スイッチ : Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

FabricPath: FTAG のための Multidestination ツリーをマッピング すること

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に FabricPath トポロジーのある特定のフォワーディング タグ(FTag)のための複数の宛先ツリーをマッピング する方法を記述されています。 これはある特定の FTag のための複数の宛先 パケットの期待されたフローに続くことを可能にします。 この例では、FabricPath エッジ スイッチ N7K5-FPE から開始し、FTag を 1 本のツリー マッピング します。 完全な FabricPath ドメイン トポロジーはダイアグラムで示されています。

Al ブライアントによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

ユーザはこの資料を使用するため FabricPath 概念 および 専門用語について詳しく知っているであるはずです。

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • リリースの Nexus 7000 6.1(2)
  • F2 シリーズ ラインカード。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

ユーザは FabricPath 概念 および 専門用語について詳しく知っているはずです。 FabricPath ヘッダの FTag (フォワーディング タグ)パラメータの使用の簡潔な説明はこのセクションでカバーされます。

FTag の機能はフレームの種類によって検出する。 フレームが複数の宛先のユニキャストである場合、具体的には。 ユニキャストフレームの場合には、FTag はある特定のフレームが横断する必要がある FabricPath トポロジーを識別し、選択します。 単一 トポロジーはそれに割り当てられる "1" という値でサポートされます。

複数の宛先帯の場合には、フレームを受信するイングレススイッチ、どの複数の宛先 フォワーディング ツリーをある特定のフレームが横断するか識別する必要。

複数の宛先 トラフィックが FabricPath ドメインを入力するとき、イングレススイッチは FabricPath ヘッダかでプログラムするべきどの FTag を決定するためにハッシュアルゴリズムを使用します。 FabricPath 各トポロジーに 2 複数の宛先ツリー、FTag 1 および FTag が 2 本のツリーあります。 各 FTag にスパニングツリールートへの計算された類似したであるルートスイッチがあります。 選択は FabricPath 優先順位およびシステム ID に基づいています。 優先順位がディフォルトされるとき高優先順位、かシステム ID のスイッチは、FTag 1 のためのルートになり、次点者は FTag 2.のためのルートです。

FTag が入力 FabricPath エッジ スイッチによって選択されれば、FabricPath コアの他はその FTag に基づいて複数の宛先 パケットを転送します。 複数の宛先 パケットはブロードキャスト、マルチキャスト、または未知のユニキャスト パケットが含まれています。 各スイッチはルートに低価格に基づいてパケットを転送します。 ルートがパケットを受信すれば、届いたスイッチを除くその FTag のすべてのスイッチにそれを転送します。

FTag のための複数の宛先ツリーをマッピング して下さい

  1. ローカル スイッチ ID を確認して下さい。

    : FabricPath スイッチが vPC+ ドメインのメンバーのとき、非エミュレートされた(スタンドアロン)スイッチ ID およびエミュレートされた(vPC+)スイッチ ID があります。 出力例では、このシステム ID (6c9c.ed4f.28c4)が二度示されていることに注目して下さい。 の非エミュレートされたスイッチ ID と一度エミュレートされたスイッチ ID。

    N7K5-FPE# show fabricpath switch-id
    FABRICPATH SWITCH-ID TABLE
    Legend: '*' - this system
    =========================================================================
    SWITCH-ID SYSTEM-ID FLAGS STATE STATIC EMULATED
    ----------+----------------+------------+-----------+--------------------
    21 6c9c.ed4f.28c3 Primary Confirmed Yes No
    22 6c9c.ed4d.d943 Primary Confirmed Yes No
    201 6c9c.ed4f.28c4 Primary Confirmed No Yes
    201 6c9c.ed4d.d944 Primary Confirmed No Yes
    202 6c9c.ed4f.28c5 Primary Confirmed No Yes
    202 6c9c.ed4d.d945 Primary Confirmed No Yes
    *2001 6c9c.ed4f.28c4 Primary Confirmed Yes No
    2002 6c9c.ed4d.d944 Primary Confirmed Yes No
    2003 6c9c.ed4f.28c5 Primary Confirmed Yes No
    2004 6c9c.ed4d.d945 Primary Confirmed Yes No
    Total Switch-ids: 10
  2. FTag 値のためのルートを識別して下さい。 出力例に示すように、FTag 1 のためのルートはスイッチ ID 21 です。
    N7K5-FPE# show fabricpath isis topology summ
    Fabricpath IS-IS domain: default FabricPath IS-IS Topology Summary
    MT-0
    Configured interfaces: Ethernet6/15 Ethernet6/16 port-channel1
    Number of trees: 2
    Tree id: 1, ftag: 1 [transit-traffic-only], root system: 6c9c.ed4f.28c3, 21
    Tree id: 2, ftag: 2, root system: 6c9c.ed4d.d943, 22
  3. スイッチ ID 21 に達するために FabricPath ルートを判別して下さい。
    N7K5-FPE# show fabricpath route switchid 21
    FabricPath Unicast Route Table
    'a/b/c' denotes ftag/switch-id/subswitch-id
    '[x/y]' denotes [admin distance/metric]
    ftag 0 is local ftag
    subswitch-id 0 is default subswitch-id

