コラボレーション : Cisco Finesse

ログの使用の技巧エージェント ログイン トレース

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はログファイルによって技巧システムによってエージェント ログオンに関連するプロセスを説明したものです。 正常に問題を解決できるように異なる技巧コンポーネント、コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) サーバおよびクライアント デスクトップの間のメッセージフローを理解することは重要です。

リンダ Mordosky によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Finesse および音声オペレーティング システム(VOS) CLI コマンド プロンプトの知識があることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Finesse バージョン 9.1(1)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

エージェントデスクトップを起動させて下さい

エージェントデスクトップを起動させるために、Webブラウザにこの URL をコピーして下さい: http:// <your 技巧 server>/desktop。 技巧バージョン 9.1 では、HTTP か HTTPS はサポートされます。

技巧は Webサーバとして Tomcat を使用します。 Webブラウザを起動させるときあなたにエージェントデスクトップを示すために、要求はうまく解決するようになされます。 Cisco Tomcat localhose_access_log コマンドはエージェントデスクトップをロードするために要求を示したものです。

10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /  HTTP/1.1 302 - 141
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/container/ HTTP/1.1 200 4541 185
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/css/base.css
HTTP/1.1 200 3093 7
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/css/login.css
HTTP/1.1 200 2185 0
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/js/Logon.js HTTP/1.1 200 1745 1
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/js/utilities/Cookies.js HTTP/1.1
200 2390 0
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/thirdparty/jquery/js/jquery.tools.
min.js HTTP/1.1 200 15699 1
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/thirdparty/jquery/js/jquery-1.5.
min.js HTTP/1.1 200 84523 7
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/images/sprite_
buttons.png HTTP/1.1 200 3297 0
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/images/help.png
HTTP/1.1 200 830 0
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/images/cisco_logo.
png HTTP/1.1 200 760 0 200 2205 1
10.10.10.211 10.10.10.211 - - 80 GET /desktop/theme/finesse/images/bg.jpg
HTTP/ 1.1 200 32222 4

エージェント ログイン 資格情報

エージェントデスクトップが示されたので、ログオン資格情報を入力します。 技巧が CTI サーバに Login 要求を送信できる前にクライアントは同期 HTTP (ボッシュ)接続上の双方向ストリームを確立する必要があります。 ボッシュ接続を確立するために、クライアント第 1 は技巧サーバからのシステム情報を要求します。

SystemInfo

クライアントのデスクトップはこの URL に描写的な状態転送(他) Application Programming Interface (API; アプリケーション プログラミング インターフェイス) 要求を作りました: /finesse/api/SystemInfonocache= を書き留めて下さい。 このユニークな ID はシステムによってこの要求をトレースするために使用されます。 要求が受け取りに成功したことを status=200 と戻されて示します。

Container : [ClientServices] SystemInfo: requestId='undefined', Making REST
request: method=GET, url='/finesse/api/SystemInfo?nocache=1366756802163'18:40:03:
Container : [ClientServices] SystemInfo: requestId='undefined', Returned
with status=200

clientlogs を持たないが、要求をトレースする必要があれば他 API 要求が判別しなされた、固有の識別番号をできますときに取付けるために Tomcat localhost_access_log を検索。

127.0.0.1 127.0.0.1 - - 80 GET /finesse/api/SystemInfo ?nocache=1366756802163
HTTP/1.1 200 336 120 10.10.10.211 10.10.10.211 2001 - 80 GET /gadgets/makeRequest
?refresh=3600&url=http%3A%2F%2Flocalhost%2Ffinesse%2Fapi%2FSystemInfo%3Fnocache%
3D1366756802163&httpMethod=GET&headers=Authorization%3DBasic%2520MjAwMToyMDAx%
26locale%3Den_US&postData=&authz=&st=&contentType=TEXT&numEntries=3&getSummaries
=false&signOwner=true&signViewer=true&gadget=undefined&container=default&
bypassSpecCache=&getFullHeaders=false HTTP/1.1 200 659 596

