ダイヤルとアクセス : ダイヤルオンデマンド ルーティング(DDR)

未割り当て番号を受け取る ISDN オーバーラップの問題

2013 年 10 月 3 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

概要

Cisco ルータは、En bloc モードまたは Overlap モードで ISDN コールを受信できます。En bloc 用に設定するとき、設定メッセージには、コールのルーティングに必要となるすべてのアドレッシング情報を含める必要があります。Overlap の場合は、設定メッセージに完全なアドレスを含めません。着信側アドレスを完成させるには、発信側からの詳細情報メッセージが必要です。

Overlap モードで ISDN コールを受信するように Cisco ルータを設定するときの一般的な落とし穴は、ダイヤル ピアを誤って設定してしまうことです。このために着信者番号を誤って受信し、コールがエラーになることがあります。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

この文書の読者には、次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco ルータでの ISDN の設定

  • ダイヤル ピアと Voice over IP(VoIP)の基本知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2.(7)a

  • C3640 ルータ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

未割り当て番号エラーの解決

D チャネルでの Overlap 受信を設定すると、ISDN コールの受信時にルータが動作する方法が変わります。ルータは SETUP ACK で設定メッセージに応答します。コール ルーティングのその他の要素を含む情報メッセージをさらに受信する準備が整ったことがネットワークに通知されます。

ダイヤル ピアで使用されている宛先番号が、受信した着信者番号と同じ長さでないときは、問題が発生します。以下で示すように、宛先番号は、同じ数字で始まる可能性がある番号の範囲を反映するように要約されます。

  • 宛先番号の範囲は 5000 から 5600 です。

  • ダイヤル ピアは、宛先パターン 5 で設定されることがあります。

このタイプのダイヤル プランは En bloc モードで問題なく動作しますが、ルータの Overlap 受信の場合は、宛先番号と一致する十分な数字を受信した後でコールが試されます。このケースでは、5 を受信した後でコールが試されます。これが発生することを防止するには、宛先パターンの数字の後に「T」ターミネータを配置します。これにより、ルータはそれぞれの数字の受信後に T302 タイマーが時間切れになるまで待機し、番号全体が集まってからコールするようになります。

誤った設定および関連デバッグ

以下は、コールがエラーになる設定例です。

! 
interface Serial3/0:15 
 no ip address 
 no logging event link-status 
 isdn switch-type primary-qsig 
 isdn overlap-receiving 
 isdn incoming-voice voice 
 isdn send-alerting 
 no cdp enable 
! 
! 
voice-port 3/0:15 
! 
dial-peer cor custom 
! 
! 
dial-peer voice 1 voip 
 destination-pattern 5 
 session target ipv4:10.0.0.1 
! 
!

debug ISDN Q931 コマンドと debug voip ccapi inout コマンドを有効にしました。一部のデバッグは、分かりやすくするために省略しました。

ECV-3640-2# 
*Mar  2 01:47:05.705: ISDN Se3/0:15: RX <- SETUP pd = 8  callref = 0x001A 
*Mar  2 01:47:05.705:         Bearer Capability i = 0x8090A3 
*Mar  2 01:47:05.709:         Channel ID i = 0xA9839B 
*Mar  2 01:47:05.709:         Facility i = 0x91AA068001008201008B0102A11
           402025CA002013B300B30090A01050A01030A0104 
*Mar  2 01:47:05.713:         Facility i = 0x91AA068001008201008B0100A10
           C02025CB006042B0C09008400 
*Mar  2 01:47:05.713:         Calling Party Number i = 0x00, 0x83, '5000', 
           Plan:Unknown, Type:Unknown 
*Mar  2 01:47:05.717:         Called Party Number i = 0x80, '5', Plan:Unknown, 
           Type:Unknown 
*Mar  2 01:47:05.717:         High Layer Compat i = 0x9181

!--- 着信者番号の最初の数字が 5 である着信コール

*Mar  2 01:47:05.729: ISDN Se3/0:15: TX -> SETUP_ACK pd = 8  callref = 0x801A 
*Mar  2 01:47:05.729:         Channel ID i = 0xA9839B 
  

*Mar  2 01:47:06.385: ISDN Se3/0:15: RX <- INFORMATION pd = 8  callref = 0x001A 
*Mar  2 01:47:06.385:         Called Party Number i = 0x80, '5', Plan:Unknown, 
           Type:Unknown 

!--- 次の数字が 5 である情報メッセージ
 
*Mar  2 01:47:06.393: ccCallSetupRequest numbering_type 0x80 
*Mar  2 01:47:06.393: ccCallSetupRequest encapType 2 clid_restrict_disable 1 
			null_orig_clg 0 clid_transparent 0 callingNumber 5000 
*Mar  2 01:47:06.393: dest pattern 5, called 55, digit_strip 0 
*Mar  2 01:47:06.393: callingNumber=5000, calledNumber=55, redirectNumber= 
            display_info= calling_oct3a=83 

!--- ルータは、受信した数字 55 をダイヤル ピア 1 と照合します。
 
*Mar  2 01:47:06.421: ccCallDisconnect (callID=0x25, cause=0x1 tag=0x0) 
*Mar  2 01:47:06.421: ccCallDisconnect (callID=0x24, cause=0x1 tag=0x0) 
*Mar  2 01:47:06.425: cc_api_call_disconnect_done(vdbPtr=0x62679168, 
            callID=0x24, disp=0, tag=0x0) 

