IP : ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)

ネクスト・ホップ ミスマッチおよび BGP 非アクティブ ルーティング テクニカルノート

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

bgp 非表示非アクティブ コマンドが Routing Information Base (RIB)にインストールされていないルーティングのアドバタイズメントをどのように防ぐかこの資料に記述されています; それはまた非アクティブ ルーティングとネクスト・ホップ ミスマッチ間の相互対話を記述します。

RIB 障害は BGP が RIB に bestpath プレフィクスをインストールすることを試みるが RIB は BGPルートをので既にルーティング テーブルで存在 するよりよいアドミニストレーティブ ディスタンスのルート拒否しますとき発生します。 非アクティブ ボーダ ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートはルート RIB にインストールされていないがで、BGPテーブルに RIB 障害としてインストールされています。

追加詳細の非アクティブ ルーティングのための非表示 BGP アドバタイズメントを参照して下さい。

Gaurab Soi およびマニ Ganesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

非アクティブ ルーティングおよびネクスト・ホップ ミスマッチ

bgp 非表示非アクティブ コマンドを使用するとき、ネクスト・ホップ ミスマッチの影響を理解することは重要です。

トポロジの例

ルータ 1 (R1)およびルータ 2 (R2)は 2 つのパラレル リンクを備えています; 1 つは実行 BGP AS 65535 をリンクし、他のリンクは Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP) AS 1.を実行します。 BGP および EIGRP は両方アドバタイジング R1 のネットワーク 10.1.1.1/32 です。

116146-config-bgp-next-hop-01.jpg

R2 は EIGRP および BGP 両方によって 1.1.1.1/32 ルートについて学びますが、ルーティング テーブルにより低い管理距離が理由で EIGRPルートだけインストールします。 BGPルートが R2 ルーティング テーブルにインストールされていないので、ルートは R2 BGPテーブルの RIB 障害として現われます。 ただし、R2 はルータ 3 (R3)に RIB 障害に関係なく BGPルートをアドバタイズします。

Show Output

R2 に関しては、10.1.1.1 のルーティング テーブルの現在のステータスを判別するために show ip route を入力し BGPルーティングテーブルのエントリを表示するために show ip bgp コマンドを入力して下さい:

Router2#show ip route 10.1.1.1
Routing entry for 10.1.1.1/32
  Known via "eigrp 1", distance 90, metric 409600, type internal
  Last update from 192.168.1.1 on Ethernet0/2, 00:07:15 ago
  Routing Descriptor Blocks:
  * 192.168.1.1, from 192.168.1.1, 00:07:15 ago, via Ethernet0/2      
>>>>>>>>NEXT HOP IS LINK A
      Route metric is 409600, traffic share count is 1
      Total delay is 6000 microseconds, minimum bandwidth is 10000 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
      Loading 1/255, Hops 1

Router2#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.16.1.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network            Next Hop         Metric LocPrf Weight Path
r>i10.1.1.1/32        172.16.1.1             0     100      0    I

それが R1 のループバックであるので、ネクスト・ホップがあるように再帰ルートを確認して下さい:

Router2#show ip route 172.16.1.1
Routing entry for 172.16.1.1/32
  Known via "eigrp 1", distance 90, metric 409600, type internal
  Last update from 192.168.2.1 on Ethernet0/1, 00:07:15 ago
  Routing Descriptor Blocks:
  * 192.168.2.1, from 192.168.2.1, 00:07:15 ago, via Ethernet0/1      
>>>>>>>>NEXT HOP IS LINK B
      Route metric is 409600, traffic share count is 1
      Total delay is 6000 microseconds, minimum bandwidth is 10000 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
      Loading 1/255, Hops 1

ネクスト・ホップが組合わせを誤まられるのに、R2 は R3 にルートをアドバタイズし、非アクティブ ルーティングが抑制されないので R3 はルートについて学びます:

Router3#show ip bgp
BGP table version is 2, local router ID is 172.16.1.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network              Next Hop            Metric   LocPrf   Weight     Path
*> 10.1.1.1/32       172.16.1.2              0                  0          I

BGP設定の非表示非アクティブ ルーティング

非アクティブ BGPルートを抑制するために bgp 非表示非アクティブ コマンドを入力して下さい。

Router2(config)#router bgp 65535
Router2(config-router)#bgp suppress-inactive
Router2(config-router)#end

Router2#show ip bgp neighbors 192.168.3.3 advertised-routes
Total number of prefixes 0

bgp 非表示非アクティブ コマンドは BGP RIB 障害 ルートのネクスト・ホップが現在 ルーティング テーブルにインストールされる同じルートのネクスト・ホップと異なっているときだけ肋骨失敗 されたルーティングを抑制します。

