セキュリティ : Cisco Security Manager 4.3

CSM FAQ: CSM のデバイスコンフィギュレーションを下検分するとき、ウィンドウはなぜすぐに消えますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Cisco Security Manager (CSM)のデバイスコンフィギュレーション プレビュー機能がかもしれませんなぜ正しく動作しないためにかこの資料に記述されています。

担当者、Jay Johnson、Cisco TAC エンジニア。

CSM のデバイスコンフィギュレーションを下検分するとき、ウィンドウがすぐに消える理由

この問題は CSM サーバのユーザー権限問題によって引き起こされるかもしれません。

Cisco Security Manager サービスはユーザ casuser として動作し、そのユーザはきちんと動作する CSM のためのローカルな システム管理者特権がなければなりません。 casuser ユーザに CSM インストール ディレクトリのある特定のフォルダに書き込み 許可がない場合、デバイスコンフィギュレーション プレビュー機能はかもしれません正しく動作しないために。 CSM によって使用されるユーザアカウントに関する詳細については知識を Cisco Security Manager 4.0 のためのインストレーションガイド必須サーバ ユーザアカウント参照して下さい。

casuser アカウント システムの必要なアクセス許可が割り当てられるようにするために、casuser ユーザアカウントをリセットするこれらの手順を使用して下さい:

ユーザ向けの権限をリセットするために、このユーティリティを実行して下さい:

C:\Program Files\CSCOpx\setup\support\resetcasuser.exe

このユーティリティは casuser パスワードを使用し、CSM が casuser として実行する ID のための権限を修正します。 インストールの間に最初に権限を設定 するこのユーティリティはアドミニストレーター特権と実行する必要があり、同じプログラムです。



Document ID: 116210