!--- 55 のみが送信されて番号が不完全であり、
!--- どのダイヤル ピアとも一致しないので(リモート ルータのダイヤル ピアは長さが 4 桁)、
!--- コールはリモート ルータから切断されました。
 
*Mar  2 01:47:06.433: ISDN Se3/0:15: TX -> DISCONNECT pd = 8  callref = 0x801A 
*Mar  2 01:47:06.433:         Cause i = 0x8081 - Unallocated/unassigned number 

!--- 未割り当て番号のため、コールは切断されました。
 
ECV-3640-2# 
ECV-3640-2# 
ECV-3640-2# 
ECV-3640-2#

修正された設定およびデバッグ

この例でダイヤルされた番号は 5678 です。ダイヤル ピアは、「T」ターミネータを追加して修正されました。Overlap 設定では T302 タイマーも調整され、より現実的な設定が反映されました。デフォルト タイマーは 10 秒ですが、特定の状況では長すぎることがあります。

interface Serial3/0:15 
 no ip address 
 no logging event link-status 
 isdn switch-type primary-qsig 
 isdn overlap-receiving T302 2000
 
!--- 2 秒間待機するように T302 タイマーを設定します。

 isdn incoming-voice voice 
 isdn send-alerting 
 no cdp enable 
! 
! 
voice-port 3/0:15 
! 
dial-peer cor custom 
! 
! 
! 
dial-peer voice 1 voip 
 destination-pattern 5T     

!--- ダイヤル ピアに「T」を追加します。
 
 session target ipv4:10.0.0.1 
! 
end 

ECV-3640-2# 
*Mar  2 21:36:10.132: ISDN Se3/0:15: RX <- SETUP pd = 8  callref = 0x0024 
*Mar  2 21:36:10.136:         Bearer Capability i = 0x8090A3 
*Mar  2 21:36:10.136:         Channel ID i = 0xA98386 
*Mar  2 21:36:10.136:         Facility i = 0x91AA068001008201008B0102A114020262A
            002013B300B30090A01050A01030A0104 
*Mar  2 21:36:10.140:         Facility i = 0x91AA068001008201008B0100A10C020262B
            006042B0C09008400 
*Mar  2 21:36:10.140:         Calling Party Number i = 0x00, 0x83, '5000', 
            Plan:Unknown, Type:Unknown 
*Mar  2 21:36:10.144:         Called Party Number i = 0x80, '5', Plan:Unknown, 
            Type:Unknown 
*Mar  2 21:36:10.144:         High Layer Compat i = 0x9181 

!--- 着信者番号の最初の数字が 5 である着信コール
 
*Mar  2 21:36:10.164: ISDN Se3/0:15: TX -> SETUP_ACK pd = 8  callref = 0x8024 
*Mar  2 21:36:10.164:         Channel ID i = 0xA98386 
  

*Mar  2 21:36:10.360: ISDN Se3/0:15: RX <- INFORMATION pd = 8  callref = 0x0024 
*Mar  2 21:36:10.364:         Called Party Number i = 0x80, '6', Plan:Unknown, 
            Type:Unknown 

!--- 次の数字が 6 である情報メッセージ
 
*Mar  2 21:36:10.660: ISDN Se3/0:15: RX <- INFORMATION pd = 8  callref = 0x0024 
*Mar  2 21:36:10.664:         Called Party Number i = 0x80, '7', Plan:Unknown, 
            Type:Unknown 

!--- 次の数字が 7 である情報メッセージ
 
*Mar  2 21:36:10.924: ISDN Se3/0:15: RX <- INFORMATION pd = 8  callref = 0x0024 
*Mar  2 21:36:10.924:         Called Party Number i = 0x80, '8', Plan:Unknown, 
            Type:Unknown 

!--- 次の数字が 8 である情報メッセージ
 
*Mar  2 21:36:20.168: ccCallSetupRequest encapType 2 clid_restrict_disable 1 
            null_orig_clg 0 clid_transparent 0 callingNumber 5000 
*Mar  2 21:36:20.172: dest pattern 5T, called 5678, digit_strip 0 
*Mar  2 21:36:20.172: callingNumber=5000, calledNumber=5678, redirectNumber= 
            display_info= calling_oct3a=83 

!--- ルータは、受信した数字 5678 をダイヤル ピア 1 と照合します。
 
*Mar  2 21:36:20.228: ISDN Se3/0:15: TX -> CALL_PROC pd = 8  callref = 0x8024 
*Mar  2 21:36:20.420: cc_api_call_cut_progress(vdbPtr=0x6221F1E8, callID=0x38, 
            prog_ind=0x8, sig_ind=0x1) 
  

*Mar  2 21:36:20.440: ISDN Se3/0:15: TX -> ALERTING pd = 8  callref = 0x8024 
*Mar  2 21:36:20.440:         Progress Ind i = 0x8188 - In-band info or appropriate 
            now available 

!--- コールは正常にルーティングされ、リモートの電話の呼出音が鳴ります。
 
ECV-3640-2#

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23382