API_REQUEST

Tomcat は技巧他 API Webアプリケーション リポジトリ(戦争)にこの API 要求を送信 します。 技巧他 API ログを見つけるために、API_REQUEST を見つけるためにタイムスタンプか nocache ID によって技巧 webservices ログを検索して下さい。 このログは REQUEST_START をREQUEST_URLREQUEST_END 示し、要求を完了するためにシステムが奪取 した elapsed_time

%CCBU_http-8080-7-6-REQUEST_START: %[method_name=GET][parameter_name=
{ nocache=[1366756802163], }][resource_name=/SystemInfo][usr=]: Request start
%CCBU_http-8080-7-6-API_REQUEST: %[REQUEST_URL=SystemInfo][agent_id=][request_
identifier=][request_method=systemInfo.GET][request_parameters=]: Request from
client to webservice api
%CCBU_http-8080-7-6-REGISTER_API_STATS_OBJECT: %[resource_name=com.cisco.ccbu:
category=WebAppStats,component0=SystemInfo-GET]: Registered new api stats object
for new request type. %CCBU_http-8080-7-6-REQUEST_END: %[elapsed_time=98]: Request complete

システム情報を検索するために他 API 要求によってクライアントに戻るコンテンツはここに示されています。 この情報はクライアント(エージェント)ログで見つけられます。

content='<SystemInfo>
<primaryNode>
<host>UCCEFINESSE91.vmload.cvp</host>
</primaryNode>
<secondaryNode>
<host>UCCEFINESSE138.vmload.cvp</host>
</secondaryNode>
<status>IN_SERVICE</status>
<xmppDomain>UCCEFINESSE138.vmload.cvp</xmppDomain>
<xmppPubSubDomain>pubsub.UCCEFINESSE138.vmload.cvp</xmppPubSubDomain>
</SystemInfo>'

ボッシュ接続を確立して下さい

SystemInfo は IN_SERVICE として技巧のプライマリおよびセカンダリ技巧サーバ、ステータス、xmppDomain および xmppPubSubDomain 示します。 クライアントは今十分な情報がボッシュ接続を確立するためにあります。

18:40:03: Container : PageServices.init().onLoad: System info status: IN_SERVICE
18:40:03: Container : PageServices.init(): Establishing BOSH connection...
18:40:03: Container : PageServices.init(): Starting timeout and poller...
18:40:04: Container : [ClientServices] MasterPublisher._connInfoHandler()
- Connection status: connecting
18:40:04: Container : [ClientServices] MasterPublisher._connInfoHandler()
- Connection status: disconnected
18:40:04: Container : PageServices._onDisconnect(): retryCount=0, retrying...
18:40:04: Container : [ClientServices] MasterPublisher._connInfoHandler()
- Connection status: connecting
18:40:05: Container : [ClientServices] MasterPublisher._connInfoHandler()
- Connection status: connected
18:40:05: Container : PageServices.onLoad(): BOSH established!

クライアントは技巧オブジェクト(ノード)を正常にボッシュ接続が確立されれば /finesse/api/User/2001 定期講読されます。

クライアントのボッシュ接続が確立されるとき、webservices ログはクライアントから PRESENCE_NOTIFICATION メッセージを受け取ります。 この PRESENCE_TYPE はクライアントが XMPP イベントを受け取って利用できる示し、統一されたコンタクトセンター 企業(UCCE)のエージェント アベイラビリティとは全くことだけを関係ありません。 エージェントがまだ署名しないことを覚えていて下さい。

: クライアントがボッシュ接続を確立するか、だけまたはクライアントのボッシュ接続が切断されているとき PRESENCE_TYPE メッセージが表示されます。 クライアントのボッシュ接続が切断されている時、利用できない PRESENCE_TYPE ディスプレイ。

websservices ログの通知イベントはここにあります:

%CCBU_Smack Listener Processor (1)-6-PRESENCE_NOTIFICATION_RECIEVED:
%[FROM JID=2001@uccefinesse138.vmload.cvp/desktop]
[PRESENCE_TYPE=available]: Finesse received a presence notifcation

エージェント サインイン

クライアントがボッシュ接続を確立したので、サインイン プロセスは開始されます。 クライアントは現在のユーザ情報を得るために別の他 API 要求を作ります。 この要求を、ナビゲートこの URL に作るため: /finesse/api/User/2001 は method=GET を入力し。

