Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco NX-OS ソフトウェア

Nexus 7000 FAQ: SpineControlBus テストが失敗するとき奪取 する 推奨 処置とは何か。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はテストが失敗するとき SpineControlBus テストを記述し、奪取 する操作を提供したものです。

SpineControlBus テストは脊柱カードからのスーパバイザカードへのスタンバイ制御 バス 接続をチェックする診断テストです。 脊柱カードはまた Xbar またはファブリックのような他の名前によって知られています。 監視プログラムモジュールのそれぞれから各脊柱カードへ 2 台の制御バスがあります。 プライマリが失敗した他はバックアップとして保存されるが、それらの 1 つだけは使用されます。

これは非破壊的なテストです。 このテストは 20 人の連続した失敗の後で自動無効です。 このテストの失敗は破局的考慮されませんが、それはそのスーパバイザSpinecard ペアのための「減らされた」ハイアベイラビリティの示す値です。

Rahul Parameswaran(Cisco TAC エンジニア)著。

SpineControlBus テストが失敗するとき奪取 する 推奨 処置とは何か。

  1. 除外して下さい Cisco バグ ID CSCuc72466 を-アクティブおよびスタンバイ両方に脊柱制御バス失敗。

    SpineControlBus は脊柱カードにアクティブな、スタンバイ アクセスをテストするためにスクラッチ レジスタを脊柱がはたらいたかどうか確認するためにアクセス しました。 ただし、そのアクセスは一つずつするただことができます。 アクティブおよびスタンバイが両方テストを同時に実行するとき、テスト(通常スタンバイ テスト)の 1 つは失敗します。 失敗は実際のハードウェア障害のフォールスアラームで示す値ではないです。

    テストを確認するためにこの回避策を同時に実行されませんアクティブおよびスタンバイスーパバイザによって適用して下さい:

    N7K(config)# diagnostic monitor interval module <supervisor_slot_number>
    test SpineControlBus hour 0 min 0 second 31

    N7K# diagnostic clear result module <supervisor_slot_number> test 11

    SpineControlBus のテスト ID を判別するために show diagnostic コンテンツ モジュール X コマンドを入力して下さい。

    : 上記の回避策は失敗の確率を減らしますが、この失敗が見られないことをことを保証しません。

    もう一つの回避策はスタンバイスーパバイザのテストをディセーブルにすることです。

    show diagnostic 結果モジュール X テスト SpineControlBus detail コマンドでテストを監視し続けて下さい。

    : 時々ディセーブルにされたテストはエラーです。 テスト結果をクリアし、テストを再実行するためにスーパバイザを再設定して下さい。

    Cisco バグ ID CSCuc72466 は NX-OS リリース 6.2 で固定されます

  2. 上の不具合が除外され、失敗が再度発生したら、これらの処置をとって下さい:

    テストが壊れた複数回を過す場合、これは不良なスーパバイザを示す可能性があります。 スタンバイスーパバイザがテスト問題は解決されるかどうか見るために失敗した場合アクティブ監視プログラムがテスト失敗する試みて下さいまたはスタンバイスーパバイザをリロードして下さいケースのスーパバイザ スイッチオーバを。 その場合、スーパバイザを取り替えて下さい。 さもなければ、がよくない、これは複数の脊柱カードまたはマルチ バス失敗においての問題を示す可能性があります。 単一脊柱カードが失敗する場合、問題が脊柱カードに続くかどうか見るために別の既知よいスロットに脊柱カードを挿入して下さい。 それが場合、脊柱カードを取り替えるため。 さもなければ、これはバスにおける問題およびシャーシが交換する必要があることを示します。

    Nexus7000# show diagnostic result module 5 test SpineControlBus detail
    Module 5: Supervisor module-1X  (Active)
      11) SpineControlBus E
                    Error code ------------------> DIAG TEST ERR DISABLE
                    Total run count -------------> 676018
                    Last test execution time ----> Tue May 14 18:30:47 2013
                    First test failure time -----> Sat Oct 13 17:55:06 2012
                    Last test failure time ------> Tue May 14 18:30:47 2013
                    Last test pass time ---------> Tue May 14 18:30:17 2013
                    Total failure count ---------> 30
                    Consecutive failure count ---> 1
                    Last failure reason ---------> Spine control test failed
                    Next Execution time ---------> Tue May 14 18:31:17 2013
            XBar      1  2  3
             ---------------------------------------------------------------------
                      F  F  F

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116258