音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Border Element

CUBE-SP 基本設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は基本 コール ルーティングを行うために 1000 シリーズ 集約 サービス ルータ(ASR)の Cisco Unified ボーダー要素サービス プロバイダ(CUBE-SP)のためのステップバイステップ設定を説明したものです。

クルト Mai によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • 基本的な IP ルーティング
  • 統合サービス ルータ(ISR) CUBE の VoIP 設定

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ギガビット イーサネット(Gige)インターフェイス カードが付いている ASR 1006
  • Cisco IOS ® XE バージョン 3.7.2
  • これらの IP アドレスの基本的なインフラストラクチャ:
    • SIP UA 1---------SBC----------SIP UA 2
    • SIP UA 1 - 10.201.160.200
    • SIP UA 2 - 10.201.160.201
    • SBC G0/0/0 - 10.201.160.216 (3945) VRF
    • SBC G0/0/1 - 10.201.160.126 (3825) VRF

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

設定の概要

この資料でカバーされるコンフィギュレーションのステップの概略はここにあります:

  1. ネットワーク接続の確認
  2. VRF 設定(オプションの)
  3. セッション ボーダー コントローラ(SBC)モードに ASR を設定して下さい
  4. 隣接関係を設定して下さい
  5. 呼ルーティングを設定して下さい
  6. メディア アドレスを設定して下さい

ネットワーク接続の確認

この設定のための第 一歩はネットワーク接続があることを確認することです。 ネットワーク接続がこの資料に説明があるコンフィギュレーションのステップを完了するために必要となります。

VRF 設定(オプションの)

CUBE-SP はわかっている複数の VPN Routing and forwarding (VRF)です。 これは CUBE-SP が 1 VRF の隣接関係から呼び出しを受信する意味し、他の VRF の他の隣接関係にそれらをことを転送します。 ただし、これは IP ルーティングと同等ではないです。 VRF の間でルーティングするために、ボーダ ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルート リークが必要となりますが、はたらくことを VRF の中の呼ルーティングに必要としません。 VRF を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. VRF を定義して下さい:
    !
    vrf definition 3825
     !
     address-family ipv4
    このコマンドが VRF 使用可能なインターフェイスに IP アドレスを割り当てるために必要となります。
     exit-address-family
    !
    vrf definition 3945
     !
     address-family ipv4
     exit-address-family
    !
  2. ギガビット イーサネットインターフェイスに VRF を割り当てて下さい:
    !
    interface GigabitEthernet0/0/0
     description Do Not Change
    vrf forwarding 3945
     ip address 10.201.160.216 255.255.255.192
     speed 1000
     no negotiation auto
    !
    interface GigabitEthernet0/0/1
     description Do Not Change
     vrf forwarding 3825
     ip address 10.201.160.126 255.255.255.192
     speed 1000
     no negotiation auto
     cdp enable
    !
  3. ASR がルーティングする方法を知っているように各 VRF のためのスタティック・ルートを追加して下さい:
    ip route vrf 3825 0.0.0.0 0.0.0.0 10.201.160.65
    ip route vrf 3945 0.0.0.0 0.0.0.0 10.201.160.193

隣接関係を設定して下さい

2 SIP 隣接関係は設定する必要があります: 3945 ゲートウェイを指す 3945 VRF のための 1 つ、およびその 3825 ゲートウェイを 3825 VRF のための別のものは指します:

sbc SBCNAME

sbe

adjacency sip 3825
    force-signaling-peer
    vrf 3825

これはこの隣接関係に VRF 3825 を割り当てます。

 editor-type editor
    preferred-transport udp
    signaling-address ipv4 10.201.160.126

