セキュリティ : Cisco Identity Services Engine

別のノードに ISE バージョン 1.1.x Monitoring ノード バックアップを復元する

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に奪取 されたものと別のサーバに Monitoring ノード バックアップを復元する方法を記述されています。

クリス Hannifin、ジョシュア Deuink、およびアンドレアス Nikas によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Identity Services Engine (ISE)バージョン 1.1.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

Monitoring ノード バックアップを作成して下さい

  1. CLI か admin GUI によって現在の Monitoring ノードのためのバックアップを生成して下さい。
  2. ターゲット Monitoring ノードからの完全バックアップをオンデマンド式で生成して下さい。
  3. バックアップがこれらのファイルのために保存されるリポジトリをチェックして下さい:
    • Mntdbfull_hostname_date_time.tar .gpg
    • ise_catalog.xml
  4. 現在のノードから ise_catalog.xml ファイルをホストするリポジトリにバックアップをコピーして下さい。
  5. New ノードに復元するたいと思うバックアップ ファイルを指すために ise_catalog.xml ファイルを編集して下さい。 この例は ProductionMNT.gpg と指名されるバックアップを復元する
    From:
    <void property="fullImage">
    <string>mntdbfull_ise-rec5_20130627_110059</string>

    To:
    <void property="fullImage">
    <string>ProductionMNT</string>
  6. Admin GUI では、Administration > システム > メンテナンス > データ 管理 > Monitoring ノード > データ 復元へのナビゲート。 前のバックアップが ProductionMNT.gpg ファイルが含まれていることに注意して下さい。
  7. 復元するたいと思うバックアップを選択して下さいバックアップが作成された、および『Restore』 をクリック するために入力して下さいときに使用される暗号化キーを。
  8. 復元が完了に動作するようにして下さい。 復元が動作する間、GUI の別の位置にナビゲート しません でしたり、または変更を行なわないで下さい。 このプロセスは時間をかけることができます。 復元が完了した、ノードの ISE サービスは再起動します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116357