サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS Manager

Cisco UCS ローカル ゾーニング 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


概要

Cisco Unified Computing SystemTM (Cisco UCSか。)リリース 2.1 はアップストリーム Cisco を必要としないで直接 接続 ストレージ アレイのためのゾーニングを可能にするローカル ゾーニング 機能を導入します、か。 MDS 9000 ファミリーか Cisco Nexusか。 5000 シリーズ スイッチ。 機能が設定された後この資料にローカル ゾーニングの Cisco UCS を準備をする方法を記述され Cisco 全面的な UCS トポロジーという点においてローカル ゾーニング 機能に関する考慮事項を説明しローカル ゾーニングおよびビューを設定しローカル ゾーニングを修正する方法を示します。

聴衆

この資料はシステム知識および Cisco UCS 2.1 で導入される Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能を展開することに興味を起こさせられる設計者およびエンジニアのために意図されています。 それは Cisco UCS および Cisco ネットワーキング プロダクトという点においてイーサネット(FCoE)、LAN、Fibre Channel (FC)およびストレージ上の Fibre Channel のための業界標準の基本的な機能ナレッジおよび一般的な説明を仮定します。

テスト環境

テスト環境は次が含まれていました:

  • Cisco UCS
    • 2 Cisco UCS 6248UP 48 ポート ファブリックは相互接続します
    • 2 つの Cisco UCS 2208XP ファブリック エクステンダー I/O モジュール(IOMs)
    • 1 Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ
    • Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(マザーボード(mLOM)の VIC)との 1 Cisco UCS B200 M3 ブレード サーバ 1240 モジュラ LAN
  • ストレージ
    • 8 Gbps Fibre Channel アダプタとの EMC VNX5700

ローカル ゾーニングの設定

: Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能は現在 FC または FCoE アップリンクがあるときサポートされません。 続行する前に FCoE FC およびアップリンクをディセーブルにし、取除いて下さい。

FC 切り替えモードを設定 して下さい

Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能は Cisco UCS ファブリックがデフォルト FC エンドホスト モードよりもむしろ FC 切り替えモードで設定される相互接続することを必要とします。

Cisco UCS Manager で、ナビゲーションペインの SAN タブを選択し、ナビゲーション ツリーのトップレベル SAN ノードを選択して下さい。 メイン ウィンドウで、ポートおよびポート チャネルおよび SAN ピン Groups ウィンドウ 表示する SAN アップリンク タブを選択して下さい。
116197-configure-ucs-manager-01.png

メイン ウィンドウの SAN アップリンク マネージャ リンクをクリックして下さい。 SAN アップリンク マネージャウィンドウは現われます。

SAN アップリンク マネージャウィンドウで、SAN アップリンク タブを選択して下さい。
116197-configure-ucs-manager-02.png

: FC アップリンク モードを変更する場合、ファブリックは 15分 停止に 10 に終ってすぐにリブートします、相互接続します両方の。 予定されたメンテナンス ウィンドウの間にだけアップリンク モードを変更する必要があります。

アップリンク Mode フィールドは Cisco UCS が FC エンドホスト モードか FC 切り替えモードに現在あるかどうか示します。 Cisco UCS が FC 切り替えモードに既にあっている場合、次 の ステップに『Cancel』 をクリック し、進んで下さい。

Cisco UCS が FC エンドホスト モードにある場合、FC 切り替えモードにアップリンク モードを変更するために FC 切り替えモードを『Set』 をクリック して下さい。 セット FC 切り替えモード 警告 の ウィンドウは現われます; 続行するために『Yes』 をクリック して下さい。
116197-configure-ucs-manager-03.png

セット FC 切り替えモード成功ウィンドウは現われます; 『OK』 をクリック して下さい。
116197-configure-ucs-manager-04.png

両方 Cisco UCS ファブリックは今リブートします相互接続します。

ローカル ゾーニングおよび既存のアップリンク考慮事項

Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能は現在 FC または FCoE アップリンクがあるときサポートされません。 Cisco UCS 直接付加ストレージは現在次のコンフィギュレーションをサポートします:

