fcoe(config-if)# no shut

マルチホップ FCoE のための Nexus 5500 スイッチを設定するために、これらのステップを完了して下さい。

  1. Nexus 5500 スイッチの第一歩は FCoE 切り替えオペレーションを有効に すること次に LACP が有効に なるようにします。 機能 fcoe コマンドが Nexus 5500 スイッチの Fibre Channel (FC)および FCoE を両方有効に するために必要となります。
    AwesomeN5k(config)# feature lacp
    AwesomeN5k(config)# feature fcoe
  2. Nexus 5500 の FCoE オペレーションのための QoS を有効に して下さい。 QoS 文の 4 つの行は FCoE のためのベースラインシステム QoS ポリシーをマッピング します。 これらのコマンドなしで、バーチャル FC インターフェイスはアクティブにされてと機能しません。
    system qos
    service-policy type qos input fcoe-default-in-policy
    service-policy type queuing input fcoe-default-in-policy
    service-policy type queuing output fcoe-default-out-policy
    service-policy type network-qos fcoe-default-nq-policy
    end
  3. VSAN を作成し、VSAN に FCoE VLAN をマッピング して下さい。 この例は VLAN 2 および VSAN 2.を使用します。
    AwesomeN5k(config)# vlan [VLAN#]
    AwesomeN5k(config-vlan)# exit
    AwesomeN5k(config)# vsan database
    AwesomeN5k(config-vsan-db)# vsan [VSAN#]
    AwesomeN5k(config-vsan-db)# exit
    AwesomeN5k(config)# vlan [VLAN#]
    AwesomeN5k(config-vlan)# fcoe vsan [VSAN#]
    AwesomeN5k(config-vlan)# exit
  4. イーサネットインターフェイスをトランクで設定し、トランクの FCoE VLAN を有効に するために、入力して下さい:
    AwesomeN5k(config)# interface eth1/47-48
    AwesomeN5k(config-if)# channel-group 2 mode active
    AwesomeN5k(config-if)# int channel-group 2
    AwesomeN5k(config-if)# switchport mode trunk
    AwesomeN5k(config-if)# switchport trunk allowed vlan 2
    AwesomeN5k(config-if)# no shut

    : Nexus 5500 で FCoE トラフィックのための LACP port-channel の既定の読み込みバランスをとるメカニズムは「ソース/宛先」です。 このデフォルトステートでは、FCoE すべてのトラフィックは Nexus 5500 が FCoE VE ポート上の帯を転送するとき port-channel の同じリンクを奪取 します。 FCoE トラフィックのために port-channel で使用されるべきすべてのリンクを有効に するために Nexus 5500"を設定するためにポートチャネル ロードバランス イーサネット ソース dest ポート コマンドを port-channel ロード バランシング」「ソース dest ポート」入力して下さい。 この設定「ソース宛先oxid」ロード バランシングによって FCoE トラフィックのために使用されます。

  5. VFC を作成するためにインターフェイスさせ、それをイーサネットインターフェイスに結合 し、トランキングしたインターフェイスの VSAN を、入ります有効に して下さい:
    AwesomeN5k(config)# interface vfc 2
    AwesomeN5k(config-if)# bind interface port-channel 2
    AwesomeN5k(config-if)# switchport mode E
    AwesomeN5k(config-if)# switchport trunk allowed vsan 2

VFC は現在オンラインです!

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116298