音声とユニファイド コミュニケーション : クリック ツー コール

Cisco クリック ツー コール 認証警告トラブルシューティングガイド

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco クリック ツー コール 認証警告を解決する方法を記述されています。

Contributed by Md Hasan, Cisco TAC Engineer.

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco クリック ツー コール
  • Cisco Unified Communications Manager(CallManager) (CUCM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco クリック ツー コール、リリース 7.x および 8.x
  • Microsoft Windows XP および Microsoft Windows 7

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

認証 警告

Cisco クリック ツー コールのコールを送信するときこのセキュリティ警報を見るかもしれません:

116325-trouble-click-call-01.png

認証 ミスマッチ問題に出会う場合、べきです:

  1. 認証が「現在のユーザ」または「ローカルマシン」信頼されたルート認証局 ストアにインストールされているようにして下さい。 詳細については認証インストールを参照して下さい。
  2. Preferences フィールドのサーバに指定されるアドレスが認証と同じであることを確認して下さい。 たとえば、クリック ツー コールは IP アドレスとの構成されたサーバーがあるかもしれません認証は完全修飾ドメイン名 (FQDN)のためであるかもしれません。 同じ CUCM へのポイントが両方とも、認証比較失敗するが。 これら二つの名前はミスマッチを固定するために同じである必要があります。

ブラウザの認証を表示するために、アドレスバーで CUCM アドレスを入力して下さい; 認証のための通知はアドレスバーの隣で現われます。

認証インストール

クリック ツー コールを実行している各クライアント コンピュータで信頼されたルート認証局 フォルダに CUCM 認証をインストールして下さい。 認証をインストールできます:

  • ローカルマシン レベル、認証がマシンのすべてのユーザに利用できるように。
  • 現在のユーザー レベル、認証がそのユーザだけが利用できるように。

ヒント: 認証をクリック ツー コール ユーザベースに使用できるようにするために望ましい配置 方式を使用して下さい。

水平なローカルマシン

認証をローカルマシン レベルでインストールするために、Microsoft 認証マネージャ ツールのようなツールを使用できます。 たとえば、コマンド

certmgr /add /c example.cer /s /r localMachine root

水平なローカルアカウント

このプロシージャはローカルアカウント(現在のユーザ)レベルで認証をインストールする方法を記述します:

  1. > インターネット オプション Start > Control Panel の順にクリック し、そしてコンテンツ タブをクリックして下さい。
  2. [Certificates] をクリックします。
  3. 信頼されたルート認証局タブをクリックして下さい。
  4. [Import] をクリックします。
  5. 認証をインポートするために Certificate import ウィザードのステップに従って下さい。 既定のフォルダーよりもむしろ信頼されたルート認証局 フォルダに認証をインストールして下さい。

: クリック ツー コール Preferences ダイアログボックスの WebDialer サービス フィールドの値は CUCM サーバのない IP アドレス 認証の CUCM サーバの名前を一致する必要があります。 

関連情報



Document ID: 116325