  • アップリンク ゾーニングの直接付加ストレージ: この設定では、FC または FCoE ストレージはファブリックに直接相互接続します接続され、ゾーニングは Cisco MDS 9000 ファミリーか Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチを通って Cisco UCS へ実行された 外部です。 ローカル ゾーニングはこの設定でサポートされません。
  • ローカル ゾーニングの直接付加ストレージ: この設定では、FC または FCoE ストレージはファブリックに直接相互接続します接続され、ゾーニングは Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能を使用して実行された。 どの既存の FC または FCoE アップリンク接続でもシャットダウンされる必要があります。 Cisco UCS は現在 Cisco UCS ローカル ゾーニング 機能の使用のアクティブ FC または FCoE アップリンク接続の共存をサポートしません。

アップリンクを以前にまたはアクティブ添付しか、今シャットダウンされるか、または取除かれれば、Cisco UCS ファブリック相互接続 Command Line Interface (CLI)からもはや有効または必要ではない Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチおよび北回り Cisco MDS 9000 ファミリーから以前に受継がれたゾーンを取除くために示されているコマンドをここに実行できます。

既存のゾーンを表示するために、ファブリック相互接続 CLI から次のコマンドを入力して下さい:

FIELD-TME-DELMAR-A# connect nxos
FIELD-TME-DELMAR-A(nxos)# show zone
zone name MM-Server1 vsan 1
pwwn 20:93:59:04:14:45:01:4f
pwwn 20:93:59:04:14:45:01:5e
pwwn 50:0a:09:81:87:99:99:c9
pwwn 50:0a:09:82:87:99:99:c9
zone name MM-Server2 vsan 1
pwwn 20:93:59:04:14:45:01:2f
pwwn 20:93:59:04:14:45:01:3f
pwwn 50:0a:09:81:87:99:99:c9
pwwn 50:0a:09:82:87:99:99:c9

FIELD-TME-DELMAR-A(nxos)#exit

要らないゾーンが VSAN 名前に基づいてプルーニングされるので) VSAN 名前を存在 することを表示するために、次のコマンドを入力して下さい(このリストは必要です:

FIELD-TME-DELMAR-A# scope fc-uplink
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # show vsan
VSAN:
Name Id FCoE VLAN Fabric ID FC Zoning Overall status
------ ----- ----------- ----------- ----------- ---------------
default 1 138 Dual Disabled Ok
FC-Stats-A 300 300 A Disabled Ok
FC-Stats-B 301 301 B Disabled Ok
FCoE-VSAN100 100 100 A Disabled Ok
FCoE-VSAN101 101 101 B Disabled Ok
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # exit

既存のゾーニングを取除くために、プルーニングされる必要がある各 VSAN のためにここに示されているコマンドを入力して下さい。

最初に「二重 モード」VSAN として作成される VSAN に関しては次のコマンドを入力して下さい:

FIELD-TME-DELMAR-A# scope fc-uplink
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # scope vsan default
Note: "default" is the name of VSAN0001, replace "default" with appropriate VSAN names

FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/vsan # clear-unmanaged-fc-zones-all
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/vsan* # commit-buffer
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/vsan # exit
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # exit
FIELD-TME-DELMAR-A#

最初にファブリック A かファブリック B で作成される VSAN に関しては次のコマンドを入力して下さい:

FIELD-TME-DELMAR-A# scope fc-uplink
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # scope fabric a
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/fabric # scope vsan FC-Stats-A
(replace with appropriate vsan name)
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/fabric/vsan # clear-unmanaged-fc-zones-all
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/fabric/vsan # commit-buffer
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/fabric/vsan # exit
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink/fabric* # exit
FIELD-TME-DELMAR-A /fc-uplink # exit
FIELD-TME-DELMAR-A#

両方の各 VSAN 名前のためのこれらのステップをファブリック相互接続します繰り返して下さい。

指令処理が完了する後、ゾーンが各ファブリック相互接続にことをスコープをログイン することによって取除かれたことを nxos に接続し、確認すれば show zone コマンドを入力します。

ストレージ Cloud の VSAN を作成して下さい

SAN Cloud コンテナーでローカル ゾーニングをサポートするために複写されないで下さい作成されるファブリック A およびファブリック両方 B. VSANs のストレージ Cloud コンテナーの VSAN を作成する必要があります。

: VSAN がストレージ Cloud コンテナーで作成されない場合、VSAN は直接付加ストレージにポートを割り当てて利用できません。

Cisco UCS Manager で、ナビゲーションペインの SAN タブを選択し、ストレージ Cloud ノードを選択して下さい。 メイン ウィンドウで、VSAN タブを選択し、次に All タブを選択して下さい。