これは VRF 3825 のインターフェイスの IP アドレスです。 SIP メッセージはこのインターフェイスから送信され、ASR はこの隣接関係を SIP メッセージのためにこのインターフェイスを聞き取ります。

 statistics method summary
    signaling-port 5060

ポート ASR は SIP メッセージを聞き取ります。

 remote-address ipv4 10.201.160.200 255.255.255.255 

これはリモート SIP ゲートウェイ/エンドポイントの IPアドレス範囲です。

 signaling-peer 10.201.160.200 

SIP メッセージはこの隣接関係のためのこの IP アドレスに送られます。

 attach 

これは「ロック/」隣接関係 設定をコミットします。

adjacency sip 3945
    force-signaling-peer
    vrf 3945
    editor-type editor
    preferred-transport udp
    signaling-address ipv4 10.201.160.216
    statistics method summary
    signaling-port 5060
    remote-address ipv4 10.201.160.201 255.255.255.255
    signaling-peer 10.201.160.201
    attach

呼ルーティングを設定して下さい

CUBE-SP の呼ルーティングは基づくポリシーです。 すなわち、着信コールの各シナリオのために各シナリオにおよびそれを反応する方法をポリシーを書き、ルータにルーティングする方法を言います。

2 つの簡単なポリシーはここにあります:

  • コールが 3825 隣接関係から到着する場合、3945 隣接関係にコールを発信して下さい。
  • コールが 3945 隣接関係から到着する場合、3825 隣接関係にコールを発信して下さい。
sbc SBCNAME

sbe

call-policy-set 1

これは最初にコール ポリシー設定 される 規定 します。 同時に複数のセットがありそのの間ですぐに切り替えることができます。 1 つだけは一度にアクティブである場合もあります。

 first-call-routing-table table1  

これは参照するべき最初の表であるルーティングのエントリポイントを規定 します。

 rtg-src-adjacency-table table1 

これは基づいてから隣接関係にコールが来たルーティング決定を作るルーティング テーブルです(ソース 隣接関係)。

 entry 1
     match-adjacency 3825
     dst-adjacency 3945

これはシステムを 3825 隣接関係から 3945 隣接関係に着く呼び出しを発信するように告げます。

 action complete 

これはシステムをルーティングするように告げか、またはルーティング テーブルに行き、再度チェックします。

entry 2
      match-adjacency 3945
      dst-adjacency 3825
      action complete
    complete

これは表を修正する、ポリシー セットの前に発行されて使用されます前に取除く必要があり。

 call-policy-set default 1 

これは現在のアクティブなルーティングポリシーを規定 します。 それはポリシー セットを修正する前に取除く必要があります。

メディア アドレスを設定して下さい

隣接関係 設定がシグナリング アドレスおよびポートを規定 する間、メディア アドレスおよびポートは隣接関係ごとに、VRF ごとに設定されません。 各 VRF に関しては、別途のメディア アドレスは必要です。

sbc SBCNAME

media-address ipv4 10.201.160.126 vrf 3825
  port-range 16384 32767 any
 media-address ipv4 10.201.160.216 vrf 3945
  port-range 16384 32767 any

: 最適なパフォーマンスに関しては、各 VRF インターフェイスにプライマリものと共にセカンダリIPアドレスがあります。 ポートコンフリクトを避けるために、プライマリIP でメディア アドレス、およびセカンダリ IP のシグナリング アドレスを設定して下さい。

確認

設定がきちんと機能することを確認するためにこれらのコマンドを使用して下さい:

  • show run -実行コンフィギュレーションを表示する。
  • 示して下さい sbc SBCNAME sbe <options> - SBC についてのさまざまな情報を表示する。

トラブルシューティング

設定をトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。

  1. コールが完了することができない場合 ASR から PD トレースを収集して下さい:
    debug sbc SBCNAME log-level buffer 0 
    この「バッファ」はではないです「ロギングバッファのバッファと同等」。 PD トレースを「ロギングバッファに指示するため」、コマンド入力にデバッグ sbc SBCNAME ログ レベル コンソール 0 を追加して下さい。 第 "0" はほとんどの詳細表示で "0" が、水平なログを規定 します。
    sbc dump-diag 
    これはトレース バッファをクリアします。
  2. テスト コールをして下さい:
    sbc dump-diag 
    これはデフォルト ハード ドライブ 位置の名前 pdtrc_buf*.* で新しいファイルを作成します。
  3. オーディオまたは単方向音声がない場合、IP ルーティングを確認して下さい:
    ping vrf 3825 10.201.160.200
    ping vrf 3945 10.201.160.20

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116415