ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム

ケーブル モデム エントリと CPE エントリの CMTS からの削除

2013 年 9 月 3 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 4 日) | フィードバック

概要

Cisco ケーブル モデム ターミネーション システム(CMTS)は、接続されたケーブル モデムと顧客宅内機器(CPE)の状態やステータスをモニタするさまざまな方法を提供します。CMTS は、ケーブル モデムと CPE に関する情報を show cable modemshow interface cable X/Y modem Z などの CLI コマンドのほか、SNMP クエリを使って参照できるように内部データベースへ保存します。このドキュメントでは、ケーブル モデムまたは CPE デバイスがどのような状態の場合に CMTS の内部データベースから削除されるかについて説明します。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメント内の情報は、次を含む CMTS 製品の Cisco uBR シリーズに関連するものです。

  • uBR10000

  • uBR7100

  • uBR7200

  • uBR7200VXR

このドキュメントに含まれるセッションは、12.1(8)EC Cisco IOS® ソフトウェアが稼働する Cisco uBR7114 CMTS でキャプチャしたものです。

ケーブル モデムが show cable modem の実行結果に現れない理由

show cable modem は、Cisco CMTS に接続されたケーブル モデムのステータスをモニタする際に使用する、主要な Cisco IOS CLI コマンドです。これ以外にも、いくつかの SNMP MIB 変数も含めて、ケーブル モデムのステータスを表示する CLI コマンドは多数存在します。このセクションでは、出力結果またはこれらコマンドの実行結果にケーブル モデムが現れない理由について説明します。

次に、show cable modem コマンドの出力例を示します。CMTS の入力項目が多い場合、このコマンドの出力結果は相当長くなります。

uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U1 3    online(pt) 2809    0.25  5   0   10.111.111.11   0001.9659.44a3 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.75  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445

ケーブル モデムが 24 時間以上オフラインの場合

ケーブル モデムは 24 時間以上オフラインであると、マーキングされるまで show cable modem の出力結果に表示されます。この期間を設定することはできません。

ただし、show cable modem offline コマンドを実行し、ケーブル モデムがオフラインとしてマーキングされた時間を調べることはできます。

次のセッションでは、MAC アドレス 0001.9659.44a3 のケーブル モデムが、ほぼ 24 時間オフラインであるとマーキングされています。

uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U0 1    online(pt) 2812    0.25  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 

Cable1/0/U1 2    offline    2815   -0.25  2   0   10.111.111.11   0001.9659.44a3 



uBR7114# show cable modem offline 

Interface   MAC address    Prim Previous  Offline          Rx     Rx    SM 

                           Sid  State     Time             Power  SNR   Exhaust 

                                                                        Count 

Cable1/0/U0 0001.9659.44a3 2    online    Sep 27 11:10:03  -0.25  26.52 1 



uBR7114# show clock 

11:09:27.672 UTC Fri Sep 28 2001

注: モデムがオフラインになったのは、現在のクロック時間から 24 時間より少し前です。ケーブル モデムが 24 時間以上オフラインになるように、あと数分待機すると、ケーブル モデムは CMTS の内部データベースから削除され、show cable modem コマンドの出力結果に表示されなくなります。

uBR7114# show clock 

11:15:39.512 UTC Fri Sep 28 2001 



uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U1 1    online(pt) 2812    0.25  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 



uBR7114# show cable modem offline 

Interface   MAC address    Prim Previous  Offline          Rx     Rx    SM 

                           Sid  State     Time             Power  SNR   Exhaust 

                                                                        Count

ケーブル モデムが 24 時間以上オフラインになると、CMTS は内部データベースからケーブル モデムの情報を削除し、show cable modem の実行結果に現れなくなります。

ケーブル インターフェイスまたはアップストリーム ポートがシャットダウンされているか、CMTS がリロードされている場合

show cable modem の実行結果にケーブル モデムが現れなくなるもう 1 つの状況には、次のものが考えられます。

  • ケーブル モデムが接続されたインターフェイスまたはアップストリーム ポートがシャットダウンされた

  • インターフェイスが CMTS から物理的に取り外された

  • CMTS がリロードした

  • CMTS の電源がオフ/オンされた

次の一連のイベントでは、ケーブルのインターフェイスがシャットダウンされてから、再度アクティブ化されています。ケーブルのインターフェイスに関連付けられたケーブル モデムは、オンラインになるまで show cable modem の実行結果に表示されません。

uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U1 3    online(pt) 2809    0.25  5   0   10.111.111.11   0001.9659.44a3 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.75  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 