メイン ウィンドウで、権利のグリーン + ボタンをクリックして下さい。 作成 VSAN ウィンドウは現われます。

次のようにフィールドに入力します。

  • Name: VSAN の名前を入力します。
  • FC ゾーニング: イネーブルになったに設定を変更して下さい。
  • ファブリック オプション ボタン: ファブリック A.を選択して下さい。
  • VSAN ID: ファブリック A.で作成される VSAN のための VSAN ID を入力して下さい。
  • FCoE VLAN: この VSAN にマッピング する VLAN のための FCoE VLAN ID を入力して下さい。

[OK] をクリックします。 作成 VSAN 成功ウィンドウは現われます。 [OK] をクリックします。

ファブリック B のための同じプロセスを繰り返して下さい:

メイン ウィンドウで、右のグリーン + ボタンをクリックして下さい。 作成 VSAN ウィンドウは現われます。 次のようにフィールドに入力します。

  • Name: VSAN の名前を入力します。
  • FC ゾーニング: イネーブルになったに設定を変更して下さい。
  • ファブリック オプション ボタン: ファブリック B.を選択して下さい。
  • VSAN ID: ファブリック A.で作成される VSAN のための VSAN ID を入力して下さい。
  • FCoE VLAN: この VSAN にマッピング する VLAN のための FCoE VLAN ID を入力して下さい。

[OK] をクリックします。 作成 VSAN 成功ウィンドウは現われます。 [OK] をクリックします。

直接付加 Fibre Channel および FCoE ストレージを設定して下さい

ローカル ゾーニングは直接付加 FC か FC または FCoE ストレージ ポートの FCoE ストレージおよび設定必要とします。

: 修飾された直接付加 FC および FCoE ストレージ ベンダーは EMC、Hitachi Data Systems および NetApp に現在制限されます。 ほとんどの電流によって修飾されるベンダーおよびモデルのための Cisco 最新の UCS ハードウェア互換性リストを参照して下さい: http://www.cisco.com/en/US/products/ps10477/prod_technical_reference_list.html

Cisco UCS Manager で、ナビゲーションペインの機器タブを選択して下さい。 次に機器 ノードを拡張し、次にファブリックを相互接続しますノードおよびファブリック相互接続 A (プライマリ)ノードを拡張して下さい。 ポートがイーサネットよりもむしろ FC で既に設定されてしまったと) FC または FCoE 直接付加記憶装置が接続されたモジュールを拡張して下さい(この資料は仮定します。 それから FC Ports ノードを拡張し、ストレージが接続される FC ポートを選択して下さい。 メイン ウィンドウで、General タブを選択すれば、ポートのための物理的 な ディスプレイ ペインは表示する。

メイン ウィンドウで、操作セクションで、FC ストレージ ポートとして『Configure』 をクリック して下さい。 確認ウィンドウは現われます; 『Yes』 をクリック して下さい。 成功ウィンドウは現われます; 『OK』 をクリック して下さい。

メイン ウィンドウで、Properties セクションで、VSAN ドロップダウン メニューをクリックし、前のセクションで作成される VSAN にポートを設定 して下さい。

: VSAN がストレージ Cloud コンテナーで以前に作成されなかった場合、VSAN は直接付加ストレージにポートを割り当ててドロップダウン メニューで利用できません。

ポートが望ましい VSAN に設定 されるとき、『Save Changes』 をクリック して下さい。 成功ウィンドウは現われます; 『OK』 をクリック して下さい。

ファブリックに接続される各直接付加ストレージ ポートのための先行する ステップを相互接続します A およびファブリック相互接続 B.を繰り返して下さい。

新しいサービス プロファイルのローカル ゾーニングを設定して下さい

ローカル ゾーニングは新しいサービス プロファイルおよび現在のサービス プロファイル両方に適用することができます。 このセクションは新しいサービス プロファイルのローカル ゾーニングの作成を記述します。

: サービス プロファイルを作成するときローカル ゾーニングを作成したいと思えば作成サービス プロファイル(エキスパート)ウィザードを選択して下さい。

: この資料は読者がサービス プロファイル作成プロセスを理解すると仮定します。 ここに示されるステップはストレージのためであり、作成サービスのゾーニング セクションは(巧妙な)ウィザードをプロファイルします; この資料は他のセクションのためのステップが含まれていません。

