WAN : TDM

TDM 回線 DSP クロッキング、滑りおよび同期 テクニカルノート

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にネットワーク クロッキングで問題を解決する方法を記述されています。 クロッキングに関する問題および解決策に多くのよい文書があり、情報を繰り返すようにこの資料は意図されていません。 その代り、目標はそれらの文書のナレッジを強化し、詳細についてはそれらの文書へポインタを提供することです。

Time Division Multiplexing (TDM) (T1/E1)インターフェイスを実装するとき、いくつかの次の問題は発生するかもしれません:

  • 一般電話サービス (POTS)の単方向音声かオーディオ無し-に VoIP 呼び出しか POTS間呼び出し
  • モデムの学習機能の不具合。
  • 不完全または抜けた行があるファクシミリ
  • ファックス接続の障害。
  • VOIPコールのエコーおよび悪い音質
  • 電話の間の静的なノイズ

そのような問題を調査するために show controller t1 コマンドが使用される場合クロック スリップは観察されるかもしれません。 ソリューションは必ずしもネットワーク クロッキングに加わらせます T1 をではないです; 全く、ネットワーク クロッキングはよく問題であるかもしれません。

Baktha Muralidharan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークがライブである場合、設定されている前に各コマンドの潜在的影響が理解されることを確かめて下さい。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

前提条件

  • すべてのネットワークモジュールが(NM)および音声カードは徹底的に説明されていません。 内蔵デジタル信号プロセッサ(DSP)およびある特定のモジュールのフェーズによってロックされるループ 回路(PLL)の存在はそのモジュールが自身の clockinPleasein で動作できるかどうか判別します。
  • T1 への参照は E1 に適用します。
  • データアプリケ− ションは(データを伝送する T1s/E1s の使用のような)当たりません。
  • TDM バックプレーン クロックのないプラットフォームは(UC5xx および IAD のような)説明されていません。

クロッキングおよびクロック スリップ

T1 または E1 インターフェイスで受信されるトラフィックは内部で帯と呼ばれるビット 構成を繰り返します; 各フレームはビットの固定番号です。 受信側デバイスはフレームの開始および終了を判別するためにビットの数を単に数え、こうしてフレームの終わりをいつ期待するか丁度確認します。

ただし、送信および受信側デバイス間のタイミングが同じでなければ、受信側デバイスは不正確な値の戻りという結果に終る間違った時点にビットストリームを見本抽出するかもしれません。 この条件はクロック スリップとして知られています。

定義では、クロック スリップとは、バッファの読み込み速度と書き込み速度の不一致により、同期データ ストリームでビット(またはビット ブロック)が重複したり欠落したりすることを指します。 スリップは機器バッファ記憶か他のメカニズムが着信および発信場合のフェーズまたは周波数の違いを取り扱うことができないので起こります。 これは発信場合のタイミングが着信信号のそれから得られないとき発生します。

この資料という点において、受信側デバイスとして T1 ポートおよび送信側デバイスとして DSP を捉えて下さい。

Ciscoルータで時間を記録すること

TDM 可能な Ciscoルータはクロック ソースとしてバックプレーンと他のインターフェイスを渡るトラフィックを通過させるために内部発振器を使用します。 TDM 可能の Ciscoルータは統合サービス ルータ 生成 1 (ISR G1)、ISR 生成 2 (ISR G2)、および AS5xxx です。

Cisco IOS ® ソフトウェアが容易にクロッキングを制御できる間、これらのルータのデフォルト クロッキングモードは効果的に自由な実行です。 インターフェイスからのクロック信号はルータの TDM バックプレーンに接続されないし、ルータの他と他のインターフェイス間の内部 同期のために使用されません。

クロッキング ドメイン

各音声ネットワーク モジュール カードに(たとえば、NM-HDV2)自身の PLL 回路があり、提供できます:

  • その NM に接続されるポートのためのクロッキング ドメイン。
  • パケット音声DSP モジュール(PVDM2s)のためのその NM であるクロッキング ドメインおよび DSP。


Ciscoルータでは、ネットワーク クロックと呼ばれるマザーボードに 1 PLL があります。 この PLL はルータの TDM バックプレーンに内部クロックとして機能し、クロッキングの 1 つの外部ソースにロックできます。

: PLL は 1 つの外部ソースだけにロックできます。

高められた音声 カードとして NM を捉えて下さい。 音声カード電子工学に加えて、NM にまた PLL および DSP があります。 すなわち、NM が本質的にはめ込み式クロッキング ドメインであるために必要なすべてがあります。

いつクロックを同期化するか

ネットワーク クロッキングが必要となったかどうか確認を助けるべき複数のガイドラインはここにあります:

