コラボレーション : Cisco Finesse

技巧スーパバイザ モニタによりおよび Barge-In 機能はサード パーティ アプリケーションはブランク リロードするか、または行きます

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

スーパバイザがコールに監視するか、または押し入るときこの資料に Cisco Finesse エージェントのブラウザのサード パーティ アプリケーションで見られる問題を提起する方法を記述されています。

著者:Anuj Bhatia、Cisco TAC エンジニア。

問題

Finesee のモニタおよび barge-in 機能の概要によって 9.1(1) を、スーパバイザがコールに監視するか、または押し入るときサード パーティ小道具を小道具がブランク行くか、またはリロードするのを見るかもしれない使用するエージェント リリースして下さい。

問題はこのように再生されました:

  1. Screenpop 小道具との統合された技巧。 この小道具は Expanded Call Context (ECC) callVariable1 フィールドで現在の情報をチェックし、ビング サーチ エンジンでそれを使用します。
  2. このスクリーン ショットに見られるように、エージェントがコールに応答するとき小道具はコール変数 1.で現在のデータの結果を用いるビング サーチ エンジン ページを表示する。

  3. スーパバイザは話す状態のエージェントがあることがわか」、オプションを監察する「開始するを選択します。

  4. モニタリングが開始するとき、エージェントのブラウザの Screenpop サード パーティ小道具は消えます。

    小道具がブランク小道具は全く新しい呼出しイベントとして SUPERVISOR_MONITOR コール タイプが表示されることであるリロードするか、または行く原因。 これは小道具を割り込みます。 スーパバイザ クライアント ログからのこの例は(太字の部分を参照して下さい)エージェントのための SUPERVISOR_MONITOR および割り当てられた操作がの CallType のダイアログ イベントを示さなかったものです。

    <data>
     <dialog>
      <associatedDialogUri></associatedDialogUri>
    <fromAddress>1001</fromAddress>
    <id>16784324</id>
    <mediaProperties>
       <DNIS>1004</DNIS>
       <callType>SUPERVISOR_MONITOR</callType>
       <callvariables>
       <CallVariable>
          <name>callVariable1</name>
         <value></value>
       </CallVariable>
       <CallVariable>
         <name>callVariable2</name>
         <value></value>
      </CallVariable>
         <dialedNumber>1004</dialedNumber>
         </mediaProperties>
         <mediaType>Voice</mediaType>
         <participants>
      <Participant>
          <actions>
          <action>UPDATE_CALL_DATA</action>
          <action>DROP</action>
          </actions>
          <mediaAddress>1001</mediaAddress>
          <mediaAddressType>AGENT_DEVICE</mediaAddressType>
          <state>INITIATED</state>
          <stateCause>OTHER</stateCause>
      </Participant>
       <Participant >
       <actions/>
           <mediaAddress>1004</mediaAddress>
           <mediaAddressType>AGENT_DEVICE</mediaAddressType>
           <state>ALERTING</state>
          <stateCause></stateCause>
        </Participant>
        </participants>
      <state>ALERTING</state>
      <toAddress>1004</toAddress>
       <uri>/finesse/api/Dialog/16784324</uri>
      </dialog>
    </data>

解決策

SUPERVISOR_MONITOR 呼出しイベントを無視するようにこの問題を解決するために、サード パーティ小道具 JS ファイルを修正して下さい。 修正の断片はここに示されています:

_smCallType = "SUPERVISOR_MONITOR";
...
//If my call is SM type and the agent is the one monitored , just remove
the calls and return.
if ((callType === _smCallType) && (fromExt !== _cfg.extension)) {

_removeCall(callRow);
_gadgetAdjustHeight();

return callRow;}

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116391