スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Nexus 1000V シリーズ スイッチの vempkt コマンドのキャプチャ トラフィック

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Nexus 1000V シリーズ スイッチのトラフィックをキャプチャ するために vempkt コマンドの使用を記述したものです。

ハンドを置く物理的 な スイッチがないので Nexus 1000V シリーズ スイッチの問題を解決することは困難です。 時間の多くは、パケットキャプチャ パケットが送信 された アップストリームだったかどうか確認して必要です。

Joey Ristaino、クリス ブラウン、およびジョー LeBlanc によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

  • Cisco NX-OS ソフトウェア

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Nexus 1000V シリーズ スイッチに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

vempkt コマンド

利用可能 な Nexus 1000V スイッチに特定のホストを残す役に立つコマンドはトラフィックをキャプチャ するために vempkt コマンドです。 このコマンドは SPANセッションに非常に類似したです; ただし、それはキャプチャ デバイスのための必要なしであらゆるインターフェイスに適用することができるのでより適用範囲が広いです。

キャプチャを始めて下さい

トラフィックをキャプチャ するために、トラフィックをキャプチャ したいと思う Virtual Machine (VM)がある ESX ホストのコマンド・ラインの vempkt Ssh コマンドを入力して下さい。 このコマンドを入力した後、そしてこれらのコマンドを入力して下さい:

vempkt はヒントを示します-これは最新キャプチャからの情報を示します。

vempkt キャプチャ全ステージ VLAN [y] ltl [x]

LTL はリンクのためのローカル ターゲット ロジックです。 LTL か VLAN を知らない場合、vemcmd show port コマンドを入力すれば vemcmd show port VLAN は命じます。 Cisco はホストを去り、ホストを入力するすべてのトラフィックが含まれているのでポート チャネルの LTL を推奨します。

またこのコマンドを入力する 1 方向か破棄された パケットをキャプチャ することができます:

vempkt キャプチャ[入力 | 出力 | 廃棄 | 全ステージ] ltl [x] VLAN [y]

LTL が規定 されない場合、キャプチャはすべての LTL を示し、VLAN が規定 されなければ、キャプチャはすべての VLAN を示します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115763-vempkt-capture-traffic-nexus1000-01.gif

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115763-vempkt-capture-traffic-nexus1000-02.gif

最大伝送ユニット(MTU) サイズ キャプチャを規定 するために vempkt サイズ[MTU サイズ]コマンドを入力して下さい。

vempkt をキャプチャ パラメータを確認するために示しますキャプチャ ヒント コマンドを入力して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115763-vempkt-capture-traffic-nexus1000-03.gif

キャプチャを始める vempkt start コマンドを入力して下さい。

キャプチャを終了して下さい

キャプチャのためのオペレーションを完了した後、キャプチャを終了し、ファイルをエクスポートするためにこれらのコマンドを入力して下さい:

  1. vempkt 停止

  2. vempkt はキャプチャの統計情報を表示するためにヒントを示します

  3. vempkt ディスプレイ 詳細すべて > /tmp/vempkt_capture.txt。 このコマンドはホストの /tmp ディレクトリにキャプチャ ファイルを置きます。 このディレクトリから、データストアにそれをコピーし、vCenter を通してエクスポートできます。

  4. vempkt オフ

ファイル エクスポート

パケットキャプチャ(PCAP)に CLI からファイルをエクスポートできます。 ホストのこのコマンドを入力して下さい: #vempkt pcap エクスポート <filename>。 このコマンドは現在いるディレクトリにファイルを置きます。


関連情報


Document ID: 115763