音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

Windows コールフロー流れ解析プロシージャのための Jabber

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Jabber for Windows のコールフローを分析するために使用されるプロシージャを記述したものです。

ビリー Turnbow、Amit Kumar、および Jasmeet Sandhu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Jabber for Windows バージョン 9.x の知識があることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Jabber for Windows バージョン 9.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

Cisco Jabber for Windows のコールフローを分析して下さい

コールが Cisco Jabber for Windows で始まり、終了するとき判別するために、Notepad++ の csf-unified.log ファイルを開き、CALL_EVENT を捜して下さい。 コールの最初の行を見つけるために、CALL_EVENT 文の直後頭文字を見つけて下さい:

2013-02-24 18:22:07,362 INFO  [0x000009e4][control\CallControlManagerImpl.cpp(2021)]
[csf.ecc.evt] [ecc::CallControlManagerImpl::notifyCallEventObservers] -
  CALL_EVENT: evCreated,
0x005B1818, Initial, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_NONE, CalledPartyNumber: ,
  CallingPartyNumber: ,
CallInstance: -1, Status: , GCID: , IsConference: 0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

ログ用語を早口に喋って下さい

Jabber コールフローのこれらのキーワードのために視聴して下さい:

コールの状態

  • 頭文字-コールはセットアップにあります、着信/発信だった、呼出すこと/呼出された電話番号は準備をされますかどうか Jabber は確認し。
  • オフフック- Jabber 電話はフックを離れて行きます。
  • ダイヤル-呼出された電話番号 ディジットはダイヤルされます。
  • 続行して下さい-ディジットは Cisco Unified Communications Manager (CUCM)に通じ、処理されます。
  • RingOut -数はダイヤルされ、リングはリモート エンドに送信 されます。
  • 接続される-リモート エンドは答えられ、接続は確立されます。
  • オンフック- Jabber 電話はハングアップしました。

CC_CALL_TYPE -  これは「発信」か「着信に初期化の後で「どれもから」変更しません発信されるか、または受信されるかどうか」、コールがに左右されます。

呼び出しID -呼び出し状態が各コールの間に一貫した滞在 Jabber 呼び出しID である前に 16進数(0x005B1818)。 それは回復が発生すると増分します。

CSF-UNIFIED.LOG

Notepad++ を使用する場合、全体のコールフローを表示する現在配布されているドキュメント オプションで検索をすべて使用できます。 それはこのようになります(ビューア容易さ、タイムスタンプおよび情報角カッコのために取除かれます):

CALL_EVENT: evCreated, 0x005B1818, Initial, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_NONE,
CalledPartyNumber: , CallingPartyNumber: , CallInstance: -1, Status: ,
GCID: , IsConference: 0,
IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

CALL_EVENT: evInfoChanged, 0x005B1818, Initial, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: , CallingPartyNumber: , CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference: 0,
IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canOriginateCall,canDialVoicemail

CALL_EVENT: evInfoChanged, 0x005B1818, Initial, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canOriginateCall,canDialVoicemail

CALL_EVENT: evStateChanged, 0x005B1818, OffHook, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canEndCall,canSendDigit

CALL_EVENT: evStateChanged, 0x005B1818, Dialing, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canEndCall,canSendDigit

CALL_EVENT: evStateChanged, 0x005B1818, Proceed, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canEndCall

CALL_EVENT: evStateChanged, 0x005B1818, RingOut, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canEndCall,canDirectTransfer

CALL_EVENT: evCallStarted, 0x005B1818, Connected, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet: canHold,canEndCall,canSendDigit,canCallPark,
 canDirectTransfer,
 canJoinAcrossLine

CALL_EVENT: evStateChanged, 0x005B1818, OnHook, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: 1001, CallingPartyNumber: 1000, CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

CALL_EVENT: evDestroyed, 0x005B1818, OnHook, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_OUTGOING,
CalledPartyNumber: , CallingPartyNumber: , CallInstance: 1, Status: ,
GCID: , IsConference:
0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

Jabber が最初にオフフックおよびダイヤルに行く場合の出力表示、またコーリングパーティおよび着番号。 着信である呼び出しに関しては、同じようなコールフロー パターンは見られます。 ただし、CC_CALL_TYPE は異なっています:

2013-02-24 18:22:07,130 INFO  [0x00000ec0] [control\CallControlManagerImpl.cpp(2001)]
[csf.ecc.evt][ecc::CallControlManagerImpl::notifyCallEventObservers] -
 CALL_EVENT: evCreated, 0x10003, Initial,
CC_ATTR_NORMAL, CC_CALL_TYPE_INCOMING, CalledPartyNumber: 1001,
 CallingPartyNumber: 1000,
CallInstance: 1, Status: , GCID: , IsConference: 0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

オフィス統合(Jabber ログのクリック ツー コール)

Microsoft Office 統合からなされる呼び出しに関しては 1 つの余分行はコールフローの前に追加されます。 「音声コールのとの開始を捜す場合」、クリック ツー コール 機能が実行された ログの各ポイントを提供します。 たとえば、このように連絡先(右クリックおよびコール)なの Microsoft Outlook からのコール:

2013-02-24 18:42:18,912 INFO  [0x000009e0] [\ExtensionProviderFunctionsImpl.cpp(235)] 
[cuc-extension-provider] [StartVoiceCallImpl2] - Starting voice call with 1001

少数のミリ秒 以降は、同じ「最初の」キーワード始まります:

2013-02-24 18:42:18,915 INFO  [0x0000053c] [control\CallControlManagerImpl.cpp(2021)]
[csf.ecc.evt][ecc::CallControlManagerImpl::notifyCallEventObservers] -
 CALL_EVENT: evCreated, 0x00EF3BA0,Initial, CC_ATTR_NOT_DEFINED, CC_CALL_TYPE_NONE,
 CalledPartyNumber: , CallingPartyNumber: ,
CallInstance: -1, Status: , GCID: , IsConference: 0, IsCallSelected: 0, CapabilitySet:

クリック ツー コール 機能の[cuc 拡張プロバイダ]セクションに注意して下さい。 Jabber ログでこれを捜す場合、また Microsoft Office 統合から運ばれる結果を提供します。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116309