Router2#show ip bgp rib-failure
Network        Next Hop      RIB-failure            RIB-NH Matches
10.1.1.1/32    172.16.1.1    Higher admin distance     No   <<<<< No match

RIB-NH 一致カラムでは、RIB ネクスト・ホップが一致することに注意して下さい。 10.1.1.1/32 ルートのためのネクスト・ホップが EIGRP および BGP で異なっているので、bgp 非表示非アクティブ コマンドで肋骨失敗 された ルートを抑制できます。

すなわち、ルーティング テーブルのネクスト・ホップが BGP ネクスト・ホップと一致すれば、bgp 非表示非アクティブ コマンドはもう抑制しません。 それはそれが失敗される RIB でも R3 が 10.1.1.1/32 ルートを再度受け取り始めることを意味します。

ネクスト・ホップを一致するためにスタティック ルートを追加して下さい

BGP によってアドバタイズされるネクスト・ホップの RIB のネクスト・ホップを一致するためにプレフィクスのためのスタティック ルートを追加して下さい:

Router2(config)#ip route 10.1.1.1 255.255.255.255 192.168.2.1

Router2#show ip bgp rib-failure
Network        Next Hop      RIB-failure            RIB-NH Matches
10.1.1.0/24    192.168.2.1   Higher admin distance    Yes  <<<< Next-Hop matches

bgp 非表示非アクティブ コマンドで、R2 はまだルートをアドバタイズし、R3 はまだルートを受け取ります。

Router3#show ip bgp
BGP table version is 6, local router ID is 172.16.1.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop              Metric  LocPrf  Weight  Path
*> 10.1.1.0/24     172.16.1.2             0                  1      i

要約するために、bgp 非表示非アクティブ コマンドは相手にルートがよりよいアドミニストレーティブ ディスタンスのルーティング テーブルに既にインストールされているときだけ同じルートのための BGP ネクスト・ホップより別のネクスト・ホップがあるときだけ BGP 非表示を非アクティブ ルート アドバタイズメント可能にし。

ネクスト・ホップおよび非アクティブ ルーティングの ECMP の影響

前例では、RIB にインストールされるルーティングが(EIGRP から)等コスト多重通路なら、そして非アクティブ ルーティングが抑制されれば(ECMP)、抑制されるルーティングの部品だけ会えば。

R1 の間でリンクおよび R2 両方の EIGRP を実行して下さい。 R2 は 2 つのネクスト ホップ 192.168.1.1 および 192.168.2.1 間の ECMP として一組の R1 からのプレフィックスを学びます。 次に、例を示します。

R2#sh ip route 10.1.1.1

Routing entry for 10.1.1.1/32
  Known via "eigrp 1", distance 170, metric 40030720, type internal
      Last update from 192.168.1.1 on TenGigabitEthernet0/0/0, 2d02h ago
     Routing Descriptor Blocks:
    *192.168.1.1, from 192.168.1.1, 2d02h ago, via TenGigabitEthernet0/1/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
       Loading 32/255, Hops 2

     192.168.2.1, from 192.168.2.1, 2d02h ago, viaTenGigabitEthernet0/0/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
      Loading 32/255, Hops 2

R2#sh ip route 10.1.1.5

Routing entry for 10.1.1.5/32
  Known via "eigrp 1", distance 170, metric 40030720, type internal
      Last update from 192.168.1.1 on TenGigabitEthernet0/0/0, 2d02h ago
     Routing Descriptor Blocks:
   192.168.1.1, from 192.168.1.1, 2d02h ago, via TenGigabitEthernet0/1/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
       Loading 32/255, Hops 2

  * 192.168.2.1, from 192.168.2.1, 2d02h ago, viaTenGigabitEthernet0/0/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
      Loading 32/255, Hops 2

R2 は BGP の R1 からのプレフィックスの同じセットを学び、ネクスト・ホップ ループバックは両方のリンクで学ばれます。

Router2#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.16.1.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network         Next Hop             Metric  LocPrf   Weight   Path
r>i10.1.1.1/32      172.16.1.1            0     100      0        I
r>i10.2.2.2/32      172.16.1.1            0     100       0        I
r>i10.3.3.3/32      172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.4.4.4/32      172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.5.5.5/32     172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.6.6.6/32     172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.7.7.7/32      172.16.1.1            0     100       0        I
r>i10.8.8.8/32      172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.9.9.9/32      172.16.1.1             0     100       0        I
r>i10.10.10.10/32   172.16.1.1             0     100      0        I

