音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco UC Integration(TM) for Microsoft Lync

CUCIMOC および CUCILync でデスク フォン デバイスが表示されない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Microsoft Office 伝達者(CUCIMOC)との Cisco Unified 通信統合ところでこの資料に直面する問題を解決する方法を記述されていますおよび Microsoft Lync 2010 (CUCILync)との Cisco Unified 通信統合は選択するために卓上電話機 デバイスをリストしません。

ビリー Turnbow によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CUCIMOC/CUCILync リリース 7.x および 8.x
  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUCIMOC/CUCILync リリース 7.x および 8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークがライブである場合、あらゆるコマンドの潜在的影響を理解することを確かめて下さい

問題

CUCIMOC/CUCILync は Devices ページのデバイスをリストしません。

通常これはパスワードが不正確であるか、またはデバイスが CUCM のユーザと正しく関連付けられないと発生します。

解決策

Username/Password が原因だったかどうか確認して下さい

  1. 問題を再現します。
  2. すぐに CCMCIPFailureCoreException を Cisco Unified クライアント サービス フレームワーク(CUCSF)ログファイルを捜して下さい: これらの場所の悪いユーザネームかパスワード
    • XP ログの場所: C:\Documents and Settings\ <username> \ローカル 設定\適用業務 データ\ Cisco \ Unified Communication \クライアント サービス フレームワーク\ログ\ Core.log
    • ヴィスタ ログの場所: C:\Users\ <username> \ AppData \ローカル\ Cisco \ Unified Communication \クライアント サービス フレームワーク\ログ\ Core.log

パスワードが正しかったかどうか確認して下さい

  1. CUCM ユーザ ホームページを開いて下さい: https:// <CUCM Address>:8443/ccmuser
  2. ユーザがログインできることを確認するためにユーザの username/password を入力して下さい。 ユーザがログインにない場合、リセットされる通常ユーザ パスワード必要。

    : ユーザの詳細は LDAP から複製されることを意味する CUCM がディレクトリ Acess 軽量プロトコル(LDAP)と同期されれば、パスワードは LDAP で変える必要があります。 パスワードが LDAP で変わり、それでもはたらかなければ、LDAP と CUCM 間の手動同期化を行うことは賢明であるかもしれません。 CUCM が LDAP と同期されない場合、CUCM 管理者はユーザ パスワードを変えられますはずです。

ユーザのデバイスが CUCM のユーザと関連付けられたかどうか確認して下さい

すぐにこれが問題であるかどうか確認するために、ユーザ ログインをホームページに持ち、デバイスを表示して下さい。

デバイスがユーザのホームページにない場合、CUCM 管理者はユーザとそれらを関連付ける必要があります。

  1. CUCM 管理 ページを開き、ユーザマネージメント > エンドユーザにナビゲート して下さい。
  2. ユーザを選択します。
  3. エンドユーザ 設定 ページで、ユーザのデバイスがデバイス アソシエーション セクションにリストされていることを確認して下さい。 デバイスがデバイス アソシエーション セクションにリストされていない場合、2 つの方法の 1 つのユーザとデバイスを関連付けることができます。
    方法 1
    1. [Device Association] ボタンをクリックします。
    2. ユーザに属する発見し、デバイスを選択して下さいデバイスを。
    3. デバイス情報 セクションの Phone Configuration ページで、エンドユーザ ID を設定 するために Owner User ID フィールドを使用して下さい。
    4. [Save] をクリックします。
    方式 2
    1. Directory Number Configuration ページを開くためにアソシエーション インフォメーション セクションのデバイスのディレクトリ番号をクリックして下さい。
    2. ページの一番下にスクロールし、エンドユーザが行セクションと関連付けられるユーザにリストされているようにして下さい。
    3. ユーザがリストされていない場合、このディレクトリ番号エンドユーザを関連付けるために関連エンドユーザ ボタンをクリックして下さい。

トラブルシューティング

前のセクションが問題を解決しない場合、これらのステップを完了して下さい。

Cisco Unified Communications Manager IP Phone (CCMCIP)サービスは Microsoft Office 伝達者リリース 7.1 の Cisco Unified Communications 統合のためのインストレーションガイドの CcmcipServerValidation セクションで詳述されるデバイス リストを取得するために認証を使用するために設定することができます。

  1. このレジストリキーを作成または変更して下さい:
    • HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\シスコシステムズ、株式会社\クライアント サービス フレームワーク\ AdminData \ CcmcipServerValidation
    • Type: ストリング/REG_SZ
    • [Value]: 0、1 か 2 (値説明については次 の ステップを参照して下さい)
  2. デバイス リストを取得するために HTTPS と CUCM に署名するために使用するクライアント サービス フレームワーク(CSFS)のための認証の検証の種類を入力して下さい。 これらの値の 1 つを入力して下さい:
    • 0: CSFS はすべての認証を受け入れます。
    • 1: CSFS は keystore および自己署名証明書で定義される認証を受け入れます。

      : 認証および暗号化キーを保存するで、<location_of_jre >/lib/security にあります keystore はファイル。 Javaランタイム環境 (JRE)のデフォルト の ロケーションは C:\Program Files\Common ファイル\シスコシステムズ\クライアント サービス フレームワークです。

    • 2: CSFS は keystore で定義される認証だけを受け入れます。

      : CSFS は CUCM サーバを確認するためにこの認証を使用します。


      • 認証が受け入れられるとき、CSFS は CUCM に署名するためにユーザの資格情報を使用する必要があります。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116316