巧妙なウィザードを使用してサービス プロファイルを作成して下さい; ストレージ セクションに達するまで望まれるようにすべてのセクションを終了して下さい。

ストレージ セクションが表示するとき、ここに示されているように設定を完了して下さい。

  • 局部記憶装置: 局部記憶装置が使用されるべきなら望まれるようにストレージを設定して下さい。
  • どのようにか SAN 接続を設定するのを好みます: 巧妙なオプション ボタンを選択して下さい。
  • 世界的なノードネーム: ドロップダウン メニューから WWNN プールを選択して下さい。

仮想 な ホスト バス アダプタ(vHBAs)を作成するためにウィンドウの下部のでグリーン + ボタンをクリックして下さい; 作成 vHBA
ウィンドウは現われます。

次の通り設定を完了して下さい:

  • Name: vHBA の名前を入力して下さい。
  • 世界的なポート名: ドロップダウン メニューから WWPN プールを選択して下さい。
  • ファブリック ID: ファブリック A.を選択して下さい。
  • VSAN を選択して下さい: ストレージ Cloud コンテナーで作成される VSAN を選択して下さい。
  • ピン グループ: ローカル ゾーニングを使用しているので <not set> を選択して下さい。
  • 耐久性があるバインディング: ディセーブルにされるか、または有効に される選択して下さい。
  • 最大データフィールド サイズ: 望まれるようにデフォルトか一定サイズを使用して下さい。
  • アダプタ ポリシー: 望まれるようにポリシーを設定 して下さい。
  • QoS ポリシー: 望まれるようにポリシーを設定 して下さい。

設定が完了するとき、『OK』 をクリック して下さい。

先行する ステップを繰り返して下さい; 第 2 vHBA のためのグリーン + ボタンをクリックし、ファブリック B.を選択して下さい。

vHBA 作成が各 vHBA のために完了したら、『Next』 をクリック して下さい。

ウィザードのゾーニング セクションは今現われます。 このセクションはローカル ゾーニングを設定するところにです。 ローカルゾーンの作成はマルチステップ プロセスです。 ローカル ゾーニングのプライマリ構造は次の通りです:

  • ストレージ接続ポリシー: このコンテナーは vHBA 発信側 グループに割り当てられる FC ターゲットエンドポイントを設定します。 このコンテナーはまた vHBA 発信側 グループ タイプが単一 発信側 単一 ターゲットまたは単一 発信側複数のターゲットであるかどうか規定 します。
    • Single Initiator Single Target: この型は各ゾーンが単一 vHBA WWPN および単一 ストレージ ターゲット WWPN が含まれていること規定 します。

    例: vHBA_0、Storage_Target_1、ストレージ Target_2

    Zone1: vHBA0
    Storage_Target_1
    Zone2: vHBA0
    Storage_Target_2d
    • Single Initiator Multiple Targets: この型は各ゾーンが多重ストレージ ターゲット WWPNs の単一 vHBA WWPN が含まれていること規定 します。

    例: vHBA_0、Storage_Target_1、ストレージ Target_2

    Zone1: vHBA0
    Storage_Target_1
    Storage_Target_2
    • FC ターゲットエンドポイント: この構造はファブリック相互接続に直接接続される FCoE ストレージ ターゲットまたは FC の WWPN を定義します。
  • vHBA 発信側 グループ: このコンテナーはストレージ接続ポリシーに定義されたストレージ ターゲットエンドポイント WWPN と共に vHBA 発信側 WWPN を含める「ゾーン」です。

: 続行する前に利用可能 な ストレージ ターゲットエンドポイント WWPNs を持って下さい。

選定された vHBA 発信側 Groups ウィンドウの下部のでグリーン + ボタンをクリックして下さい; 作成 vHBA 発信側 Group ウィンドウは現われます。

次の通り vHBA 発信側 Group フィールドを完了して下さい:

  • Name: vHBA 発信側 グループの名前を入力して下さい。

: vHBA 発信側 グループ名は 16 文字までで構成される場合があります。

  • ストレージ接続ポリシー: ドロップダウン メニューから特定のストレージ接続ポリシーを選択して下さい。

    : またストレージ接続ポリシー ドロップダウン メニューから以前に作成されたストレージ接続ポリシーを選択できます。 しかしこの資料では特定のストレージ接続ポリシーはこのサービス プロファイルのために作成されます。

ドロップダウン メニューから特定のストレージ接続ポリシーを選択した後、作成 vHBA 発信側
Group ウィンドウはストレージ接続ポリシーを構築するための追加フィールドを示すために拡張します。