これが別の API 要求であるので、nocache ID は異なっています。 このように、この要求をトラッキングするために、この新しい ID を使用する必要があります。

Container : PageServices.onLoad(): BOSH established! Commencing sign-in process
Container : [ClientServices] User: requestId='undefined', Making REST request:
method=GET, url='/finesse/api/User/2001?nocache=1366756805180
'18:40:05: Container : [ClientServices] User: requestId='undefined',
Returned with status=200,

Tomcat localhost_access_log のこの要求を見つけることができますもし必要なら。 ここに webservices ログでそれをどのように見つけるかです:

%CCBU_http-8080-7-6-REQUEST_START: %[method_name=GET][parameter_name={ nocache=
[1366756805180], }][resource_name=/User/2001][usr=2001]: Request start
%CCBU_http-8080-7-6-API_REQUEST: %[REQUEST_URL=User/2001][agent_id=2001]
[request_identifier=null][request_method=user.GET][request_parameters=2001]:
Request from client to webservice api

通知サービス ログの要求はここにあります。 HTTP/1.1 200 ok を書き留めて下さい。

: Cisco 通知 ログは情報提供だけを目的としています。 記録 して いれば Cisco Finesse 通知を有効に する場合パフォーマンスに影響を与えます。

>> "GET /finesse/api/User/2001 HTTP/1.1[\r][\n]"
Adding Host request header
>> "Authorization: Basic MjAwMToyMDAx[\r][\n]"
>> "User-Agent: Jakarta Commons-HttpClient/3.1[\r][\n]"
>> "Host: localhost:8080[\r][\n]"
>> "[\r][\n]"
<< "HTTP/1.1 200 OK[\r][\n]"
<< "HTTP/1.1 200 OK[\r][\n]"
<< "Pragma: No-cache[\r][\n]"
<< "Cache-Control: no-cache[\r][\n]"

通知サービスは要求があるので、このユーザ向けの情報を掲示します。 クライアントに行く通知サービス ログからの POST はここにあります:

Cookie accepted: "$Version=0; JSESSIONIDSSO=C11F62C59D0D0438CDEDEEB0DB12AA0B;
$Path=/"
Cookie accepted: "$Version=0; JSESSIONID=25FE81BD7DB73280A07B4CA4138E7680;
$Path=/finesse"
Buffering response body
<< "<User>[\n]"
<< " <dialogs>/finesse/api/User/2001/Dialogs</dialogs>[\n]"
<< " <extension></extension>[\n]"
<< " <firstName>Mickey</firstName>[\n]"
<< " <lastName>Mouse</lastName>[\n]"
<< " <loginId>2001</loginId>[\n]"
<< " <loginName>mmouse</loginName>[\n]"
<< " <roles>[\n]"
<< " <role>Agent</role>[\n]"
<< " </roles>[\n]"
<< " <state>LOGOUT</state>[\n]"
<< " <stateChangeTime></stateChangeTime>[\n]"
<< " <teamId>5000</teamId>[\n]"
<< " <teamName>Minnies_Team</teamName>[\n]"
<< " <uri>/finesse/api/User/2001</uri>[\n]"
<< "</User>"

この例のエージェント 2001 年であるこの XMPP イベントはすべてのサブスクリプション クライアントに送られます。 クライアントの JavaScript は XMPP イベントを受け取り、イベントはクライアント内の小道具に送られます。 応答のコンテンツを示す clientlogs はここにあります:

Commencing sign-in process18:40:05: Container : [ClientServices] User: requestId=
'undefined', Maurl='/finesse/api/User/2001?nocache=1366756805180'18:40:05:
Container : [ClientServices] User: requestId='undefined', Returned with status=200,
content='<User> king REST request: method=GET,
<dialogs>/finesse/api/User/2001/Dialogs</dialogs>
<extension></extension>
<firstName>Mickey</firstName>
<lastName>Mouse</lastName>
<loginId>2001</loginId>
<loginName>mmouse</loginName>
<roles>
<role>Agent</role>
</roles>
<state>LOGOUT</state>
<stateChangeTime></stateChangeTime>
<teamId>5000</teamId>
<teamName>Minnies_Team</teamName>
<uri>/finesse/api/User/2001</uri>
</User>