All of the active Cable Modems are connected to downstream interface cable 1/0. 



uBR7114# conf t 

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 

uBR7114(config)# interface cable 1/0 

uBR7114(config-if)# shutdown 



!--- インターフェイス ケーブル 1/0 が管理上の目的でシャットダウンされました。

 

uBR7114(config-if)# end 



uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 



Now no cable modems appear in the show cable modem display.

次の一連のイベントでは、ケーブル モデムと CPE デバイスに関連付けられたケーブル インターフェイスのアップストリーム ポートがシャットダウンされています。その結果、シャットダウンされたアップストリーム ポートに関連付けられたケーブル モデムのエントリのみが現れなくなります。

uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U1 3    online(pt) 2809    0.25  5   0   10.111.111.11   0001.9659.44a3 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.75  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 



One of the Cable Modems shown is connected to Upstream Port 0, 

and the other is connected to Upstream Port 1. 



uBR7114# conf t 

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 

uBR7114(config)# interface cable 1/0 

uBR7114(config-if)# cable upstream 1 shutdown 



!--- アップストリーム ポート 1 はシャットダウンされましたが、アップストリーム ポート 0 はまだアクティブです。



uBR7114(config-if)# end 









uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.75  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 



The Cable Modem connected to Upstream Port 1 has been removed from the 

show cable modem display.

CPE が show interface cable X/Y modem Z の実行結果に現れない理由

show interface cable X/Y modem Z コマンドは、Cisco IOS の隠しコマンドです。サービス ID Z のケーブル モデムに接続されたケーブル インターフェイス X/Y 上の CPE を表示します。Z が特殊な値 0 に設定されている場合、このコマンドを実行するとケーブル インターフェイス X/Y に接続されたすべての CPE が表示されます。

コマンドの両方の実行結果を次に示します。

1 つ目は、ケーブル 1/0 インターフェイスに接続されたケーブル モデムと CPE をすべて表示するコマンドです。CMTS の入力項目が多い場合、このコマンドの出力結果は相当長くなります。

uBR7114# show interface cable 1/0 modem 0 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

3     11         modem     up        10.111.111.11 dhcp      0001.9659.44a3 

4     11         host      unknown   192.168.111.10dhcp      0050.7307.a34e 

4     11         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445 

2 つ目は、SID 4 に所属するケーブル モデムと CPE デバイスのみを表示するコマンドです。上記のような入力項目の多い CMTS と比べて、このコマンドの出力結果ははるかに短くなります。

uBR7114# show interface cable 1/0 modem 4 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

4     11         host      unknown   192.168.111.10dhcp      0050.7307.a34e 

4     11         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445

clear cable host コマンド

show interface cable X/Y modem Z の実行結果から CPE デバイスを手動で削除する最適な方法は、clear cable host <mac-address | ip-address> コマンドを使用することです。

次の一連のイベントでは、SID 4 に所属するケーブル モデムに、MAC アドレス 0050.7307.a34e の CPE デバイスが 1 つ接続されています。

uBR7114# show cable modem 10.111.111.10 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.50  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 



uBR7114# show interface cable 1/0 modem 4 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

4     11         host      unknown   192.168.111.10dhcp      0050.7307.a34e 

4     11         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445 



uBR7114# clear cable host 0050.7307.a34e    



!--- 代わりに CPE IP アドレスを指定することもできます。

 

uBR7114# show interface cable 1/0 modem 4 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

4     11         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445 



Now that the clear cable host command has been executed, 

the CPE device has disappeared from the show interface cable X/Y modem Z display. 

