ビデオ : Prisma I Model 6478 Communications Interface Module (CIM)

CIM: nIPTA キューからのアクティビティを処理するのにアラーム作業の流れを使用して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は非 ICM からのアクティビティを処理するためにアラーム作業の流れを作成するように方式を選びますエージェント(nIPTA)キューを記述したものです。

スティーブン Hartman によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CIM リリース 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

E メール アクティビティが nIPTA キューに送られるとき、それらのアクティビティを回復 することは必要であるかもしれません従って処理することができます。  利用可能 な 2 つのメソッドがこれを処理するためにあります:

  1. アクティビティを手動で移動して下さい。項目がそのキューを入力するときこれをするために、nIPTA 巧みなエージェントが nIPTA キューを監視するのをおよび/または通知を受信してもらわなければなりません。 nIPTA エージェントはエージェントにそれから転送できますか。s かキューか。処理されるべき s。  この nIPTA エージェントは nIPTA スキル グループで巧みな onlybe なります。
  2. アラーム作業の流れを設定して下さい。 これをするために、アラーム作業の流れを nIPTA キューに対して作成し、特定のスケジュールでまたは単一指定時に動作するために設定してもらって下さい。 これはシステムが外部エージェント 割り当てサービス(EAAS)および統一されたコンタクトセンター 企業(UCCE)によって電子メールを再度処理するようにします。

アラーム作業の流れを作成して下さい

これらのステップは nIPTA キューに以前に指示された統合されたキューを通して処理されるアクティビティがあるように意図されています。 このタスクを完了するように試みるとき覚えるべき 2 つの重要な事柄があります。

  • 含みたいと思うどの統合された(マッピング された)キューか知って下さい。
  • CIM 環境の内で設定されるどのエイリアスを各キューにマッピング されるか確認して下さい。

これら二つの項目はアラーム作業の流れがの方のかアクティビティをリダイレクトするどのキュー判別するために E メールが送信 された エイリアスを使用するので重要です。 これはルーティング障害が発生しなかった場合見つける必要があるオリジナル キューです。

  1. アラーム作業の流れを作成するために、リスト パネルの New アイコンを選択し、作業の流れの名前を作成して下さい。

    図 1a: 新しい作業の流れを作成して下さい

  2. 作業の流れが作成されれば、リスト パネルにリストされています。 手順を追加するために、ダイアグラム タブを選択して下さい。

    図 2a: 新しい作業の流れダイアグラムを作成して下さい

     

  3. 作業の流れを設定するために、ダイアグラムに Start ノードを追加して下さい。  ノードを置いた後、追加 Start ノード ダイアログボックスは現われます。   この作業の流れ例に関しては、特定の nIPTA キューの Inbound_Email_nIPTA_SG_Service、か名前を選択して下さい。

    図 3a: Start ノード 設定

      

  4. nIPTA キューが選択されたら、作業の流れが動作する必要があるときスケジュールを設定して下さい。  この作業の流れはそれが必要であるたびに一度実行することができます。 それを動作してもらいたいたびに作業の流れを実行するために、作業の流れをオプション ボタンで一度実行されるべきで次に変更します時間をクリックして下さい。  この例に関しては 5 分毎に 1 日中実行するために、このノードは作業の流れで記入されます。 これは絶えず nIPTA キューをスイープし、EAAS に戻ってアクティビティを再ルーティングします。

    図 4a: Start ノード Schedule< を設定して下さい

     

  5. Start ノードがきちんと整っていたら、アラーム ノード、分岐節およびキュー ノードを設定して下さい。  分岐節を構築するために、分岐節ルールのためのすべてのキューを追加して下さい。 これはアクティビティを指示します、従って作業の流れを右から左へ作成して下さい。  Queuenode を選択し、作業の流れのダイアグラム内の各キューのためのノードを置いて下さい。  ノード オプションを置くたびに、選定されたキュー ダイアログボックスは表示する、ノードを表す並べる選択することは必要です。
    1. ノードを並べて下さい。

       

    2. キュー ダイアログボックスを選択して下さい。

       

  6. キュー ノードがきちんと整っていたら、分岐節を『Add New』 を選択 して下さい。  分岐節が置かれれば、ブランチ ルール Configuration ダイアログボックスは開きます。

    図 6a: 分岐節を選択して下さい。

     

  7. ブランチ ノードコンフィギュレーション ダイアログボックスが開くとき、ところノード マップ キュー(またはブランチ)毎に 1 つのルールを設定するなります。

    : 分岐節は特定のユーザに他の項目にのような直接同様にマッピング することができます。 この例に関しては、それは統合されたキューにマッピング されます。

    1. ブランチ ルール Configuration ダイアログボックスは現われます。

       

    2. 名前はルール条件を指定し、『Enter』 を選択 し。

      アラーム作業の流れのこの型に関しては、ルールのそれぞれを指名して下さい。 次に、ルールを強調表示し、状態を設定して下さい。 条件はのために設定 する必要があります:

      オブジェクト: E メール

      [Attribute]: eメールアドレスに

      オペレータ: ==

      [Value]: E メールがオリジナルにに here>* 送信 されたこと <alias は行きます

      • E メールは最初にに指示されたことエイリアスの不確かなら、次のクエリを実行し、特定の電子メールのアクティビティ ID をの代わりに取り替えることができますか。#### か。; * egml_email からの… recv_email_address を、activity_id = #### 選択しなさい。
      • 追加 ポイントはここに示される E メール エイリアスが前の手順で示されるキューにマッピング されるものであることです。

       

    3. ブランチ ノードコンフィギュレーションのキューに TRUE 状態を設定し、マッピング して下さい。

      ルールを設定したら、ルールが TRUE として評価されれば使用するべきかどんなブランチ(キュー)を示して下さい。

       

      このルールが次の条件オプション ボタンの下に TRUE 選択されるであることを確認して下さい。 ターゲットを選択するために[?]を クリックする。  次に、選定されたターゲット ダイアログボックスはこのルールのための適切なキューにドリル ダウンに可能にするようです。

      : この作業の流れのキュー ノードが最初に置かれない場合、このリストにコンテンツがありません。  作業の流れで示されるキューはここに表示するものが判別します。 他のキューのために繰り返して下さい。

    4. ブランチ ノードコンフィギュレーションの偽状態を設定し、マッピング して下さい。

      ルールのための TRUE オプションを設定したら、偽オプションを設定して下さい。  この例では、例外 キューはこのパスとして示されます。 また、他のどのパス、別の統合されたキュー、スタンドアロン キュー、または特定のユーザ向けにもそれをセットできます。 これはビジネスによってこれらの項目をどのように処理することを好むか決まり。  このオプションは分岐節のルールを一致する 項目をつかまえます。 

      各ブランチのためのルール設定を繰り返し行ない、各自のための例外 キュー(か偽選択を)繰り返して下さい。  ノードを完全に設定したら、キューに分岐節を接続する行はルール設定に自動的に基づいて完了します。 ノードは現われます:

  8. この作業の流れの内で設定する必要がある最後の項目はアラーム ノードです。  おろし、作業の流れダイアグラムに新しいアラーム ノードを置いて下さい。  アラーム ノードコンフィギュレーション ダイアログボックスは開きます。
    1. 選り抜き、インポート、および作業の流れダイアグラム内のアラーム ノードを設定して下さい。

    2. アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンは現われます。 条件タブを設定して下さい。

      アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンで、設定される必要がある 2 つのタブがあります: 条件タブおよび True タブ。

       

      条件タブで、ただ経過時間分を識別する必要があります。 

      条件- 1

      オブジェクト

      アクティビティ

      Attribute

      経過時間分

      オペレータ

      1

    3. アラーム ルール コンフィギュレーションスクリーンは現われます。 基本的なタブの本当オプションを設定して下さい。

      True タブで、フィルタを作成し、基本的な、高度補助的なタブ内からフィルタにオブジェクトを選択するためにこれらのコンフィギュレーションを完了して下さい。

      上ペインの処理 セクションでは、フィルタがに対して動作することオブジェクトとしてアクティビティでフィルタを作成するためにドロップダウン リストを選択して下さい。  下部ペインはフィルタに基準に従うオプションと読み込まれます。  基本的なタブで、サブジェクトを含まれていません配送不可ワードが確認して下さい。  これは 4 および 5 の Activity_Sub_Type の項目をフィルタ・アウトします(設定された配信例外を一致する、EAAS によって処理されるべきではない)電子メール。 

      : この作業の流れを頻繁に実行しないか、またはそこになら処理する必要がある nIPTA キューの多くの電子メール見つければ場合作成されるのような別のフィルタオプションを判別することは賢明です。 これはキューに再び処理される電子メールの数を制御することを可能にします。  処理されるために待っている電子メールの数を研究する必要がありこれらの項目を処理するために利用可能 な 環境およびエージェントに基づいて判断をします。 そのデシジョンは環境に特定です。

       

    4. 本当オプションを設定するアラーム ルール コンフィギュレーションスクリーン; Advanced タブ。

      Advanced タブで、電子メールGeneralfor をアクティビティ Sub タイプ選択して下さい。 これは Activity_Sub_Type の項目だけ = 1 選択されるようにします。  これはこの補助的な型である場合その時だけ EAAS プロセスが UCCE に処理するルート要求(NEW_TASK 要求)を送信 するので要件です。  他のどの補助的な型も処理されません。

  9. 完了されたとき、アラーム作業の流れは現われます。 これはそれに構築したキューの数に基づいて変わるかもしれません。 このプロセスおよび資料は統合された(マッピング された) UCCE キューのために意図されています。

    図 9a: 完了されたアラーム作業の流れダイアグラム

     

    アクティブなフィールドで、作業の流れアクティブを作るために『Yes』 を選択 して下さい。

     

 

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116225