R2#sh ip route 172.16.1.1
Routing entry for 172.16.1.1/32
  Known via "eigrp 1", distance 170, metric 40030720 type internal
   Redistributing via eigrp 109
   Last update from 192.168.1.1 on TenGigabitEthernet0/0/0, 2d02h ago
  Routing Descriptor Blocks:
  * 192.168.1.1, from 192.168.1.1, 2d02h ago, via TenGigabitEthernet0/1/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
       Loading 32/255, Hops 2

    192.168.2.1, from 192.168.2.1, 2d02h ago, viaTenGigabitEthernet0/0/0
      Route metric is 40030720, traffic share count is 1
      Total delay is 1200 microseconds, minimum bandwidth is 64 Kbit
      Reliability 255/255, minimum MTU 1500 bytes
      Loading 32/255, Hops 2

ネクスト・ホップ ルートが同じ 2 つのリンクの ECMP であるので、R3 にすべてをアドバタイズする BGP および R2 のすべてのプレフィックスのために一致するネクスト・ホップが期待します。  RIB-NH を一致する出力のカラムと検知 する時、いくつかのネクスト・ホップ(NH)一致ははいあり、他はいいえあります

Router2#sh ip bgp rib-failure
  Network              Next Hop               RIB-failure          RIB-NH Matches
10.1.1.1/32         172.16.1.1         Higher admin distance          Yes
10.2.2.2/32         172.16.1.1        Higher admin distance          Yes
10.3.3.3/32         172.16.1.1         Higher admin distance          Yes
10.4.4.4/32         172.16.1.1         Higher admin distance          Yes
10.5.5.5/32         172.16.1.1         Higher admin distance           No
10.6.6.6/32         172.16.1.1        Higher admin distance           No
10.7.7.7/32         172.16.1.1        Higher admin distance           No
10.8.8.8/32         172.16.1.1        Higher admin distance           No
10.9.9.9/32         172.16.1.1        Higher admin distance           No
10.10.10.10/32      172.16.1.1         Higher admin distance           No

YES の RIB-NH 一致が付いているすべてのルーティングは R3 にアドバタイズされます; 他は抑制されます。

R3#sh ip bgp
BGP table version is 17, local router ID is 172.16.1.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale, m multipath, b backup-path, x best-external,
f RT-Filter
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop             Metric  LocPrf   Weight   Path
*> 10.1.1.1/32       172.16.1.2            0        2        1        i
*> 10.2.2.2/32       172.16.1.2            0        2        1        i
*> 10.3.3.3/32       172.16.1.2            0        2        1        i
*> 10.4.4.4/32       172.16.1.2            0        2        1        i

Cisco IOS ® ソフトウェアでは、BGP は 1 つのネクスト・ホップしか選ばないことができ、そのネクスト・ホップのだけベストパスをアドバタイズします(追加パス、多重通路の、BGP 推奨外部、またはその他の機能なしで)。

RIB が宛先のための EIGRPルートを(*出力の…注意して下さい)インストールする間、RIB はベストパスとしてパスの 1 つを選ぶかもしれません。 そのパスが BGP ネクスト・ホップのための 1 つと一致する場合、それはネクスト・ホップ一致のためにはいとして報告されます。

この例では、RIB は 10.1.1.1/32 ネットワークのためのネクスト・ホップとして 192.168.1.1 を選びました(* BGP ネクスト・ホップのルート 172.16.1.1 の一致 sh ip route からの出力の 192.168.1.1 の… 172.16.1.1)注意して下さい、; これはネクスト・ホップ一致の YES として報告されます。 RIB は BGP ネクスト・ホップのルートと一致する 10.1.1.5/32 のためのネクスト・ホップとして 192.168.2.1 を選びました、; これはとしてネクスト・ホップ ミスマッチのいいえ報告されません。

要約すると、ネクスト・ホップ一致は非アクティブ ルーティングを抑制するときだけ重要です; 一致がない場合、RIB-NH 一致カラムの n/a フラグを見、R2 は R3 にすべてのルーティングをアドバタイズします。

Router2#sh ip bgp rib-failure
  Network              Next Hop               RIB-failure          RIB-NH Matches
10.1.1.1/32         172.16.1.1         Higher admin distance           n/a
10.2.2.2/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.3.3.3/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.4.4.4/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.5.5.5/32         172.16.1.1         Higher admin distance           n/a
10.6.6.6/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.7.7.7/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.8.8.8/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.9.9.9/32         172.16.1.1         Higher admin distance          n/a
10.10.10.10/32      172.16.1.1         Higher admin distance          n/a

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116146