  • DSP リソースのよくあるプールを共有するすべてのインターフェイスは(たとえば、他の NM から)同期クロックがなければなりません。
  • ISR では、マザーボードの DSP リソースのためのクロックは使用されるべき回線かインターフェイスと同期化する必要があります。 別名バックプレーンであるマザーボードの DSP リソースは TDM バスから時間を記録されます。
  • 音声ゲートウェイの設定が telco と前提の別の TDM デバイスへの高精度なクロッキングの接続が(PBX のような)含まれている場合、telco クロックで奪取 し、PBX にタイミング基準として telco クロックを再生するのにネットワーク クロッキングを使用して下さい。

: PVDM3s は ISR G2 プラットフォームが付いているマザーボードにインストールされています。 従って、クロックは同期化されます。 また NM である場合もある PDM2s とこれを比較して下さい。

クロックを同期化する方法


クロックは参加モジュールおよびポートによって完全に処理のために 1 つのクロック ソースを使用するとき同期化されます。 これは参加および選定されたステップを両方必要とします:

  1. クロックでモジュールを同期されるために設定するために network-clock-participate コマンドを使用して下さい。
  2. マスターか参照クロックとして動作するために優先順位の順でクロック ソースを設定して下さい。 通信事業者は普通は正確なクロッキングを非常に提供します、従って telco クロック ソースは通常マスターとして選択されます。
    1. T1 ポートを telco に接続するために設定するために clock source line コマンドを使用して下さい。
    2. 優先順位 1.としてその T1 を選択するために network-clock-select コマンドを使用して下さい。

シナリオ

ネットワーク クロッキングをいつ使用するか説明する複数のシナリオはここにあります。

シナリオ: ネットワーク クロッキングが必要となります

ネットワーク クロッキングは必要です:

  • マザーボードの音声カードを使用する時。 音声カードに自身の PLL か DSP がありません。
  • 十分が内蔵 DSP ないマザーボードの DSP を使用するには必要があり、NM を使用する時。
  • NM に入って来る呼び出しが、会議トランスコードすることのためにマザーボード DSP の DSP リソースを、等使用する時。

T1 2 つのポートが 2 つの異なるサービスプロバイダーに接続される 2ポート NM を考慮して下さい。 2 つのクロック ソースが層 1 で、完全に同期される場合、ネットワーク クロッキングを必要としません。 これがまれ、しかしであるので、このシナリオにネットワーク クロッキングが必要とする必要があります。

シナリオ: ネットワーク クロッキングが必要となりません

音声対応 ゲートウェイに自身の DSP の NM の T1s/E1s があるシナリオを考慮して下さい。 マザーボードに DSP がないか、または DSP が(すなわち、DSP ファーミング使用されないし、設定されなければ使用されなければ)、各 NM は自身のクロッキング ドメインで動作します。 このシナリオでは、ネットワーク クロッキングまたは network-clock-participate またはネットワーク クロック設定コマンドのための必要がありません。

シナリオ: 混合された設定

ルータの 2 つの異なる NM の T1 ポートが 2 つの異なるクロック ソースに接続される状況を考えてみて下さい(2 つの異なるキャリアのような)。 この状況を解決する異なる構成はここにあります。

モジュールに両方とも内蔵 DSP があれば:

  • どちらかのポートのためのネットワーク クロック参加を設定しないで下さい。

モジュールの少なくとも 1 つに内蔵 DSP があるが、内蔵 DSP を必要としなければ:

  • マザーボードだけ DSP 使用するモジュールのためのネットワーク クロッキングを設定して下さい。
  • 自身の DSP がある NM のためのネットワーク クロック参加を設定しないで下さい; これは自身のクロック ドメインに NM を隔離します。

両方のモジュールにネットワーク クロッキングに加わってほしければ:

  • サービスプロバイダーからのクロックを奪取 するためにモジュールの 1 つを設定して下さい。
  • TDM バックプレーンのような内部 ソースからのクロックを、奪取 するために他のモジュールを設定して下さい。 次に設定例を示します。
    Miami#show running-config
    !
    !
    Unnecessary output deleted
    !
    network-clock-participate slot 1
    network-clock-participate slot 2
    network-clock-select 1 T1 1/0
    !
    !
    controller T1 1/0
    description PSTN Trunk
    framing esf
    clock source line
    linecode b8zs
    ds0-group 1 timeslots 1-24 type e&m-wink-start
    !
    controller T1 2/0
    description Tie Trunk to PBX
    framing esf
    clock source internal
    linecode b8zs
    ds0-group 1 timeslots 1-24 type e&m-wink-start
    !
    end
コマンド構文の詳細についてはこれらの文書を参照して下さい。 コマンドはプラットフォーム依存です:

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116050