    FabricPath Unicast Route Table for Topology-Default
    1/21/0, number of next-hops: 1
    via Eth6/15, [115/40], 10 day/s 20:49:54, isis_fabricpath-default
  4. これはステップ 3.へ代替です。 FabricPath ルートをスイッチ ID 21 に達するために判別するために秒方式を使用して下さい。 
    N7K5-FPE# show fabricpath isis trees multidestination 1
    Fabricpath IS-IS domain: default
    Note: The metric mentioned for multidestination tree is from the
    root of that tree to that switch-id
    MT-0
    Topology 0, Tree 1, Swid routing table
    21, L1
    via Ethernet6/15, metric 0
    22, L1
    via Ethernet6/15, metric 20
    201, L1
    via Ethernet6/15, metric 40
    202, L1
    via Ethernet6/15, metric 40
    2002, L1
    via Ethernet6/15, metric 40
    2003, L1
    via Ethernet6/15, metric 40
    2004, L1
    via Ethernet6/15, metric 40
  5. Ethernet6/15 の隣接デバイスを表示し、そのデバイスに Telnet で接続して下さい。
    N7K5-FPE# show cdp neighbors int e6/15 detail 
    ----------------------------------------
    Device ID:N7K5-SPINE3(JAF1620ABAB)
    System Name: N7K5-SPINE3
    Interface address(es):
    IPv4 Address: 14.2.36.51
    Platform: N7K-C7009, Capabilities: Router Switch IGMP Filtering
    Supports-STP-Dispute
    Interface: Ethernet6/15, Port ID (outgoing port): Ethernet6/5
    Holdtime: 149 sec
    Version:
    Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 6.1(1)
    Advertisement Version: 2
    Native VLAN: 1
    Duplex: full
    MTU: 1500Mgmt address(es):
    IPv4 Address: 14.2.36.51
  6. だれがに FTag 1.のためのルートがあるか N7K5-SPINE3 が一致することを確認して下さい。
    N7K5-SPINE3# show fabricpath isis topology summary
    Fabricpath IS-IS domain: default FabricPath IS-IS Topology Summary
    MT-0
    Configured interfaces: Ethernet6/5 Ethernet6/6 Ethernet6/7
    Ethernet6/8 port-channel

    Number of trees: 2
    Tree id: 1, ftag: 1, root system: 6c9c.ed4f.28c3, 21
    Tree id: 2, ftag: 2, root system: 6c9c.ed4d.d943, 22
  7. チェックして下さいルートだったかどうか、または確認するためにローカル スイッチ ID をルートの方に移動する必要があったら。 出力例はこのシステムがスイッチ ID 21 であることを示します。 ステップ 2 およびステップ 6.からこれを知っています。 それは FTag 1.のためのルートです。
    N7K5-SPINE3# show fabricpath switch-id
    FABRICPATH SWITCH-ID TABLE
    Legend: '*' - this system
    =========================================================================
    SWITCH-ID SYSTEM-ID FLAGS STATE STATIC EMULATED
    ----------+----------------+------------+-----------+--------------------
    *21 6c9c.ed4f.28c3 Primary Confirmed Yes No
    22 6c9c.ed4d.d943 Primary Confirmed Yes No
    201 6c9c.ed4f.28c4 Primary Confirmed No Yes
    201 6c9c.ed4d.d944 Primary Confirmed No Yes
    202 6c9c.ed4f.28c5 Primary Confirmed No Yes
    202 6c9c.ed4d.d945 Primary Confirmed No Yes
    2001 6c9c.ed4f.28c4 Primary Confirmed Yes No
    2002 6c9c.ed4d.d944 Primary Confirmed Yes No
    2003 6c9c.ed4f.28c5 Primary Confirmed Yes No
    2004 6c9c.ed4d.d945 Primary Confirmed Yes No
    Total Switch-ids: 10
  8. 確認するので N7K5-SPINE3 はルートです、Eth6/5 に N7K5-SPINE3 転送します FTag 1 の複数の宛先 フレームを- Eth6/8 および Port-channel 1.この出力に基づいて FTag 1.と受信された複数の宛先 フレームをどのように転送するか見る必要があります。
    N7K5-SPINE3# show fabricpath isis trees multidestination 1
    Fabricpath IS-IS domain: default
    Note: The metric mentioned for multidestination tree is from the
    root of that tree to that switch-id

    MT-0
    Topology 0, Tree 1, Swid routing table
    22, L1
    via port-channel1, metric 20
    201, L1
    via Ethernet6/6, metric 40
    202, L1
    via Ethernet6/8, metric 40
    2001, L1
    via Ethernet6/5, metric 40
    2002, L1
    via Ethernet6/6, metric 40
    2003, L1
    via Ethernet6/7, metric 40
    2004, L1
    via Ethernet6/8, metric 40

FTag 1.のための複数の宛先ツリーを送り出すために集まった情報を使用して下さい。 FTag 1 のための複数の宛先ツリーはこのトポロジーの RED リンクによって強調表示されます。

コマンド リファレンス:

show fabricpath isis topology summary
show fabricpath isis trees multidestination <ftag>
show fabricpath route switchid <switch-id>
show fabricpath switch-id

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116303