コラボレーション : Cisco Outbound Option

UCCE 送信 ダイヤラは WinDump プロセスとクラッシュします

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 7 月 10 日) | フィードバック

概要

この資料は WinDump プロセスが Cisco Unified Contact Center Enterprise (UCCE)送信 ダイヤラと使用されるとき直面する問題を記述したものです。

Anuj Bhatia、最大 Tikhov およびブレンダンすねによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco UCCE
  • Cisco UCCE リリース 8.x セッション開始プロトコル(SIP)か Skinny Client Control Protocol (SCCP) ダイヤラ

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Enterprise (UCCE)送信 ダイヤラに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

送信 ダイヤラ プロセス ログが調べるとき、WinDump プロセスが 15 秒毎にクラッシュすることを観察します:

-------------
13:00:12:615 dialer-baDialer Trace: WinDump process has crashed, restarting...
13:00:12:617 dialer-baDialer Trace: CreateProcess succeeded with szCmdline = windump -I 1
-tt -C 20 -s 0 -W 20 -w DialerCapture udp port 58800
dwProcessId= 262600 hProcess = 256784
13:00:28:843 dialer-baDialer Trace: WinDump process has crashed, restarting...
13:00:28:844 dialer-baDialer Trace: CreateProcess succeeded with szCmdline = windump -I 1
-tt -C 20 -s 0 -W 20 -w DialerCapture udp port 58800
dwProcessId= 262412 hProcess = 256792
13:00:45:069 dialer-baDialer Trace: WinDump process has crashed, restarting...
-------------

WinDump は繰り返しクラッシュするとき、送信 ダイヤラ サービス クラッシュという結果に終るメモリリーク 状況の原因となります。

解決策

この問題を引き起こす原因となるかもしれない幾つかのシナリオがあります:

  • キャプチャ オプション 送信 ダイヤラ レジストリキーは正しく設定 されません。 \\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア ナビゲート し、シスコシステムズ、株式会社\ ICM \ <Customer 例 > \ダイヤラ キャプチャ オプション レジストリキーが- i 1 - TT- C 20 - s 0 - W 20 - w DialerCapture 設定 されることを確かめます。

    状況によっては、レジストリキーは- I 1 - TT- C 20 -クラッシュという結果に終る s 0 - W 20 - w DialerCapture 設定 されます。 これは頻繁に送信 ダイヤラが以前のバージョンからアップグレードされるとき見られます。 詳細については、Cisco バグ ID CSCuh16754 を参照して下さい(WinDump プロセスはダイヤラでクラッシュします)。
  • Wireshark ソフトウェアはキャプチャ された動的にリンクされたライブラリ・ ファイル(DLL)に影響を与えるかもしれません。 Wireshark がサーバで解決するためにインストールされている場合アンインストールによって、WinPcap の削除アンインストールされるおよびそれ以降はこの問題を引き起こす原因となる場合があります。 Wireshark はプロセスを取除きます WinDump が必要とするキャプチャされる DLL wpcap.dll および packet.dll をアンインストールします。


必要なファイルがあること、そして WinDump がきちんとはたらくことを確認するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. wpcap.dll および Packet.dllfiles がこれらの場所にあることを確かめて下さい:
    • C:\Windows\SysWOW64
    • C:\Windows\System32
    DLL ファイルがない場合、DLL ファイルの適切なバージョンを得るために Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。
  2. WinDump プロセスが正しくインストールされ、データを正しくキャプチャ することを確認するために、これらのコマンドからの出力を検査して下さい:
    C:\>windump -V
    windump version 3.9.5, based on tcpdump version 3.9.5
    WinPcap version 4.1.2 (packet.dll version 4.1.0.2001), based on libpcap version 1.0 branch
    1_0_rel0b (20091008)

    C:\>windump
    windump: listening on \Device\NPF_{5A01EA28-AF57-4456-A653-DD785A20853F}
    13:06:20.596189 IP PG2B.43005 > PG2A.domain.net.49220:
     .3075400616:3075400617(1) ack 1040704317 win
    13:06:20.596222 IP PG2A.domain.net.49220 > PG2B.43005:
     .ack 1 win 255 <nop,nop,sack 1 {0:1}>
    13:06:20.606477 IP PG2A.domain.net.49208 > PG2B.45005:
     .1242670277:1242670278(1) ack 357439054 win 2
    13:06:20.607219 IP PG2B.45005 > PG2A.domain.net.49208:
     .0:1(1) ack 1 win 251

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116352