ログインを行って下さい

この場合クライアントはログオンを行って準備ができています。 RequestID に注意して下さい。 RequestID は要求の本文で送信 されます。 クライアントに戻って残りに Login 要求に API > CTI > 残り API > 通知サービス > 応答続くためにこの RequestID を使用します。 この要求は PUT です、つまりクライアントが現在のステートへのアップデートか変更を要求していることを意味します。

Container : SignIn.handleUserLoad(): Performing login: extn=2003 18:40:05:
Container : [ClientServices] User: requestId='6e210ca9-5786-43bc-babf-
64a397a6057f
',
</data>
<event>PUT</event>
<requestId>6e210ca9-5786-43bc-babf-64a397a6057f</requestId>
<source>/finesse/api/User/2001</source>
</Update>

技巧他 API はクライアントからこの要求を受け取ります。 それから、API は CTI サーバに SetAgentStateReq を送信 します。

%CCBU_http-8080-7-6-API_REQUEST: %[REQUEST_URL=User/2001][agent_id=2001]
[request_identifier=6e210ca9-5786-43bc-babf-64a397a6057f][request_method=
user.PUT][request_parameters= extension:2003 state:LOGIN]: Request from
client to webservice api
%CCBU_http-8080-7-6-REGISTER_API_STATS_OBJECT: %[resource_name=com.cisco.ccbu:
category=WebAppStats,component0=User-[id]-PUT]: Registered new api stats object
for new request type.
%CCBU_http-8080-7-6-REQUEST_END: %[elapsed_time=8]: Request complete
%CCBU_pool-5-thread-4-6-MESSAGE_TO_CTI_SERVER: %[cti_message=Invoke id :20 ,
agentstate : 0, workmode : 0, reason code: -15532, forceflag :1, agentcapacity:
0, agentext: 2003, agentid: 2001][cti_message_name=SetAgentStateReq]:
Message going to the backend cti server

CTI サーバは要求を受け取ります。

Trace: AGENT_EVENT: ID=2001 Periph=5001 Ext=2003 Inst=2003 Sig=
Trace: SkgState=LOGIN SkgDuration=0 OverallState=NOT_READY OverallDuration=0
Reason=0
Trace: MRDID=1 NumTasks=0 MaxTaskLimit=1 AgtMode=1 AGTAvailabilityStatus=0
ICMAgtID=5001
Trace: SkTgtID=5001 SkGrpNo=0x0 SkGrpID=5006 NumLines=0 CurLine=0 ClientStatus=
0x0 Direction=0

エージェントが NOT_READY のステータスでログオンされれば、CTI サーバはうまく解決するために AGENT_STATE-EVENT を送信 します。

MsgType:AGENT_STATE_EVENT (MonitorID:0 PeripheralID:5001 SessionID:0x0
PeripheralType:EnterpriseAgent SkillGroupState:LOGIN StateDuration:0
SkillGroupNumber:85881 SkillGroupID:5000 SkillGroupPriority:0 AgentState:
NOT_READY EventReasonCode:0 MRDID:1 NumTasks:0 AgentMode:1 MaxTaskLimit:1
ICMAgentID:5001 AgentAvailabilityStatus:0 NumFltSkillGroups:0 Direction:0
ClientSignature:""AgentID:"2001" AgentExtension:"2003" AgentInstrument:"2003"
RemaskNumMasks:1 RemaskInstrument:"2003" RemaskExtension:"2003" RemaskCallId:
0xffffffff RemaskFunctionFlag:<0x38> <LogoutCodeReq,NotRdyCodeReq,WrapDataReq>
RemaskCallMask:<0x21000000> <MC,Emerg> RemaskAgentMask:<0x0a000000> <
Logout,Avail> )Trace: AGENT_EVENT: ID=2001 Periph=5001 Ext=2003 Inst=2003 Sig=
Trace: SkgState=LOGIN SkgDuration=0 OverallState=NOT_READY OverallDuration=0
Reason=0 Trace: MRDID=1 NumTasks=0 MaxTaskLimit=1 AgtMode=1
AGTAvailabilityStatus=0 ICMAgtID=5001