  



uBR7114# show cable modem 10.111.111.10 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U0 4    online(pt) 2809    0.50  5   0   10.111.111.10   0001.9649.4445

また、ケーブル モデムには CPE が 1 つも接続されていないことが分かります。

ARP タイムアウトが原因の CPE ARP エントリ満了

CMTS に CPE デバイスの有効な ARP エントリがあるかぎり、CPE デバイスは CMTS に登録され続け、show interface cable X/Y modem Z コマンドの実行結果にも現れます。そのため、ARP タイムアウトが原因で CPE デバイスの ARP エントリが満了すると、同じく CPE のエントリも show interface cable X/Y modem Z コマンドの実行結果に表示されなくなります。CMTS ケーブル インターフェイスの ARP タイムアウトのデフォルトは、4 時間または 240 分です。このタイマーは、arp timeout <seconds> ルータ インターフェイス コマンドで変更できます。

次の一連のイベントでは、SID 1 のケーブル モデムに、MAC アドレス 0050.7307.a34e の CPE デバイスが接続されています。CPE デバイスがケーブル モデムから切断または電源オフになってから、約 4 時間が経っています。その CPE デバイスの ARP エントリは、まもなく満了を迎えます。ARP が満了すると、CMTS はこの CPE デバイスのエントリを show interface cable X/Y modem Z の実行結果から削除します。

uBR7114# show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address 

            Sid  State      Offset Power 

Cable1/0/U0 1    online(pt) 2812   -0.75  5   1   10.111.111.10   0001.9649.4445 

Cable1/0/U1 2    online(pt) 2810    0.50  5   0   10.111.111.11   0001.9659.44a3 



The Cable Modem with SID 1 has one CPE device connected. 



uBR7114# show interface cable 1/0 modem 1 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

1     10         host      unknown   192.168.111.10dhcp      0050.7307.a34e 

1     10         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445 



The CPE device has an IP address of 192.168.111.10 and a MAC address of 0050.7307.a34e 



uBR7114# show ip arp 192.168.111.10 

Protocol  Address         Age (min)  Hardware Addr   Type   Interface 

Internet  192.168.111.10       238   0050.7307.a34e  ARPA   Cable1/0

CPE デバイスに関連付けられた ARP エントリの寿命は 238 分で、ケーブル 1/0 インターフェイスの ARP タイムアウトのデフォルトは 240 分(4 時間)であることから、あと 2 分で CMTS は CPE デバイスの ARP エントリのリフレッシュを試みます。CPE の電源がオフになっているか、接続されていないために ARP エントリがリフレッシュされなかった場合、デバイスの ARP エントリは表示されなくなります。この例では、意図的に CPE デバイスの接続を解除しています。

uBR7114# show clock 

00:39:50.152 UTC Sat Sep 29 2001 

uBR7114# show clock 

00:45:54.472 UTC Sat Sep 29 2001 

uBR7114# show ip arp 192.168.111.10 



uBR7114# 

5 分後に見ると、APR タイムアウトが満了したために、CPE の ARP テーブル内からエントリが消えています。

 uBR7114# show interface cable 1/0 modem 1 

SID   Priv bits  Type      State     IP address    method    MAC address 

1     10         modem     up        10.111.111.10 dhcp      0001.9649.4445 

CPE と接続されたケーブル モデムの取り外し

show interface cable X/Y modem Z の実行結果で CPE エントリが現れなくなる最後の理由は、前述のセクションにあるケーブル モデム関連の理由のうちの 1 つが原因となり、show cable modem のリストから CPE に関連付けられたケーブル モデムが削除されたためです。原因には、CPE デバイスが接続されたケーブルのインターフェイスまたはアップストリーム ポートがシャットダウンされたか、CMTS からケーブルのインターフェイスが物理的に取り外されたか、または CMTS がリロードされたことが含まれます。

要約

ケーブル モデムは、連続 24 時間以上オフラインになるか、関連付けられたケーブル ポートがシャットダウンされるまで、Cisco CMTS の内部データベースのエントリとして残り続けます。

CPE デバイスは、ARP エントリが満了になるか、clear cable host コマンドで削除されるまで、Cisco CMTS の内部データベースのエントリとして残り続けます。また、CPE デバイスが関連付けられたケーブル モデムが削除されると、CPE デバイスも併せて削除されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 4663