次のようにフィールドに入力します。

  • ゾーニング型: このフィールドで、単一 発信側 単一 ターゲットか単一 発信側複数のターゲットを選択して下さい。 先に示される例に示すようにこれら二つのオプション間の違いは単一 発信側 単一 ターゲットとそれです、別途のゾーンは各ストレージ ターゲットエンドポイントのために作成され、単一 発信側複数のターゲットと、すべてのストレージ ターゲットエンドポイントが含まれている 1 つのゾーンは作成されます。 サービス プロファイル作成が完了する後、GUI および CLI 両方からの出力はこれらの結果を説明したものです。

この資料の目的で、単一 発信側 単一 ターゲットの隣でオプション ボタンをクリックして下さい。

: デフォルト ゾーニング型は単一 発信側 単一 ターゲットです。

  • FC ターゲットエンドポイント: このペインはストレージ ターゲットエンドポイントの WWPNs が追加されるところです。 FC ターゲットエンドポイント ペインの右へグリーン + ボタンをクリックして下さい; 作成 FC ターゲットエンドポイント ウィンドウは現われます。

次のようにフィールドに入力します。

  • WWPN: このフィールドはファブリック相互接続 A.に接続されるストレージ ターゲットエンドポイントの WWPN を示します。
  • 説明 ストレージ ターゲットエンドポイントのための説明を入力して下さい。 映像では、ストレージ モデル(VNX5700)およびサービス処理機構指定(SPA-10)は入りました。
  • Path: パスを選択して下さいストレージ ターゲットエンドポイントが接続されるファブリック相互接続に対応する。
  • VSAN を選択して下さい: ドロップダウン メニューから、先に設定される VSAN を選択して下さい。

設定が完了する後、『OK』 をクリック して下さい。

このステップはファブリック A (ファブリック A)にに作成され、割り当てられるファブリック相互接続 A および VSAN に接続されるストレージ ターゲットエンドポイント焦点を合わせます。 ファブリック A.に作成され、割り当てられる vHBA に区分されてほしいと思う各ストレージ ターゲットエンドポイントのためのこれらのステップを繰り返して下さい。

ここの例は EMC VNX5700 ストレージを使用します。 EMC VNX テクノロジーによって、サービス処理機構に A (SPA)およびサービス処理機構に B (SP-B)それぞれ両方のファブリックを渡って配られるマルチポートがあります。 、この例で、特定 SP-A-10 ですことはおよび SPB-10 は Cisco UCS ファブリック相互接続 A に物理的に接続され、SPA-11 および SPB-11 は Cisco UCS ファブリック相互接続 B.に物理的に接続されます。

Next ウィンドウはストレージ ターゲットエンドポイント SPA-10 (50:06:01:62:47:24:30:ec)ことを示しますおよび両方ファブリックに接続する SPB-10 (50:06:01:6a:47:24:30:ec)は Local_Zone_A と呼ばれる vHBA 発信側 グループに、相互接続します A を追加されました。

[OK] をクリックします。

ゾーニング ウィンドウは今表示ちょうど作成された vHBA 発信側 グループを現われます。 今 vHBA を追加する必要があります
vHBA 発信側 グループに。 このステップは「ゾーン」がストレージへのホスト 発信側目標とするものです。

ファブリックずっと A を使用しています、従って選定された vHBA 開始プログラム セクションの fc0 (vHBA0)をクリックして下さい; この選択は強調表示されるようになります。

次に、選定された vHBA 発信側グループ セクションの Local_Zone_A をクリックして下さい; それは今強調表示されるようになります。

fc0 (vHBA0)および Local_Zone_A が両方強調表示される場合、選定された vHBA 開始プログラムと選定された vHBA 発信側グループ セクション間のボタンへの追加はアクティブになります。

ボタンへの追加をクリックして下さい。

fc0 (vHBA0)設定は Local_Zone_A vHBA 発信側 グループに今現われます。

fc0 (vHBA0)およびストレージ ターゲットエンドポイントが含まれているローカルゾーンは今定義されてしまった。

ファブリック B のための先行する ステップを繰り返しま、パス B を規定 し、ファブリック B. Repeat で先に作成される VSAN を選択するファブリック相互接続 B に接続されるストレージ ターゲットエンドポイントを作成する Local_Zone_B を作成します
ほしいと思う各ストレージ ターゲットエンドポイントのためのこれらのステップはファブリック B.に作成され、割り当てられた vHBA に区分しました。

