音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

DR バックアップ デバイスを追加することが不可能な Unity 接続

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はオプションが選択不可能になるので Unity 接続が障害回復 システム(DR)バックアップ デバイスを追加することがどこにできないか発生するかもしれない状況を記述したものです。 これはまた Unity 接続クラスタ サブスクライバに同様に発生する場合があります。

別の現象は DR バックアップが発生するとき、見ますサブスクライバ失敗の項目のバックアップをあるかもしれません。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

Unity 接続は DR バックアップ デバイスを追加することができません。

解決策 1

この問題を解決するために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Unity 接続パブリッシャで、PC に OS Admin > Security > 認証 mgmt > 検索 > ipsec.pem > ダウンロードにナビゲート して下さい
  2. 証明書管理 ページへのサブスクライバへのナビゲート。
  3. 加入者サーバのパブリッシャのための IPsec 信託証券を削除して下さい。
  4. IPsec 信頼としてパブリッシャからダウンロードされる認証をアップロードして下さい。
  5. マスタ エージェント(MA)およびローカル エージェント(LA)を再起動して下さい。

解決策 2

ソリューション 1 が問題を解決しない場合、パブリッシャの IPsec 認証に問題があるかもしれません。 その場合、パブリッシャの認証を再生する必要があり次にサブスクライバから信頼をその存在削除します。 IPsec 新しい認証を IPsec 信頼としてパブリッシャからコピーするために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager OS 管理 ページへのログイン。
  2. [Security] > [Certificate Management] の順に選択します。 [Certificate List] ウィンドウが表示されます。
  3. 認証リストをフィルタリングするために検索制御を使用して下さい。
  4. ipsec.pem ファイルを選択し、再生をクリックして下さい
  5. ipsec.pem ファイルの正常な再生成の後で、コンピュータに ipsec.pem ファイルをダウンロードして下さい。
  6. 証明書管理 ページに戻って下さい。
  7. 既存の破損した IPsec 信頼 File エントリを見つけて下さい。 認証(CTL)のファイル名を選択し、『Delete』 をクリック して下さい。 削除を詳細については認証参照して下さい。
  8. タイトル「ipsec 信頼」のダウンロードされた ipsec.pem ファイルをアップロードして下さい。
  9. MA および LA を再起動して下さい。

この問題は Cisco バグ ID CSCts01090 と関連しているかもしれません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116397