イベント CTI サーバから受け取られてこと webservices は記録 しますここにあります。 CTI サーバからの未加工メッセージが最初に表示される覚えてい、次にデコードされたメッセージをことを参照して下さい。

%CCBU_CTIMessageEventExecutor-0-6-DECODED_MESSAGE_FROM_CTI_SERVER: %[cti_message
=CTIAgentStateEvent [skillGroupState=0 (LOGIN), stateDuration=0, skillGroupNumber
=85881, skillGroupPriority=0, agentState=2 (NOT_READY), eventReasonCode=0,
numFltSkillGroups=0,CTIClientSignature=, agentID=2001, agentExtension=2003,
agentInstrument=2003, agentID_ Long=null, duration=null, nextAgentState=null,
fltSkillGroupNumberList=[], fltSkill GroupIDList=[], fltSkillGroupPriorityList=[],
fltSkillGroupStateList=[]]CTIMessageBean [invokeID=null, msgID=30, timeTracker=
{"id":"AgentStateEvent","CTI_MSG_RECEIVED":1366756808374,
"CTI_MSG_DISPATCH":1366756808375}, msgName=AgentStateEvent, deploymentType=CCE]]
[cti_response_time=1]: Decoded Message to Finesse from backend cti server

技巧が CTI サーバから AgentStateEvent を受け取ったので、イベントはクライアントがアップデートを受信するように通知サービスに送達される必要があります。 エージェントのための唯一の方法はこの XMPP イベントの受信によって状態が変更したことを確認する行います。 XMPP への変換を AgentStateEvent うまく解決し、通知サービスに XMPP を送信 します。 イベントが PUT である、RequestID ありますペイロードにことに注意すれば。

%CCBU_pool-5-thread-5-6-XMPP_PUBLISH_ASYNCHRONOUS: %[NodeId=/finesse/api/User/
2001
][Payload=<Update><data><user><dialogs>/finesse/api/User/2001/Dialogs
</dialogs><extension>2003</extension><firstName>Mickey</firstName><lastName>
Mouse</lastName><loginId>2001</loginId><loginName>mmouse</loginName>
<reasonCodeId>-1</reasonCodeId><roles><role>Agent</role></roles><state>NOT_READY
</state><stateChangeTime>2013-04-23T22:40:08Z</stateChangeTime><teamId>5000
</teamId><teamName>Minnies_Team</teamName><uri>/finesse/api/User/2001
</uri></user></data><event>PUT</event><requestId>6e210ca9-5786-43bc-babf-
64a397a6057f
</requestId><source>/finesse/api/User/2001</source></Update>]:
Publishing XMPP Message Asynchronously

ここでは、通知サービスはアップデートを受信します。 JID にパケットをルーティングするとメッセージが失敗する言うのにイベントが送達されたことメッセージはユーザに送られます。

RoutingTableImpl: Failed to route packet to JID: 2001@uccefinesse138.vmload.cvp/
User
packet: <message from="pubsub.uccefinesse138.vmload.cvp" to=
"2001@uccefinesse138.vmload.cvp/ User" id="/finesse/api/User/
2001__2001@uccefinesse138.vmload.cvp__VI1B2"><event xmlns=
"http://jabber.org/protocol/pubsub#event"><items node="/finesse/api/User/2001">
<item id="1su0Keff8M2irdS"><notification xmlns="http://jabber.org/protocol/pubsub">
&lt;Update&gt;

メッセージの本文はここにあります:

 &lt;data&gt;
&lt;user&gt;
&lt;dialogs&gt;/finesse/api/User/2001/Dialogs&lt;/dialogs&gt;
&lt;extension&gt;2003&lt;/extension&gt;
&lt;firstName&gt;Mickey&lt;/firstName&gt;
&lt;lastName&gt;Mouse&lt;/lastName&gt;
&lt;loginId&gt;2001&lt;/loginId&gt;
&lt;loginName&gt;mmouse&lt;/loginName&gt;
&lt;reasonCodeId&gt;-1&lt;/reasonCodeId&gt;
&lt;roles&gt;
&lt;role&gt;Agent&lt;/role&gt;
&lt;/roles&gt;
&lt;state&gt;NOT_READY&lt;/state&gt;
&lt;stateChangeTime&gt;2013-04-23T22:40:08Z&lt;/stateChangeTime&gt;
&lt;teamId&gt;5000&lt;/teamId&gt;
&lt;teamName&gt;Minnies_Team&lt;/teamName&gt;
&lt;uri&gt;/finesse/api/User/2001&lt;/uri&gt;
&lt;/user&gt;
&lt;/data&gt;
&lt;event&gt;PUT&lt;/event&gt;
&lt;requestId&gt;6e210ca9-5786-43bc-babf-64a397a6057f&lt;/requestId&gt;
&lt;source&gt;/finesse/api/User/2001&lt;/source&gt;
&lt;/Update&gt;</notification></item></items></event></message>

の前にように、XMPP メッセージはクライアントによって受け取られ、クライアントの小道具に提供されます。 クライアントがメッセージのオリジナル RequestID のイベントを受け取ることを注意して下さい。

Returned with status=202, content=''18:40:05: Container : [ClientServices]
MasterPublisher._eventHandler() - Received event on node '/finesse/api/User/
2001': <Update>
<data>
<user>
<dialogs>/finesse/api/User/2001/Dialogs</dialogs>
<extension>2003</extension>
<firstName>Mickey</firstName>
<lastName>Mouse</lastName>
<loginId>2001</loginId>
<loginName>mmouse</loginName>
<reasonCodeId>-1</reasonCodeId>
<roles>
<role>Agent</role>
</roles>
<state>NOT_READY</state>
<stateChangeTime>2013-04-23T22:40:08Z</stateChangeTime>
<teamId>5000</teamId>
<teamName>Minnies_Team</teamName>
<uri>/finesse/api/User/2001</uri>
</user>
</data>
<event>PUT</event>
<requestId>6e210ca9-5786-43bc-babf-64a397a6057f</requestId>
<source>/finesse/api/User/2001</source>
</Update>

この場合クライアントは正常にログオンされます。

Container : SignIn._triggerLoggedIn(): Successfully logged in!18:40:05

ログアウト コード、理由コード、電話帳

この場合クライアントはログアウト コード、理由コードおよび電話帳のようなエージェント仕様データを、取得する必要があります。 クライアントになされるその情報のための要求はここにあります。

Container : SignIn._triggerLoggedIn(): Successfully logged in!18:40:05:
Container : [ClientServices] Dialogs: requestId='undefined', Making REST
request: method=GET, url='/finesse/api/User/2001/Dialogs?nocache=
1366756805355?

18:40:05: Container : [ClientServices] User: requestId='undefined',
Making REST request: method=GET, url='/finesse/api/User/2001/ReasonCodes?
category=LOGOUT&nocache=1366756805356'18:40:05: Container : [ClientServices]
User: requestId='undefined', POST_DATA=''18:40:05: Container : _displayUserData
(): User's current state is: NOT_READY

'18:40:05: Container : [ClientServices] User: requestId='undefined', Making REST
request: method=GET, url='/finesse/api/User/2001/ReasonCodes?category=NOT_READY&
nocache=1366756805358

18:40:05: Container : [ClientServices] User: requestId='undefined', POST_DATA=
''18:40:05: Header : The client logger has been initialize for the header
18:40:05: Header : _displayUserData(): User's current state is: NOT_READY

18:40:05: Header : Container._initGadgetContainer(): Initializing gadget
container.
18:40:05: Header : FailoverMonitor.startListening(): Listening for triggers
18:40:05: Header : PageServices.stopTimeoutPoller(): Cancelling connection
timeout and poller...
18:40:05: Header : [ClientServices] id=2001: TypeError: 'this._listenerCallback
[...].callback' is null or not an object

同じロジックはこれらの要求に適用します。 技巧理由コードおよび電話帳が技巧データベースで保存される UCCE でことに、ない留意して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116255