設定が完了する後、ゾーニング ウィンドウはここに示されている映像に類似しています。

ローカルゾーン A およびローカルゾーン B は今定義されてしまいました。 [Next] をクリックします。

作成サービス プロファイル(エキスパート)ウィザードのサーバ ブート順序ページに進んで下さい。

: この資料はローカル ブートを設定し SAN から起動する方法を読者が既に知っていると仮定します。

: ブートから SAN 設定では、ストレージ ターゲットエンドポイントの WWPNs が先に示されるローカル ゾーニング ステップで設定されるストレージ ターゲットエンドポイント同じなら重複したゾーンはゾーンがサービス プロファイルのサーバ ブート順序セクションで規定 される ストレージ ターゲットエンドポイントから自動的に作成されるので、作成されます。

完了した後作成サービスの残りのセクションは(巧妙な)ウィザードを、クリックします新しいサービス プロファイルを保存するために Finish ボタンをプロファイルします。

Cisco UCS Manager GUI を使用して vHBA 発信側グループを表示し、修正して下さい

完了されたサービス プロファイルの vHBA 発信側グループを修正するために確認するか、または、Cisco UCS Manager 主要な運行ウィンドウの Server タブを選択し、ナビゲーション ツリーのサーバ ノード、サービス プロファイル ノードおよびルートノード(または他の組織容器)拡張して下さい; それからサービス プロファイルを選択して下さい。 主要な Cisco UCS Manager ウィンドウで、ストレージ タブを選択し、次に vHBA 発信側 Groups タブを選択して下さい。 以前にサービス プロファイル作成プロセスで作成された vHBA 発信側グループは主要な Cisco UCS Manager ウィンドウに現われます。

このウィンドウ内からの vHBA 発信側グループを表示し、修正できます。 既存の vHBA 発信側 グループを表示するために、グループの名前をクリックして下さい。 vHBA 発信側 グループの詳細は画面の下方部分の詳細 セクションで表示する(Details 画面で特定のストレージ接続ポリシー 詳細を表示する右のスクロールバーを使用して下さい)。

vHBA 発信側 グループ名をクリックすることはウィンドウの右側のアクションボタンをアクティブにします(Modify ボタン ゴミ箱、)。 サービス プロファイルにグリーン + ボタンをクリックして vHBA 発信側グループを追加できます。 既存の vHBA 発信側グループを修正するために、グリーン + ボタンの下で修正する アクションボタンをクリックして下さい。既存の vHBA 発信側グループに関する他のすべての詳細はウィンドウの詳細 セクションで修正することができます。

Cisco UCS Manager GUI を使用してサービス プロファイル ローカルゾーンを表示して下さい

: ゾーンはファブリックでサービス プロファイルがハードウェアによって関連付けられるときだけ相互接続しますアクティブになります。 サービス プロファイルがハードウェアによって関連付けられない場合、ゾーンは FC ゾーン タブでまたは CLI に現われません。 サービス プロファイルがハードウェアによって引き離されたら、以前に ファブリックでアクティブになるゾーンは FC ゾーン タブおよび CLI からのゾーンの削除に終って無効になります、相互接続します。

Cisco UCS Manager 内からのサービス プロファイルのために作成されるローカルゾーンを表示するために Cisco UCS Manager 主要な運行ウィンドウの Server タブを選択し、ナビゲーション ツリーのサーバ ノード、サービス プロファイル ノードおよびルートノード(または他の組織容器)拡張して下さい; それからサービス プロファイルを選択して下さい。 主要な Cisco UCS Manager ウィンドウで、FC ゾーン タブを選択して下さい; サービス プロファイルと関連付けられたゾーンのリストは現われます。

: ローカルゾーンではこのサービス プロファイルのために、すべてのゾーン複写されましたリストして下さい。 上記されるように、これはゾーンがゾーン ページで作成され、それらの同じ開始プログラムおよびターゲットがブート ポリシーで設定されるとき期待されます。

Cisco UCS Manager GUI を使用してグローバル な ローカルゾーンを表示して下さい

Cisco この UCS ドメインでグローバルに作成されるローカルゾーンを表示するためにナビゲーションペインの SAN タブを選択し、ナビゲーション ツリーのトップレベル SAN コンテナーを選択して下さい。 Cisco 主要な UCS ウィンドウで、VSAN タブを選択し、次に FC ゾーン タブを選択して下さい。 Cisco この UCS ドメインで作成された主要な Cisco UCS Manager ウィンドウにすべてのローカルゾーンのリストは現われます。

