コンテンツ ネットワーキング : ファイル転送プロトコル(FTP)

FTP リポジトリを含む ACS バックアップの設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco Secure Access Control Server (ACS) CLI および GUI を使用してファイル転送プロトコル(FTP)のリポジトリを作成およびスケジュール バックアップを有効にするために使用するプロセスについて説明します。 

Contributed by Minakshi Kumar, Cisco TAC Engineer.

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Secure ACS バージョン 5.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

ACS CLI で FTP リポジトリを作成する

FTP サーバに関する情報を用いて CLI で次のコマンドを入力します。

acs/admin(config)# repository myrepository
acs/admin(config-Repository)#url ftp://101.10.10.1/
acs/admin(config-Repository)#username anonymous password plain anonymous
acs/admin(config-Reposotory)#exit

CLI で ACS バックアップを作成する

アプリケーションと Application Deployment Engine (ADE)のオペレーティング システム(OS)バックアップ

CLI で次のコマンドを入力します。 このコマンドには、ADE OS 設定が含まれています。

acs/admin#backup backup-name repository myrepository

ACS バックアップ ファイルは下記のものを含んでいます:

  • データベース:データベース ファイルには ACS に関連するデータが含まれています。
  • データベース パスワード ファイル:dbcred.cal/opt/CSCOacs/conf にあります。
  • 証明書ストア:/opt/CSCOacs/conf にあります。
  • データベースのビューア:バックアップした ACS ノードでビューアが有効な場合。

バックアップ操作を表示し、正常に完了したことを確認するには、show backup history コマンドを入力します。

アプリケーションのみのバックアップ

コマンド

acs/admin#acs backup backup-name repository myrepository

GUI で FTP リポジトリを設定する

[System Administration] > [Operations] > [Software Repositories] の順に移動し、新しいリポジトリの FTP サーバに関連する情報を入力するか、または現在の情報を編集します。

GUI を使用してバックアップをスケジュールする

バックアップは、事前定義された間隔で実行されるようスケジュールできます。 スケジュール バックアップでは、プライマリ Web インターフェイスまたはローカルの CLI を使用します。 スケジュール バックアップ機能では、ACS 設定データがバックアップされます。

[System Administration] > [Operations] > [Scheduled Backups] の順に移動して [Create] をクリックし、次の情報を入力します。

  • バックアップ データ:バックアップによって作成されたファイル名。入力したプレフィックスに付加されたタイム スタンプおよびファイル タイプ情報が含まれます。
  • ファイル名プレフィックス:ACS バックアップの名前を入力します。
  • リポジトリ:[Select] をクリックして、バックアップを保存できる新しいダイアログボックスが開きます。
  • 時刻:適切な時刻を選択します。

次の例では、ファイル名は acsbackup で、リポジトリの名前は myrepository です。

[Submit] をクリックした後、ACS バックアップが正常に作成されて転送されたことを確認するために FTP サーバを確認してください。 

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

最後のバックアップ操作の詳細については、/opt/CSCOacs/logs/acsbackup_instance.log ファイルを確認します。

特定の show コマンドがアウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)でサポートされています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用します。

バックアップ 操作のステータスを表示するために提示バックアップ history コマンドを入力して下さい。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 116282