コラボレーション : Cisco Agent Desktop

RASCAL データベース複製 検証

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にすぐに検証する方法をこと Cisco Agent Desktop レプリケートの RASCAL データベース記述されています。 

Kabeer Noorudeen、リンダ Mordosky、および Anuj Bhatia によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Agent Desktop (CAD)
  • Microsoft 構造化照会言語 (SQL)技巧サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

CAD の RASCAL データベースを検証して下さい

CAD の RASCAL データベースを検証するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. システム データベースの下で craDistribution のプロシージャがあるように確認して下さい。
  2. (パブリッシャ)のローカル パブリケーションがあるように確認して下さい。
  3. B サイド(サブスクライバ)のローカル サブスクリプションがあるように確認して下さい。

複製が有効に なったら、マスター側の SQL エージェントの SQL ジョブを検証して下さい。


カテゴリ カラムでは、REPL スナップショット ジョブはパブリッシャー データベースのイメージを生成し、加入者データベースにそれを押します。 REPL マージ ジョブは初期データが押した後パブリッシャ および サブスクライバ間のデータを複製し続けます。 

REPL マージのステータスは「常に実行する必要があります」。 ジョブの数は使用される CAD のバージョンに従って異なります。

完全、データが複製されるかどうか見るためにデータベースを比較して下さい。


RASCAL サービスによって書き込まれるおよび使用されるデータは 3 つの表の内で含まれています:

  • FCRasCallLogWeek
  • FCRasRecordLog
  • FCRasStateLogToday

FCRasCallLogWeek/FCRasStateLogToday 表のどちらかまたは両方の右クリックは、および『Properties』 を選択 します。

選択された テーブルまたは表のための行数フィールドで示されるレコードの量のメモを作って下さい。 それから、他のデータベースからの同じ表の Properties を表示して下さい。 側間の数が大きく、使用中コールセンターで、特にわずかに消えていることは珍しくないです。 ただし 1 つが数千レコードを余興、および他ゼロを示します、問題があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116245