CLI を使用してローカルゾーンを表示して下さい

ゾーンは Cisco UCS ファブリック相互接続 CLI から nxos スコープによる表示することができます。

ファブリック相互接続 CLI にセキュア シェル(SSH)によってログイン するか、または Telnet で接続して下さい。

CLI プロンプトで、次のコマンドを入力して下さい:

FIELD-TME-DELMAR _A # connect nxos
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2012, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under license.
Certain components of this software are licensed under the GNU
General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU Lesser General
Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each such license is
available at http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php

FIELD-TME-DELMAR _A (nxos)# show zone
zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_1_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_2_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_3_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_4_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec
FIELD-TME-DELMAR _A (nxos)#

show zone コマンドの結果は現われます。 このシステムがこの資料で現在作成されるサービス プロファイルからのローカルゾーンだけ含まれているので、各ゾーンは単一 発信側 単一 ターゲット 形式で表示する
これがサービス プロファイルで選択されたオプションだったので。

単一なら複数のターゲットを選択されました、show zone コマンドの結果表示する次を目標として下さい:

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_1_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec
pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_2_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_3_Local_Zoning_fc0 vsan 200
pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b
pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec

このリストでは、最初のゾーンは 3 つ WWPNs を示します: vHBA 発信側(pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b)の WWPN およびストレージ ターゲット(pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec および pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec)の 2 WWPNs。

次の 2 つのゾーンは単一 発信側 単一 ターゲットです。 これらのゾーンはブート ポリシーで規定 された ストレージ ターゲットのための Cisco UCS によって自動的に構築されました。 上記されるように、これらのゾーンは重複です。 単一 発信側複数のターゲット ゾーンは足ります; ただし、これは Cisco UCS ゾーニング構造が現在どのように設計されているかです。

WWPNs がログオンされるかどうか示す値を含むゾーンをの見るために、次のコマンドを入力して下さい:

FIELD-TME-DELMAR _A(nxos)# show zone active
FIELD-TME-DELMAR _A (nxos)# show zone active
zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_1_Local_Zoning_fc0 vsan 200
* fcid 0xcf0001 [pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b]
* fcid 0xcf00ef [pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec]

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_2_Local_Zoning_fc0 vsan 200
* fcid 0xcf0001 [pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b]
* fcid 0xcf01ef [pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec]

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_3_Local_Zoning_fc0 vsan 200
* fcid 0xcf0001 [pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b]
* fcid 0xcf01ef [pwwn 50:06:01:6a:47:24:30:ec]

zone name ucs_FIELD-TME-DELMAR_A_4_Local_Zoning_fc0 vsan 200
* fcid 0xcf0001 [pwwn 20:ca:00:25:b5:00:00:1b]
* fcid 0xcf00ef [pwwn 50:06:01:62:47:24:30:ec]

リストは WWPNs およびゾーンがアクティブ、ログオンされる(アスタリスク[*]ログオンされる) WWPNs の fcid 値に先行する示します。

Zone name の解読

次の zone name を考慮して下さい:

zone name ucs_ FIELD-TME-DELMAR_A _1_Local_Zoning_fc0 vsan 200

名前は次の通り解読することができます:

  • UCS: これは Cisco UCS ローカルゾーンです。 FIELD-TME-DELMAR_A: このゾーンはファブリック相互接続 A.の Cisco UCS ドメイン FIELD-TME-DELMAR 上のあります。
  • 1: これはゾーン第 1.ゾーン番号が付いています 1.から次々に開始です。
  • Local_Zoning: これはサービス Profile Name です。
  • fc0: これはファブリック A.に接続されるサービス プロファイルの vHBA 名前です。

Cisco UCS ローカル ゾーニング 制限

次の最大値に注意して下さい:

  • ゾーンの最大数: VSAN ごとに 8000 およびファブリック毎に 8000 合計。
  • サービス プロファイルごとのターゲットポートの最大数: 64。

詳細情報

Cisco UCS Manager GUI コンフィギュレーション ガイドの「参照しま Fibre Channel ゾーニング」セクションを設定します:
http://www.cisco.com/en/US/products/ps10281/products_installation_and_configuration_guides_list.html


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116197